FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
07
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ファーストインプレッションにあるように、リヤサスをNITRONに交換してから、とてもよく曲がるようになりました。

全体的に「よく分からん」状態ですから、とりあえず圧側(High、Lowともに)減衰を抜いて走ってみたところ、乗り心地によい変化がみられました。

ところが、アクセルを当てたときのフロントフォークの伸び方が大きくなってしまいました。それなりに走るものの、姿勢変化が大きく、旋回性が低下しました。やはりリヤのダンパーによって、フロントの動きが抑えられていたようです。


フロントフォークに、もう少し仕事をしてもらいましょう。

フォークオイルは、A.S.H.のフォークオイルの中では最も高い粘度の#73を使っており、オイルでの対応は限界にきていますので、シートパイプにあるリバウンドホールを加工し、伸び側減衰をアップさせることにします。手法としてはGX750でやったのと同じです。

R0017567.jpg






RZのシートパイプには1.5mmの穴が2つあいています。

R0017568.jpg


まずは2つとも、はんだで埋めてしまいます。穴の周囲が皿状になっていればよいのですが…RZは穴しか開いていませんので、まず大き目のドリル(8mm)で皿状に加工し、はんだの接触面をかせぎます。


さて、穴の面積を減らすことで減衰を高めるわけですが、どれくらい面積を減らせばよいのかを考えなければなりません。GX750では64%ダウンさせてよい結果を得たので、RZでも踏襲してみることにしました。


まずは1.2mmの穴をひとつでトライ。(68%ダウン)
穴の周囲は皿状にしました。気持ちの問題ですが…。

R0017569.jpg



フォークオイルは#33を使います。ノーマルのフォークに使うには柔らか目の番手※になります。

R0017570.jpg


私の使っているカートリッジエミュレータには、低速のダンピング特性を担う「リークホール」というものがあります。穴を通過することでダンピングを得るという意味ではノーマルと同様です。粘度の低いオイルを使った方が、動作速度の低い領域でコツコツしなくなるだろうと考えた次第です。


話しを戻します。直前まで使っていた#73と未加工のシートパイプを組み合わせたものと、#33と加工済のシートパイプの組み合わせたものを手で動作させ、伸び側減衰の効き具合を比較しました。んー。かなり効いてます。想像していたよりも変化の程度が大きいなぁ…。

スプリングを入れて伸縮させると実にしっとりと伸びていきます。ちょっと効きすぎな感じがしないでもありませんが、車体に装着し、試してみることにしました。





デコボコだらけの裏山テストコースへ。こういうところでテストしないと、良し悪しは分かりません。

R0017573.jpg


いやぁ、実によく曲がります。リヤの減衰を抜いてみたけど、影響の程度が確実に小さくなってますね。

ところが、眼球が落ちるんじゃないかと思うほどに乗り心地が悪い。裏山テストコースはセローでもドタバタするくらい路面が悪いとはいえ、ちょっと程度がすぎますね…。


フォークを伸ばす力は、主にフォークスプリングの反力です。反力をあげることで、どれくらい特性が変化するかを確認しておくことにしました。イニシャルアジャスターをクリクリっと回せばOKです。いやぁ、便利だ(^^)

R0017572.jpg


乗り心地は随分よくなりましたが、まだまだ足りません。


ところで「伸び側」を強くしただけなのに、どうして乗り心地に影響が…と思われたかもしれません。伸びた状態と、縮んだままの状態では受け止め方が違ってくるので、結構な影響があったりします。





フォークを分解し、穴径を変更します。

68%ダウンとノーマルの中間を狙うと34%ダウンかぁ…それよりは少し効かせた状態を試してみましょう。

1.0mmの穴をひとつ増やします。これで46%です。試運転してみると、平たん路だと普通に走るレベルになりました。路面の継ぎ目でトトンとなるくらいですね。一旦、この状態で走りこんでみることにしましょう。


そうそう…GX750のデータを踏襲したのに、同じようにならなかったのはどうしてかなぁと考えました。フォークが伸びていくときにオイルが通る道は、リバウンドホールだけではありません。シートパイプとフリーバルブのすき間もオイルが通っています。すき間が同じくらいであれば、径が大きいほど総面積は大きくなります。RZはGX750よりもフォーク径が小さいので、総面積も少なくなるはずです。つまりリバウンドホールの依存度が(GX750よりも)高い…。


※粘度そのものは、純正の#10相当になります。
ストロークの大きなオフロードバイクには、よくマッチします。反面、ストローク量が(オフロード車に比べて)小さなロードバイクの場合、減衰が不足する傾向があります。ロードバイクには#40か#58を推奨しております。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト



Comment

非公開コメント