FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.09
23
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



先日、GX750のステムをメンテナンスを行いました。


まだ500キロほどしか走っていませんが、さっさと分解します。

なぜか?といえば、ある実験をしたかったからです。




私のGX750のステムベアリングは、アンギュラコンタクトタイプです。
(標準はテーパーローラーです)

新品のベアリングの段階から、鋼球の径がどの程度変化するのかデータを採取していました。

R0013715.jpg



手元には、新品、前々回、前回の作業の3回分のデータがあります。
(新品から現在までの走行距離は、25,000キロ弱です)


任意に抜き取った鋼球について、1個あたり4か所計測しているのですが、そのうち特徴なものを抜粋してみました。

<新品>
7.934、7.936、7.935、7.935…。
(他、ほぼ同様です)

<前回(消耗した状態)>
個体A 7.934、7.935、7.936、7.935
個体B 7.935、7.924、7.923、7.924


着目していただきたいのは、<前回>の「個体B」のデータです。
1か所目は新品同様の寸法であるのに、2か所目以降はガクっと減寸しているのが分かります。

球形の、それも小さなものですから、測定点を特定するのは難しいですが、局部的に消耗していることが窺い知れます。


鋼球をパッとみたところでは分からないので、ややもするとレース側の状態ばかりがクローズアップされがちです。
しかし、鋼球も減るんです。


今回取り外した鋼球です。

R0013719.jpg



前回の整備から500キロしか走行していませんので、申し分のない状態です。

R0013716.jpg

R0013717.jpg



今回実験したかったのは、鋼球だけ新品にしたらどうなるのか?ということです。

グリスが劣化した状態と、そうでない状態では条件が異なります。
できるだけ条件を整えるため、前回は「わざわざすり減っていると分かっている」鋼球を組んだ次第です。


今回は鋼球のみ新品に交換します。これでどうなるか…。

R0013718.jpg



【補記】
記述したデータは、アンダーブラケット側の鋼球のデータです。
トップブリッジ側の鋼球には、新旧のデータに、ここまで明らかな差は見られませんでした。





ベアリングをレースもろとも交換すれば話しは早いんです。

しかし、交換するにはレースをフレームやステムシャフトから着脱しなければなりません。
頻繁にやっていると、そのうちはめあいが緩くなりますので、正直、あまり着脱したくありません。

ならばレースをできるだけ痛めない運用が求められます。
そのためには、頻繁なグリスアップと、消耗した鋼球を使わないことが重要だと思うのです。


ボール&レース構造については、ずいぶん昔から「レースはそのままで鋼球のみ交換」する運用を行っています。
古くはRZRから始まり、RZ、DT…歴代の愛車はすべてこの運用です。


アンギュラコンタクトタイプのベアリングでも、有効だろうと考えていたのですが、
ボール&レースとアンギュラコンタクトとは力のかかり方が異なるので、データで検証しておきたかったのです。


さて、鋼球のみ交換した結果はどうであったのか…。

結果は○。鋼球を交換する前の状態ではステムから「カコ」っと音がしていました。前回の整備ではなおらなかったんです。

それが、今回鋼球を交換したことで、正常なフィールに戻りました。


今までは鋼球を再利用してきましたが、整備の都度 鋼球を交換してやれば、レースだってもっとよい状態を保てるはずです。


今後、アンギュラコンタクトタイプについても、この運用でいきたいと思います。
よく使うサイズの鋼球はストックしておくことにします。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

やっぱり下からでしたか。

私は安全の為ワインディングでは立ち上がり重視の
フロント主体のガッツンブレーキでスピードを殺し
十分なマージンを確保しコーナーに進入するので
ステムベアリングは下から傷むのですがデーターで
それが実証されたのですね。
前回のフロントのオーバーホールで上がアンギュラボールベアリング下がテーパーローラー仕様にして頂きましたが
私はこの仕様とても気に行っています。
今まで会話した中で
にえガレさんはセルフステアを重視する紳士的な方だと
感じたのですが、私は左手のワンハンドステアリングで
逆操舵を切りセルフステアを待たずに強引に押し倒すので
今のステアリングの軽さで十分です。
・・・女性には優しいですよ。
むしろガッツンブレーキを多用しますので
このステアリングの軽さで下がテーパーローラーなのが
魅力です。 次はナイトロンですね。ゼファー750用に
にえガレさんがばねレート等を吟味し まめしばさんの
ストリート用のセットアップを導入したリアショック
すごく楽しみです。