FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.08
25
Category : どやさこやさ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26578609.html
前回、RZがやってきたところまで書きました。

そうそう、今まで乗っていたRZ250Rは、知り合いのつてで5万で売却しました。

エンジンを分解してから引き渡しました。ただ洗って組んだだけでしたが、とにかく状態を把握した上でお渡ししたかった。
あわせて、しばらく整備が不要な状態に仕上げもしました。

あの頃は「極自然にそうしよう」と思っていましたが…今、振り返ってみるとGPX750Rを手放した頃とは全く変わっているんですね。
実行面では、さほど進んではいなかった時期である一方、意識は大きく変化を遂げていたということです。

さておき、RZを得たことで、私の状況は大きく変化しました。

そう、「不動」状態のバイクを得ることで、進む道ができたということです。さらに、「前オーナーの想い」に恥じないものに仕上げなければならない…。
ひとまず「少なくとも機能部分は、ノーマル状態に仕上げたい」と目標を立てました。長い付き合いになるのだから、標準状態を知りたいと強く思ったのです。

一方、時間も金もない状況には変わりがない。時間は相変わらずだし、金に至っては益々悪化の一途を辿っていました。月に自由になるお金は3000円あるかないかでした。
不動車をおこすだけでも時間がかかるというのに、「ノーマル」なんて目標を立てたものだから、そりゃもう大変です。


ともかく、作業時間をようやく捻出できたかと思えば、できる作業は錆落し。あけてもくれても錆落し。。。

たまにはバイクに乗りたいと思っても実動車はありません。わざわざ動くバイクを処分して、どうしてこんな不動車をもらってしまったんだろう…。何度も思いました。

苦し紛れに、タダでもらったYSRを直して乗り始めたのもこの頃です。余計に金銭的に苦しくなるっちゅーねん(笑)

当時の作業風景がでてきました。2001年元旦の我が家です。まだこの頃は、ガレージを汚さないように配慮していたようです(笑)
(塗装は小さなテントの中でやってた)




 ¶

貯めたお金は生活費に消え…これの繰り返しでした。最後にはYSRまで食費を捻出する為に売却…。

コツコツ…コツコツ…。バラバラになった単体部品に1つずつ手を加えていく。

慢性化した口内炎と戦いながら、セッセと作業をこなすのでした。

とにかく、できることを少しずつ少しずつ進めていきました。バイクの形になっていない状態は、ことの他 疲れるものです。何度も折れてしまいそうになりながら…。

しかし、何ごとにも終わりはあります。ある時、気が付くのです。「あれ?もしかして…組めるんじゃないか?」


そして2003年6月。RZは完成しました。完成したといっても、「ナンバーを取得し、実動車になった」だけですけどね。まだフェンダーがついてなかったりして…。






外装には手をつけることができませんでしたし、チャンバーもノーマルが入手できずYUZOのままです。しばらく、このままで乗ることになります。
サイドカバーへのブラシ(っていうのかな?)など、趣味に合わないところもありますが、我慢我慢です。

2003年9月。初めての周山。




まだ、50キロ以上恐くて出せなかった頃です。
(だってライダーとして峠デビューしたのはこの頃ですから…。)

外装は寄せ集めだったので、フェンダーだけ白かったり…まぁ、酷い状態でした。

動くようになってからは、簡単な整備をするだけの時期が続きます。

時を同じくして、ある方からメールが届きました。


「バイクの整備をしている手伝ってもらえないか」

HPで紹介していたRZでも、YSRでも、ましてYAMAHAですらないバイクの修理の”手助け”の依頼でした。

「自分のバイクだったら、いじったらいじっただけ部品代がかかる。人のバイクだったらそうじゃない。タダでバイクいじりができる!」

こんな発想で、とても気楽に考え、快諾しました。

オーナーさんにも手を汚してもらいつつ、できないところだけをお手伝いする。そういうスタンスで進めました。ご近所だったこともあり、頻繁に足も運びました。

結果、2台の実動車が完成。2台?そう、2台でした。息子さんの分とあわせて2台です。

そもそもの目的は、免許を取り立ての息子さんと一緒にツーリングにいく!というものでした。

ここで私は、「免許を取り立ての息子さんのためにも、もっときちんとしなければならない」とシツコク言いました。

しかし、その方は「そこまで」は欲していなかった。動けばよかったのです。

結果、先方は私との距離をとり始めました。一区切りつける目的もあったのでしょう、「お礼」としてお酒を持ってきてくれました。


この瞬間、色んなことを自覚しました。

まず1つに、私としては「よかれ」と思っての進言したが、大半の方はそこまで欲していないということです。
これはRZMLをはじめ、ネット上で人と接している限りは分からなかったことでした。まぁ、それだけ私が幼かったのだと思いますし、正論こそが正しい!と強く思っていたせいでもあったと、今振り返ると恥ずかしく思うのですが…。

もう1つは、「こういう世の中の関わり方もある」んだってことを知ったのです。
今までは、テキストや画像をネットを通じて配信してきた。しかし、現物を通じたやりとりがあり、その方が実感があるのだと。


そして考えました。

「自分にできる範囲でいい。整備や修理をしたいと思う人達の手助けをしたい。」

あくまで主体はオーナーさんにあり、オーナーさんがどうしてもできない部分だけを請け負う。

なにより、適度な距離をおき深く入り込まないこと。


こういう基本コンセプトの元に「にえ商店」をはじめたのでした。

これまでも、RZMLの人たちから個人的に作業を請けることはありました。学生時代には某販売店で整備のアルバイトもやってきた。
軽くかじっただけとはいえ、ミニバイクレースもかじった経験がある。相応の個体数はこなしてきたし、まるっきり素人でもない。でも、本業としてやるわけでもなく…そんなことでかなり控えめな価格設定で滑り始めました。

(つづく)



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/folder/1023715.html

「RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/24034873.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nie_gare/26537284.html


ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント