RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.03
18
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



久しぶりにセローに乗ったら、スロー系の具合が今一つです。
アイドリングは安定しているのですが、スッと開けた瞬間にガソリンの供給が追い付かずストールしそうになります。

これを解消するにはSJを濃くするといいのですが、濃くしたらしたで1分間もアイドリングさせておくと、かぶってしまうんですね~。
あと、微開状態で巡航するのも苦手です。なので、のどかにツーリングするときは、今の状態がちょうどよかったりします。


しばらく街乗りにしか使わないので、SJをあげることにしました。

R0018841.jpg



街乗り重視と、とことこ巡航するのに適したセッティングは違って当然。

用途に応じて”最適”を狙う。これこそが、キャブレターセッティングのうまみであり、愉しさです。

こんな小さな部品を交換するだけで、ガラッと変わるのですから、やらない手はありません。





キャブを外したついでに、汚れを落としておきます。誤解を恐れずにいえば、キャブレターも消耗品ですからね。
汚れたままで使うのはよくありません。


溶剤を染み込ませた綿棒で汚れをぬぐいます。

R0018840.jpg


こまめにお手入れしている私のPWKでも、結構な痛みが見られます。

コッチは大丈夫ですが、

R0018837.jpg



負圧でスロットルバルブが吸い寄せられる吸気側の痛みは、当然はやくなります。

R0018838.jpg



スロットルバルブの状態です。

R0018839.jpg



1年前の状態と比べてみると、その差は歴然です。

R0015423.jpg


このようになったから、たちまちダメになるわけではありませんが…。






「ポンづけで走ります」といったキャッチコピーのせいなのでしょうか、セッティングせずに使われているケースが多いようです。
せっかく調整機能がついているのですから、積極的にセッティングした方が気持ちよくなること確実です。

また、延命という点においても、こまめに手をかけてやるのが優位です。

決して安くない部品ですから、有用かつ大事に使いたいものです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント