FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
22
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



PWKをつけたのでセッティングの確認にでかけました。


作業場から10分ほどの場所まで走らせると、油温は60度近辺くらいになっていたでしょうか。この暑さですからあっと言う間です。


1キロほどのロングストレートできっちり回すと、全体的に濃い感じがしました。それでも6速できっちりと8000rpm以上回り、思わずニタニタ。


ノーマルキャブだと8100rpmが限界だったのに、まだまだ上まで回りそうな雰囲気です。メーターは、ほぼ振り切り状態。


ちなみに6速で8000rpmというのは、ノーマルのセローでは、まず回らない領域です。


これまで行ってきたモディファイの集大成だなぁ…などと感慨にふけりながら、油温計をみると100度を ゆうに超えていました。

たかだか1キロほどの直線を全開走行しただけなのに、急激に油温が上昇しています。ゆっくり温度があがっていくのと、急激にあげてしまうのとではエンジンへの負担は随分異なるはずです。

こりゃボチボチにして、今日のところは帰ろかなぁ~~~などと思いつつ、「あと1本」だけ試してみることに。

そうこう言ってるうちに、油温は120度になっています。
(ちなみに今夏の街乗りでの油温は100~120度の間をいったりきたりしています)

やっぱり6速でも楽に8000rpmを超えて回ります。右ひじを目いっぱい下げながら、思いっっっきり全開。うひょひょ~~と気分を高揚させていたら、「ンンン」と後ろに引っ張られるような「あのフィール」が…。


『抱きつき』です。


あーぁ、やっちまったなぁ~と思いつつ、作業場へ戻り、残務を片付けました。





開けて翌朝。状態を確認すべくエンジンを始動。


セルを回した瞬間、異音がしました。「あちゃぁ…」

異音はすぐに収まりましたが、「張り付いていたのを無理に引きはがした音」っぽい(汗)

ブリッピングすると白煙がモクモク。


こりゃダメだ。白煙を眺めていたところでなおるわけではありません。とっとと腰上をあけると この状態。

R0013258.jpg


がっつりいってますなぁヽ( ̄▽ ̄;)ノ


シリンダーもこの状態。

R0013262.jpg


あかんモンはあかん。さっさとなおしましょう!


現状は、この状態。そそりたつカムチェーンが、アナゴの天ぷらに見えてしまうのは何故かしら?

R0013261.jpg




壊しちゃったらなおしたらいい。

やってしまったら、そう思うしかないんだけけど、やっぱり壊したらアカン。

結果の確認を焦るあまり、ろくすっぽ暖気もせず、あまい判断で負荷をかけてしまったのは明らかなミス。エンジンくん、ごめんなさい。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

へえー !

こんにちはGS400です。
にえガレさんでもやってしまうんですね。
当然アッシュのオイルでしょうから
この猛暑 空冷シングルでも相当厳しいのですね。
十分気をつけます。

Re: へえー !

基本的には「壊さない」タイプなんですが、今回は完全なる「人為的ミス」でやっちゃいました。

ふつーに乗っていたら全く問題なかったでしょう。本文にも書いてますが、焦ったらダメですね。

GS400さんの愛車のゼファーでいえば、トップギヤで最大出力の出る回転域以上にブチ回して(=200キロ以上になりますね)走ったのと同じです。
(ローやセカンドでブン回したのとは訳が違います)

しかも絶対速度は低いから、冷却もおぼつかないわけで、相当負荷のかかる運転モードです。

トップスピード付近のテストは、今まで何度もやっていたので、油断していました。
始動直後は、徐々に負荷をかけていく「暖機運転」が必須だと再認識した次第です。セローにはかわいそうなことをしてしまいました。

普通、多少なりとも溶けたアルミが付着するものですが、ご覧のとおり、うっすら傷がついている程度で済んだのは、A.S.H.のお陰だと思います。
酷くシリンダーにダメージが及ぶと0.25m程度のボーリングでは対応できなくなります。少しでもスリーブ残厚を確保したいので、非常に助かりました。

No title

アナゴの天ぷら、美味いよね~
鈴鹿に美味しい穴子料理屋さんありますよ。
なんていう話しじゃなくって、その程度の油温でも逝くときは逝くんですね。
MHRだと120℃超えは当たり前だもんな。気をつけます。

Re: No title

アナゴの天ぷら大好きです(^^)

あまり神経質になりたくないんですけどね…油断はいかんなということですねf(^_^;

> アナゴの天ぷら、美味いよね~
> 鈴鹿に美味しい穴子料理屋さんありますよ。
> なんていう話しじゃなくって、その程度の油温でも逝くときは逝くんですね。
> MHRだと120℃超えは当たり前だもんな。気をつけます。