RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.05
01
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回の記事では導入の目的と、かかる手法の概要について記述しました。


今回は実践編です。やるべきことは、まさしくタイトルどおりの、シンプルなものです。





1.パンチングメタルの製作

特許にはこのように書かれています。

・多数の孔は上流側と下流側とで大きさが異なることを特徴とする
・上流側が大きく、下流側が小さいことを特徴とする


市販のパンチングメタルに開けられた孔は「同一寸法」であり、これを満足しません。


上流側と下流側の孔のサイズを変える目的は、以下のとおりです。

・上流側でより一層乱流を生じさせ、霧化させる
・下流側で吹き返す混合気を止めるため


そのように都合のよいものは市販されていませんので、自作します。
フライスを使って等間隔で孔加工しましょう。


できるだけ薄い材料を使いたかったのですが、手持ちがない。仕方がないのでフライスで薄く削ります。軟質のアルミは削りづらいです。

R0016122.jpg


上流側用と下流側用。孔径は1.5mm、2.0mm、2.5mmにしてみました。
ドリル径が大きくなると、刃が逃げやすくなるので、ところどころいびつになっています(-_-;

R0016123.jpg



表面はブラストで荒らしてみました。気休めですが…。

R0016124.jpg


2.リードブロックへの設置

続いて設置です。

特許から設置に関するポイントを抜粋します。

・吸気の流れ方向にほぼ平行に沿わせて配置したことを特徴とする
・プレートは大きい方が、孔を多く形成でき、より効果的に霧化することができる


さらに、いくつか掲載されている形態のうち、興味を持ったのはコレです。
・複数のプレートAとBを、吸気の流れ方向に沿わせて上流側と下流側に位置する
 (上流側のプレートAの孔を大きく、下流側のプレートBの孔を小さく)
・複数のプレートAとB同士の取り付け角度を変えて(45度)配置する


個体によってベストな設置方法は異なってくるはずですが…。ま、ひとまずやってみますか。

R0016120.jpg



プレートを装着するための溝を掘ります。ちょっと歪んでるのはご愛嬌。

R0016125.jpg



吸気の流れを確認します。

R0016121.jpg



下流(エンジン側)には孔の小さなプレートを。さらに、上流(キャブ側)には、孔の大きなプレートを45度に配置します。
45度傾けるのは、吸気の流れを妨げないためです。まっすぐに吸入される形態なら、角度をつけなくてもいいのでは?と思います。

R0016126.jpg

R0016127.jpg



インシュレーター側から覗きます。まぁ、こんなものかな。経路を妨げる部分をカットし、調整します。

R0016130.jpg




装着前はエアクリボックスへの吹き返しがみられました。多孔プレートの装着により、吹き返しが軽減されるはずです。


うんたらかんたらと書いてきましたが「作業そのものは極めてシンプル」です。上流と下流で孔の寸法を変えた方がよいとありますし、私はそのようにしましたが、同じ寸法のものでも、全く効果が出せないわけではありません。市販のパンチングメタルを使えば、工作レベルで実現可能です。





試運転してみました。

ほぼ全域にわたってアクセル操作へのリニア感が薄らぎました。減速時だけでなく、加速時にも影響がでています。
パイロットジェットを1ランク落としてもよさそうなフィールですね。

しかし、予想していたよりも、その変化の程度は少なく、良くも悪くも大きな違和感はありません。


最高速への影響もほとんど見られません。それどころか、むしろ伸びがよくなりました。

実は点火時期をいじった以降も、60キロ以上の加速は大きな変化がなかったのです。この速度域で加速できなかった坂道で速度が乗るようになりました。

気になる燃費ですが、21km/リットル代から、23km/リットル代にまで回復しています。

まだ、データ数が少ないので、継続して検証を進めます。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです