RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.09
09
Category : GX750(3W8)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ある日のこと、にえ子から「かわいい発砲スチロールを見つけたので持って帰る」とメールがありました。

わざわざ持って帰るほどのものなのか??(; ̄ェ ̄)


…予想に反して、なかなかかわいいので、天の川ガレージの守護神になってもらうことにしましたヽ( ̄▽ ̄;)ノ

R0013409.jpg




セローもアクシス90もエンジンがバラバラなので、GX750を日常生活のゲタに使っています。おのずと街乗りが多くなり、車体への負担も倍増です。


街乗りというのは車両にとって決して優しくありません。はからずも「急」のつく動作が増えますからね。

そんな中、ステムから「カコ」っと音が。どうやらガタが出始めたようです。


前回のメンテナンスの際は「動きが悪くなってきた」のが作業動機でした。今回は「ガタ」が作業動機です。


自分で乗る車両については「ステムが自重で動くレベル」で組んでいます。一般の水準からすると、やや緩め。これはベアリングの寿命は短くなる方向です。

デメリットを承知でそのようにしているわけですが、新品を組んでから25,000キロ使っているので、そろそろ交換時期かもしれません。





部品を頼もうかなぁ…と思いつつ、実験したいことを思いついてしまいました。

このまま毎日乗るのもイヤだし、やってしまいますか~。


さっさと分解し、ステム単体で動きをチェック。軽さという意味では、実にいい具合です。

R0013507.jpg


私が一番好きな「ダブルナット仕様」。カバーにダストシールがないのもいいですね~。
ダストシールがなくとも、グリスは流れ落ちる前に、潤滑不良やガタが先にでます。少なくとも自分のバイクには「不要」です。

R0013508.jpg


コレ、これから組むものではありません。今、外したばかりの状態です。

R0013509.jpg


グリスは糸を引くほど良好な状態。

R0013511.jpg


汚れこそ見られるものの、グリスの質、量は申し分ありません。

R0013510.jpg


予想した通り、レースに若干の消耗がみられます。

R0013515.jpg

R0013517.jpg


下側の方がやや消耗が進んでいる感じです。

R0013516.jpg


本来はそろそろ交換するレベルです。が、部品も頼んでいないので、このまま使います。


洗浄液につけて刷毛でグリスを洗い落とします。

R0013512.jpg


綺麗さっぱり。テーパーローラーと違って洗浄が楽ちんです。

R0013513.jpg


前回はハーレー純正のブルーグリスを使っていました。今回はOMEGAのグリスを使います。(青の、ちょう度2)

R0013514.jpg


トップブリッジやスロッテッドナットの座面を確認します。ここが荒れていると気持ちが悪い…もちろん塗膜も取り除いています。

R0013519.jpg





GX750のステムメンテで厄介なのがライトステーの存在です。トップブリッジとアンダーブラケットの間に挟まれる構造です。あとから装着するのは難しい…。

R0013520.jpg


ステムの動作確認は、トップブリッジのトップボルトを締め付けた状態で行います。一度取り付けたに=調整が完了したあとで、トップブリッジを外すことはできるれば避けたいところです。

かといってトップブリッジを装着する前にライトステーを取り付けると、ホースやケーブルの取りまわしができません。ケーブルはともかく、ブレーキホースなんぞいちいち外してられませんからね。


ということで、
「一度取り付けたトップブリッジを再度外して組む」を複数回行い、ステムの動きに影響がないか…つまり再現性があることを確認します。


一度やれば納得できそうなものですが、「これでいいや」の積み重ねは何より怖いので、毎回やってしまうんだよなぁ…。


トップボルトは所定(≠規定)の締め付けトルクと、ボルトの締め込み角度の両方で管理。

R0013521.jpg





今回の作業時間は3時間くらいでした。分かり切った自分の愛車であれば、この程度の時間できる作業です。

やらなきゃ走っている間中、気持ちがよくないわけで…。こまめにやらない手はありませんね。


でも、この話し、まだもう少し続きます。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント