RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
18
Category : NS400R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



NS400Rのオーナーさんから、車両点検の依頼をいただきました。

R0019168.jpg



ある程度の状況は、事前のやりとりで確認させてもらっていました。

【主たる症状】
 今年に入り、失火症状が出始めた。
 片排(3気筒ですが)になってしまった。


【症状の詳細】
 始動は少し困難ではあるが、キックにてかかる
 ・1番 失火 (サイレンサーは少し温かくなる。排気温低い) 
 ・2番 OK  (サイレンサーは熱くなり、排煙も問題なし)
 ・3番 ほぼ失火(サイレンサーは温かい程度で白煙がすごい)
 (V型3気筒で乗車位置に向かって左から1、2、3)

【今までに実施された作業】
 ・CDIについて
  1番、3番に症状が出た為、CDIの抵抗値を確認
   (NS400Rは1番と3番が同じCDIの為)
  抵抗値については問題なし。念の為実働品のCDIと交換し確認しましたが改善されず

 ・レクチファイヤ
  CDIと同様の確認方法を行ったが改善されず
 ・パルスジェネレータ
  CDIと同様の確認方法を行ったが改善されず
  (点火タイミング調整できないタイプ)
 ・エキサイタコイル
  抵抗値のみを確認し問題なし。
  (コイルを覆っている樹脂に割れあり)
 ・イグニッションコイル・コード・プラグキャップ
  抵抗値確認し問題なし。
  念の為、手持ちの物と交換したが、改善されず
  ※火花は確認済

 ・キャブ
  フロート側から出来る事を実施。
  今までに10回以上は組みバラシを行っていますので組み間違いはないと思われる

【その他】
 ・燃料コックが壊れてしまい、手に入らない事から、負圧を殺して
  キジマのコックをかましている(3年ほど使用)


【気にしている事】
 ・関係ないかもしれませんが、雨が強い時に乗ると漏電しているせいか
  失火する症状が出るときがありました
  また時間が立つと問題なく乗れるんですが・・
  今回の不調が出る前も豪雨の中を走り失火していました
 ・ミッションオイルが減る
  シフトのスピンドルのベアリングからオイル漏れがありました


ほかにもやりとりさせていただいたのですが、それはまた追々紹介したいと思います。






よく使われる「失火」という表現をきいて、「火花が飛んでいない」ことを連想される方が多いようですが、そればかりではないんですね。

着火することができない症状は同じでも、その理由は複数あります。

 ・火花は飛んでいるが、着火することができない
 ・火花が飛んでいないので、着火することができない



ということで、イグニッションテスターを使用し、火花が飛んでいるか&スパークの強さを比較しました。
いずれも火花は飛んでおり、また明確な違いはみられませんでした。



ちなみにプラグの状態です。症状とあわせて確認していきましょう。

・1番 失火 (サイレンサーは少し温かくなる。排気温低い) 

R0019169.jpg

 ご覧のように燃焼していないことは明らかです




・2番 OK  (サイレンサーは熱くなり、排煙も問題なし)

R0019172.jpg

 ま、普通ですね。


ちなみに、こんな場所についています。整備性は、お世辞にもよいとはいえません。

R0019171.jpg



・3番 ほぼ失火(サイレンサーは温かい程度で白煙がすごい)

R0019170.jpg 

 時々燃焼しているけれど、完調ではない状態です。



お次はコンプレッションです。これも、症状とあわせて確認します。

・1番 失火 (サイレンサーは少し温かくなる。排気温低い) 

R0019173.jpg

 800kPa 



・2番 OK  (サイレンサーは熱くなり、排煙も問題なし)

 700kPa


・3番 ほぼ失火(サイレンサーは温かい程度で白煙がすごい)

 800kPa



一番調子のよい2番が、むしろ低い測定結果なので、これが直接要因ではないと"一旦は"考えてよさそうです。

もっとも、2ストロークの場合は、コンプレッションゲージによって計測可能な2次圧縮だけでは語れない部分があります。

オーバーフローなどによって、1次圧縮室に過剰なガソリンが流入すると、実質的な2次圧縮が低下するためです。
なぜか…圧縮されるべきは混合気だからです。1次圧縮室に液体が存在すること即ち、吸気できる混合気量の低下を意味しますからね。結果、実質的な2次圧縮が低下してしまいます。片肺症状の多くは、この現象によるものだったりします。



いずれにせよ、火が飛んでいて、圧縮があるのなら…。燃料系統を疑うのがセオリーです。キャブ周りからあたってみますか~。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント