FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.03
03
Category : どやさこやさ
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


久しぶりの更新です。

昨日、作業を依頼いただいた方々に中間報告をさせていただきました。
作業用に確保していた時間と、部品や外注作業の納期がうまく絡みあわず、思うように作業が進んでいません。
ご迷惑をお掛けしております。申し訳ございません。

「ツーストの腰上なんぞ、2時間もありゃ組めるだろうが!」なんて声もあります。
ですが、楽勝で2時間かかる作業だからと、2時間あいたときに作業をする!なんてことは、極力避けるようにしています。

いきなり工具を握り、部品に向き合って「パパパ」っと できなくはないのですが、どうにも「しっくり」こないのです。
ある程度の時間をかけて精神を集中させてからでないと、仕事が終わった後に満足できる仕上がりにはなりません。

逆に、集中モードになれば(多くの方がご存知のように)休憩も食事もなしで、10時間くらい没頭できるんですけどね(笑)
今週の土曜日は、フルタイムで作業日にあてています。お預かりしている作業の大半を片付けてしまえると考えています。

ご不便をお掛けしますが、ご理解いただければ幸いです。

 ¶

さてさて。今年もこの季節がやってまいりました。




じゃーん。JISのハンドブックの新刊です。毎年 表紙の色が変わるので「今年は何色やろう?」なんてドキドキするんですよねぇ~(たぶん、俺だけやね…)。

JISのハンドブックとは、各分野ごとに主なJIS規格がまとめて掲載されている とても便利なものです。

ちゃんと内容を確認しようとすれば、ハンドブックではなく「原本」を読むべきなんですが、ま、大抵はこれで用をなします。
(原本には、改訂に至った経緯などが書かれた”まえがき”など、重要な情報が盛り込まれている)


画像に写ってるのは総目録です。何かを調べるときの”取っ掛かり”として活用しています。
(こんなのいらん!という人もいますが、私は活用している)

工業製品に限らず、規格というのは、技術の進歩や時代背景によって、逐次改訂される「生き物」です。
一般的に、その歩みは早くはありませんが、やはり”最新版”をチェックする必要性は高いといえます。


さて。バイクは、工業製品の集合体です。
ボルトはいうに及ばず、ベアリング、オイルシール、ガスケット、シャフト、鋼管、鋼板、ゴム、樹脂…もぅあげればキリがありません。

JISは、これらの基礎となるものです。
全てのパーツが汎用(≒JISに規定されたような…という意味。全てのJISが汎用品ではないが)ではありませんが、何らかの 拠りどころになっていますし、また、物を検討する際の指標としても活用できます。
なにせ、「信頼性」という意味で、これを越えるものは そうありませんからねぇ~。

どのように活用するか?を例示すると、「ここには、Aのボルトが使われている。Bにおきかえて大丈夫か?」や、「より強度が欲しいがどうしよう…」や、「内径ホニャmmのベアリングにすれば、このホイルが流用できるのに…」なんてことに直面したときに、JISを調べれば かなりの確立で解決できたりします。
(ダメだ!ということを確実にしてくれることもある⇒これって重要でしょ?!)


ところで、JIS規格は買えるのか?という問題。

答えは「買えます」。

ハンドブックは、大きな書店にいけば売っていますし、原本だって取り寄せ可能です。
発行元である「日本規格協会」のHPからも買い求めることができます。

でもねぇ、めっちゃ高いんです…。


なので私は、こういうものを活用しています。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
日本工業標準調査会(JISC)のデータベース検索ページです。

見たいJISの番号を入力すると、最新版が閲覧できます!

ちなみに、印刷や、コピーはできません。不便だって?
印刷しただけで頭に入っていくほど簡単ではなかったりするので、ご心配は無用です(笑)

必要な情報は、手で書き写せばよろしい。自分なりにまとめれば、さらに○ですね。

私の知識の源であり、思考の拠りどころです。


入り口は高く感じられるかも知れませんが、入ってみると とても奥深く、色んなことを知ることができます。
メーカーの発行するカタログなどと合わせて読み込んでいくと、さらに知識(そして理解)が深まること確実です。

ヘタをすると、読み込みすぎて「眠れない」ことがあります。

「ベアリングカタログをみているだけでドキドキする」…この手の方は、くれぐれもご注意ください(笑)



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント