FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.09
07
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



トレール量って、どこのこと?って質問がありました。
言葉で表現するのはとても骨が折れますので、画像で説明します。




またまた、相棒のVF750Fに登場していただきました。

”ステムシャフトの中心軸を延長した線が、地面と接するところ”
”アクスルシャフトから、鉛直下に下ろした線が、地面と接するところ”

この距離がトレール量です。

 ¶

次に概略図です。





オフセット量を減らすとトレール量が減りますよ!の図。





さらに、タイヤ径を落としたときにトレール量がどう変化するのか?を確認してみます。




実際にはキャスター角も変わってしまうので、この図のようにはなりません。
が、おおよそのイメージは掴んでいただけるかと思います。


次にキャスター角。例えばフロントフォークを極端に短いものにすると、キャスター角が立ちます。
この場合も、トレール量が減少する方向です。





 ¶

CADに画像データを取り込む方法が分かったので、件のVF750Fを真横から撮影した画像を使い、アチコチの寸法を変えて遊んでみました。朝っぱらからホンとバカですねぇ~(笑)




データでバイクが走るわけではないけれど、「なんかおかしいなぁ?」と思ったら、目の前にある実車のデータをとるとヒントが得られるかも知れませんね。


例えばフロントフォークの長さを変えたらどうなるのか?トレールはどれくらい変化するのか…なんてことを検証しています。なかなか楽しいものです。

改めて分かったのは、フォークの突き出しをmm単位でいじったくらいじゃぁ、トレール量不足の改善は望めないということです。
まして、フォークスプリングのイニシャルや減衰をいじったくらいじゃ、どうにもなりません。

フロントフォークを20mm単位で伸び縮みさせたら、話は違ってきますけど(汗)

 ¶

足回りを大幅に換装した車両などで、ハンドルが切れ込んだり、コーナーでハンドルが振られる車両は、「トレール量不足」を一度疑ってみた方がいいかも知れません。

フツーに走るのに「ステアリングダンパー」がないと怖い…なんてのは、どこかがおかしいと疑った方がいいと思います。

コーナーリング中にギャップを踏んだ途端、ハンドルが切れ込んで転倒…。洒落になりません。
そんなのはダンパーで抑えることが出来るレベルじゃないし、だいたいからして、腕がパンパンに疲れると思うわけで…そんなの楽しくありませんよね!


ここまでで記事は終わり!のはずが…。

数値はともかく、もう1つ気になることが出てきちゃいました。

画像から求めたキャスター角が、思った以上に寝ていたんですね。28°とノーマルレベル。
フォークは結構短くなっているはずだから、外径の小さくなったリヤタイヤの影響なのかな。


以前から、タイヤの接地感がどこか希薄でした。今回、ずいぶんとエアを落とした状態で試乗すると幾分マシ。エアをあげてやると軽快感がでるけど、接地感は減る。エアをさげると接地感がでるけど、軽快感がなくなる…どういう設定にしてもココだ!というポイントがないような印象だった。
タイヤをグリグリさせてる感じがしないのは、もしかすると、タイヤを潰しきれていない(印象がある)原因は比較的寝ているキャスターにあるのでは…。

キャスターが立っていた方がタイヤは潰れやすい。
タイヤが潰され、それを復元しようとする力が、バイクを曲げる力になります。ラジアルタイヤの場合、より顕著なはず。


フォークオフセットを小さくすることでトレールを稼ぎ、キャスターは若干立たせる方向はどうかなぁ?

そう単純ではないし、まだイメージの段階を脱しませんが…。

そんなことを想像しながら走ってみて!<相棒へ。


うー。そんなことより、現実的にどう落とし込むのか?を考えないとなぁ~( ̄~ ̄)

インナーチューブ径41mmで、オフセット量が30~40mm程度のステムがあるといいのだけど…。

ないもので検討しても始まらんからねっ!

それにしても、このVF750Fは何度見てもカッコいいなぁ…。



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/folder/1023715.html

「RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26615577.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/24034873.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26537284.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント