RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.04
02
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ブレーキスイッチが完成したので、装着していきます。

ひとまず水平に取り付けて、フルードをいれます。キャリパー側から吸い上げると、液面がスーッと下がります。前に使っていたマスター(とレバー)のようなアンマッチな状態ではなさそうです。

R0018967.jpg



マスターしか交換していないので、マスター側のエア抜きで、ほぼ完結しますね。

R0018972.jpg




とはいえ、下側からも念のため抜いておいたので、ブリードスクリュにたまったフルードを除去しておきます。

R0018973.jpg


こよりにしたティッシュを突っ込んでおけば、毛細管現象で綺麗に吸い上げてくれます。
これを3度ばかりやれば、かなり綺麗になります。ブリードスクリュの内部にフルードをそのままにしておくと、吸湿して錆を呼びますので、必須の作業といえます。




レバーを握った状態で保持します。主な目的の一つは、プライマリカップとセカンダリカップの間にたまっているエアを抜くためです。

R0018974.jpg






今まで使っていた3/8インチマスター。お役御免です。

R0018968.jpg



フルードが付着した状態で保管するのは嫌なので、分解して、洗浄します。

R0018969.jpg



小さいよなぁ。

R0018970.jpg


きれいさっぱり。こうしておけば、またいつか使うときに手間がかかりません。
(分解した状態で保管します)

R0018971.jpg






配線を製作します。結構面倒なんですよね…。

R0018975.jpg



スイッチが前方にでないよう追い込んだので、スロットルワイヤーとのクリアランスがスレスレです。

R0018965.jpg

R0018976.jpg



ちゃんと処置は考えています。

今まで、スロットルワイヤーを下側から取り回していたのですが、緩やかではあるものの湾曲していたんですね。今まで下側から取り回していたのは、キルスイッチ&セルスイッチボックスがワイヤーと干渉するからでした。この機会にボックス側を削ります。

R0018978.jpg



上側に取り回しを変更します。ワイヤーの曲がりも緩くなりました。

R0018980.jpg




グリップの取り付け位置が変更されたので、グリップのワッフル部と、スロットル開度確認用のマーキングがズレてしまいました。

R0018979.jpg



グリップを外し、ワッフルの位置をあわせます。マーキングもやりなおします。
最近「線」で引くよりも複数の色を使って塗りつぶすようになりました。とてもブサイクですが、視認性は抜群です。

R0018981.jpg



マスターシリンダーの換装で、最も面倒なのがこの手の作業です。

ワイヤーの取り回しはもちろん、配線の長さだって変わりますから…。


でも、こういうところをスキっとさせておかないと、後々の整備で泣くことになります。




そうそう、一か所手直しをしました。レバーのブッシュです。掴み代が薄く、ニッパーじゃないとつかめませんでした。

R0018960.jpg



構想不足ですね。作業を億劫にさせるような仕上げは好みませんので、つば付き&切欠きを設けました。

R0018982.jpg



これなら、出先でレバーを交換するときもテキパキこなせます。

R0018983.jpg






近場の砂利道に持ち込んでテストしてみました。

テストモードはこうです。
『ローで低速走行しながらブレーキをかけ、ロックするかしないかの状態をキープしながら、スロットルを開け続ける』


これができないブレーキでは、ヘタクソな私は、林道で不安なくトコトコ走れないんです。



で、このマスター、ロックすれすれの状態をキープさせながらスロットルを開けることができます。

ピストン径の小さな3/8インチマスターだと、小さな入力で効力があがってロックしちゃうので、できなかったんですよね。
また、同じピストン径のノーマルのマスターよりもコントロール性は向上しているのが確認できました。


まずは合格です。コントロール性があがったので「握れる」ブレーキになりました。


あとは効力が車体とマッチングしているかどうかです。
車体をバランスを崩さない程度の小さなアジャストで対応できれば合格です。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント