FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
04
Category : GPz750R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



組みあがったフォークを車体に取り付けました。

その後、全体を仮組みしたのち、再びバラしました。

GPz750Rはフェンダーの形状の関係で、左右のフォークを連結させた状態で取り付けねばならず、どうも勝手が違うので、組み立て方の勘所を見定めるためです。
こういう作業は迷いながらやるより、迷いなく一気にやる方がいいはずです。

<注:フォークアウターを180度回転させてやればフェンダーが外せるのでは?とのご指摘をいただきました。確かにそのような気もいたします。すでに実車が手元にないので、何かの折りに確認したいと思います。ご指摘ありがとうございました>





さて、最初からやり直しますかぁ~。
ちょぃと長くなりますが、今後オーナーさんがご自身でフロント周りの作業をされる際に参考になればと思うので、だらだら気味に書かせてもらいますね。

R0013112.jpg



フェンダーを介して左右のフェンダーが連結した状態で、アンダーブラケットに仮止めします。
フォークの穴にはテープを貼り付けておいてください。

この際、いきなり、フォークをトップブリッジまで貫通させてはいけません。

R0013083.jpg




この年式のフォークはエア加圧式。バルブが片方にしかないので左右を連結するパーツがついています。
フォークをトップブリッジまで貫通させてしまうと取り付けができません。

R0013114.jpg




連結するパーツを取り付けたら、トップブリッジ手前で寸止めします。

R0013115.jpg



邪魔&フェンダーに干渉するのでブレーキホースの連結部を仮止めします。

R0013116.jpg



トップブリッジにフォークを通していきますかぁ。

R0013117.jpg




ちなみに、アンダーブラケットとトップブリッジの整列はステムを組む際に調整済みです。
トップブリッジのセンターナットを締め付けるとステムの動きが変わりますからね。


ジャッキを使ってフロントフォークを少しずつあげていきます。
最初は人力で持ち上げていたのですが、細かな調整をするには不向きでした。パンタグラフジャッキでもOKだと思います。
なお、アンダーブラケットなりトップブリッジのクランプ部分が腐食しているとスルっと動きませんので、あらかじめ手入れをしております。

R0013119.jpg



突き出し量を調整します。

R0013120.jpg



調整できたら、ハンドルを仮止めします。ここでは、まだトップキャップはつけません。
また、間違ってもトップキャップを締め付けることで、フォークの位置(突き出し量)を決めてはいけません。

R0013121.jpg



ハンドルをつけようと思ったら、ブレーキホースの連結部を一度外さないと…ホースの長さが足りないんです。
ここで、左右のフォークを連結する部品の位置決め(専用のクランプで動きを拘束)もやっておきます。

R0013122.jpg



アンダーブラケットの締結ボルトを数回に分けて締め付けます。
大事なのはアンダーブラケットより下側の寸法ですから、最終的な本締めは(気休めですが)下側のボルトからやってます。

R0013123.jpg



次はトップブリッジの締結ボルトです。安定した軸力を得るため、あらかじめ全てのねじ部にタップを通し、スレッドコンパウンドで潤滑しておきます。

R0013124.jpg



次はフロントアクスルです。ジャッキで高さを調整しながらやるとやりよいです。

R0013125.jpg



ブレーキディスクをラッカーシンナーやプレソルベントなどの溶剤で脱脂します。

R0013126.jpg



針金でぶら下げておいたフロントキャリパーを取り付けます。

R0013127.jpg

R0013129.jpg




ずっと仮止め状態だったフェンダーのボルトを締め付けます。

仮止めは「原則禁止」が正解かと思います(-_-)
この場所のように仮止めせざるを得ない場所については、忘れないようにマークしておくなどの配慮が必要ですね。
(マスキングテープが便利です)

R0013128.jpg




最後にハンドルの固定&フォークのトップキャップを取り付けます。このキャップ、機能上は「必要ない」部品です…。
このキャップは緩まない程度に締め付ければOKです。2面幅27mm!もあるので、大型工具を使ってますが、ぐぃぐぃ締め付ける必要は全くないはずです。

R0013130.jpg



エアを加圧します。トライアルなど”低圧”調整に使えるエアゲージを使いました。ちなみに0.3キロです。
この領域だと、あまり精度は高くないとは思いますが…。

R0013131.jpg





カウル装着状態では調整できない(極めてやりづらい)スロットルワイヤーの遊びを調整しておきます。

R0013132.jpg

R0013133.jpg


カウルを取り付けて完成。

R0013134.jpg





試運転してみると、より滑らかなハンドリングになりました。フォークの動きも上質です。奥に入ったまま戻ってこないフィールもなくなりました。

ハンドルから手を離してもパタパタすることは殆どありません。
(路面が悪いとパタパタするときもあるけど)


整備の主目的である「ブレーキをかけると振動がでる」症状も、ほぼ解消!

ブレーキが暖まってくるとンゴゴと微振動がでるものの、カワサキ純正パッドの特徴といえる性質&程度だと思います。

一旦、オーナーさんに納車させてもらうことにしました。もし”それも”気になるようであれば、パッドを社外品に交換してみることをご提案させてもらいました。
(天候に影響されることなく、雨でもギュンと効く純正の特徴を好まれる方も多いので、純正パッドを悪者にするつもりはありません)




近くの農道や国道を1時間ほど試乗してみましたが、帰るのが嫌になるくらい気持ちよかったです(^^)

これだからバイクいじりはやめられまへん!


最後の仕上げに、レバーに給油しておきます。

R0013135.jpg


結構汚れていますね。

R0013136.jpg


ダストブーツが破れています。たちまちどうの…ということもないとは思いますが、整備履歴も明らかでないので、近いうちのOHをご提案させていただきました。

R0013137.jpg


クラッチも少しギシギシしていました。

R0013138.jpg


レバーのピンに磨耗がみられます。クラッチの方が磨り減っていました。こまめに給油してやってくださいね。

R0013139.jpg




その後、オーナーさんからメールをいただきました。

バイクを押した際に、ハンドルが軽くなっていること。乗ってみて、軽く、スムーズに走ることを喜んでいただけたようです。
また、ブレーキの問題についても、作業前との振動の大きさ&質の改善を体験いただけたようです。

大事にガンガン乗ってあげてくださいね(^^)

まだまだ詰め代のある車両かと思います。今後も何かあれば遠慮なくお申し付けください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント