RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
12
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回のメンテナンスから10,000キロに達したので、ステムのメンテナンスを行います。

前回の記事はコチラになります。
アクシス90のステムレースの交換
スクーター(原付・小径ホイル)のステムに使うグリスの選定


2つ目の記事にあるように、意識的に固めのグリスを使っていました。
おおよそ狙った効果も得られましたし、劣化の程度も小さいので、悪くない選択だったといえます。

このように、実際に試してみないと分からないことはたくさんあります。自分自身の車両でなければ(≒同じ個体でなければ)、こういう検証はなかなかできません。


分解前の状態。

R0019122.jpg


やばそうなハーネスやケーブルに必要な手立てを施したうえで、ハンドルをそのままズボっと上に引き抜きます。

R0019127.jpg



ステムを外しました。ご覧のように良好な状態をキープしています。

R0019128.jpg

R0019129.jpg

R0019139.jpg



汚れたグリスを拭い、洗浄します。悪くなる前の整備ですから、レースに問題があろうはずもありません。

R0019132.jpg

R0019133.jpg



今回は、前回使用したものよりも粘度(ちょう度は同じ)の低いOMEGAの57を使います。

R0019134.jpg



鋼球は新品を使います。パッと見はわかりませんが、結構摩耗しているんですよ。
(過去に検証したことあり)

R0019135.jpg



ステムのスロッテッドナットが装着されるねじ部を潤滑します。

R0019136.jpg



こんなもんかなぁ…と思う状態に調整したら、ちょうど前回と同じ位置になりました。もうちょっと緩くても大丈夫かもしれませんが、あとは実走してから判断することにします。

R0019137.jpg


ハンドル位置を合わせます。ポンチマークが目印です。

R0019140.jpg


うちのアクシスのフロントフォークは、結構手がかかっています。以下、一例です。
 ・ アクシス90のフロントフォークの改良(その1:イニシャルアップ)
 ・ アクシス90のフロントフォークの改良(その2:車体姿勢の修正)
 ・ アクシス90のフロントフォークの改良(その3:ストローク量の確認)
 ・ 交換したリヤサスにあわせて、フロントの車高を調整


この過程で、フロントフォークの取り付け方法が、ノーマルとはずいぶん違ったものになっています。
具体的には、下側から差し込むだけ。ちゃんと寸法だししているので、問題ないのですが、アクスルシャフトがスムーズに入るか、念のため確認しておきます。

R0019140.jpg



自分の管理している車両なので、1時間ちょっとで作業完了です。

その後、実走しながら、ステムの締め付け具合を調整すると、前回の調整位置のマーキングから、「一本分」緩めた状態がベストと分かりました。

前回よりも柔らかいグリスを使ったことによる効果や違いは、追々確認していきます。





今まで全く手つかずの車両であれば、実践されることを強くお勧めします。スクーターであれど、ここの重要性は同様なのです。
ブレーキング、ハンドリング…車両の動きのすべてに影響するからです。

適切な整備を施したあとは、こんなに軽快に走るのか…と驚かされること確実です。2年か、10,000キロのいずれか早いタイミングで整備すべきポイントです。
(普通のバイクだと、8,000キロスパン)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント