FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.04
28
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



大変好評を得ております、セロー用 ストレイガ製のエキパイの取り付け方法を紹介いたします。

ご購入くださった方は参考になさってくださいm(u_u)m





作業は決して難しくありませんが、いくつかポイントがあります。


ポイントその1。フランジとスピゴットは、先にエキパイに取り付けます。

このフランジ、結構な精度で作られているので、先にシリンダーヘッドに固定してしまうと、エキパイが正しくつかないのです。

R0016160.jpg



ツライチにセットして、

R0016161.jpg


スピゴットを取り付けます。

R0016162.jpg


このようにしてから、シリンダーヘッドに取り付けます。繰り返しとなりますが、このように取り付けないと、エキパイが正しくつかないのです。正確にいうと、奥まで入らないんですね。


付属のボルトとワッシャで、締めこんでいくと、フランジが若干変形します。
変形することで、精度よくつくられたフランジの内径が、エキパイをしっかりホールドしてくれます。

一応、スプリングはついていますが、スプリングへの依存度は低いです。というか、なくてもOKなくらいです。





話しは前後しますが、フランジを本締めするまえに、ノーマルのサイレンサーを取り付けてくださいね。

なお、ジョイント部分のガスケットはノーマルを使ってください。


ガスケットといえば、シリンダーヘッド部のガスケットは新品に交換するのがベターです。ポイントその2です。






ポイントその3。

スプリングをひっかける穴をシリンダーヘッドにあけてください。穴のサイズは3.5mmか、4.0mmくらいでよいと思います。
ちゃんとバリを取らないと、おさまりが悪くなります。

場所は画像を参考にしてくださいね。

R0016158.jpg


前述のとおり、このスプリングでだけでエキパイを固定しているわけではありません。
スプリングに、大きなテンションはかからない設計なので、脱落防止用のワイヤリングをしておくとよいと思います。





付属のボルトはステンレス製です。もしステンレスが嫌なら、この画像の部品番号で、ちょうどよい長さのボルトが手配できます。ちなみに長さは30mmです。

R0016163.jpg



ポイントその4。ボルトに関する留意点です。

・ねじ山はタップなどを使って整えてから締め付けてください。
・カジリ防止用にスレッドコンパウンドなどを必ず使ってください。
・サービスマニュアルに記載されている締め付けトルクではフランジが大きく変形してしまいます。
 ググっと手ごたえを感じる程度でよいですが、定期的な点検と増し締めは怠らないでください。





ポイントその5。キャブのセッティングについてです。

パイロット系が薄目になりますので、ノーマルキャブの場合、PSを+1回転を目処にあけて(濃く)ください。この作業は、必ず実施してください。

やらないと焼けすぎになり、何かと弊害がでます。
(PSだけでなく、PJの番手をあげると、なおヨシ)


PWKなどをお使いの場合も、同様にパイロット系(スロー系)を濃い目にセッティングしてください。





最後に…。綺麗な焼け色をつけるためにも、作業後はエキパイ表面をしっかり脱脂してください。
シンナーやアセトンなどを使うといいと思います。
(パーツクリーナーでは綺麗に脱脂できない場合があるので、注意してください)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト



Comment

非公開コメント