FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.04
18
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



先日装着したGT601の続報です。装着当初に感じた硬さは、足回りのセッティングで気にならないレベルになりましたので、ワインディングに持ち込みました。





少し遅めに出発。いつものデイヤマ前の温度計は15度を示しています。

IMG_1666i.jpg




ガソリンを補給し、出発します。

IMG_1667i.jpg





まず、低速コーナーが続くルートを走ります。感触を確かめながら軽く流します。悪くありません。

そろそろ行くかと、しっかりとブレーキングし、荷重をため、スパッとリーンさせると…。


驚きました。同じタイヤなのか?と思うほどに応答性が悪い。

解決の糸口すらつかめないまま、最初のルートを走り終えました。月ヶ瀬に向かう道中で、あれこれ探りをいれてみますが、ごく普通に走ります。おかしいなぁ。


月ヶ瀬に入ると、やはり曲がりません。とにかくフロントが寝てくれない。
進入速度を下げてみるかと、ブレーキを残したまま進入。これもうまくありません。入力を高くすると力が逃げていくようです。


アウト側の膝を使い、ガソリンタンクの前方からステアリングヘッドを回しこむように入力すると、ググっとフロントが入ってくれるようになりました。緩やかに曲がるコーナーはこなせるものの、タイトなコーナーでは少々忙しい…。ペースは遅いのに、忙しく動かなければなりません。


月ヶ瀬の湖畔の里に到着。

IMG_1670i.jpg




班長さんと合流。別に約束はしていないんですけどね(笑)

IMG_1673i.jpg



タイヤをチェック。まずはフロント。やはり全然寝ていません。
また、それほど激しく走ったわけではないのに、表面が荒れています。

IMG_1668i.jpg




一方、リアには荒れはなく、フロントに比べるとサイドまで使っています。

IMG_1669i.jpg




色々やりましたが、よく分からんタイヤです。分からないなりに、現時点までやったこと、分かったことを列記しておきます。

・ブレーキをかけるとフロントが起きる。その傾向が強い。それを防ぐための操作をしてやれば、そこそこ走れる。

・フロントに舵角をつけやすくするため、リヤの車高があがる方向で調整してみるとよくなった。

・速度をあげ、パッパと切り返すようなシチュエーションでは、まだまだ。

・入力を高めると、途端に動きが変わる。

・逃げているのか、ダルになるのか…スポーツするには補うための操作が必要であり、またその程度が大きい。



続いて、市街地主体で走っていた時の印象です。ちなみに、ワインディングを走る前に書き連ねたものです。総じて悪い評価ではありません。

・Uターンが、ものすごくやりやすい。

・外乱を受けづらい。例えば白線をまたいでも、またいだかな?と感じる程度。

・直進安定性はよい。(ただし、オンザレール風ではない)

・上下方向の硬さは感じるのに、横というかステア方向には、いい意味のだるさがある。

・反応が悪すぎたり、動きすぎて切れ込むようなところはないので、神経質にならずともよい。

・反応はするけど、その程度は軽い(動きすぎない)

・何も考えず、淡々と距離を重ねるにはいいタイヤかも。

・このタイヤでブラインドコーナーに、おりゃーと突っ込むのは怖い

・常に積極的な対話をのぞむ私のようなライダーには不適ではないか(⇒予感的中)






どのようなタイヤでも、速度やペース上昇に伴い、それなりの操作をライダーに求めます。が、問題はその程度です。

GT601は、あるところから急激に、その程度が高まるように思います。


私が目指しているのは、「今どういう状態にあるのか?」がよく分かる車両作りです。
「そろそろ危ないよ」「まだ大丈夫だよ」そういうインフォメーションをちゃんと乗り手に伝えてくれるものでなければなりません。


そういう観点でこのタイヤを評価すると…。私にとっては、とっつきづらいタイヤといえますが、このタイヤをどう使えばいいのか?を考えてみることにします。


次はエア圧の最適値を探ってみることにします。



<参考>
セッティング変更による、リアタイヤの表情の変化。


セッティング変更前
IMG_1669i.jpg



セッティング変更後
R0016102.jpg



気温15~20度。300キロ走行でこの状態です。消耗はそこそこ早そうです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト



Comment

非公開コメント