FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.08
10
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



シーズンイン以降、なかなか自分のバイクをいじる時間を持てずにいます。
なかなかまとまった時間が取れないため、じっくり取り組まねばならないCR化は、なかなか進みません。

しかし、ここらでやっておかないと…。気が付けば前回の作業から3か月も経ってしまっています。
作業依頼案件が内燃機加工待ち状態なので、今しかない!と重い腰をあげました。

さて、今日の記事は、私のオリジナルデータではないことを先にお断りしておかないといけません。
ベースとなる情報は、まめしばさんが提供くださったものです。

2009年当時に書かれた、まめしばさんの記事です。
CRキャブ改造計画 (ヤマハGX750用3連を作ってみよう)


この頃の私は、あまりCRキャブに関心がありませんでした。
ちゃんと走る状態にする手間を考えると、「そんな時間があったら、ガンガン走りたいし、走るための車体づくりをしたい」と思っていたからです。

目的もないのに、パーツを投入するのは好きじゃないですから、意味を見いだせない限り、なかなか関心は持てないんですね…。
そんな私がCRをつけたい!と思ったのは、まめしばさんの愛車はもちろん、まめしばさんの周囲に集う方々の「完成度の高い」車両に多く触れたからに他なりません。

もっと望みの特性を得るためには「必須」とすら思えてきたんですね。




とにかく前に進みましょう。ただいま、うちのCRキャブはこういう状態です。とにかく3気筒のGX750に合わせて、3連にしてみないと話になりません。




まず、基準である2番ボディを連結ステーに仮止めします。
(注:この画像よりも、一つ右側の固定穴を使わないといけないことに、後で気が付き、組み替えました)




GX750のキャブピッチは、過去に実測して把握しております。89mmなので、これを調整します。




とりあえず3つ装着してみました。




問題はスロットルシャフトです。マーカーで指しているのが2番用の穴です。




その前に、4連を3連にするのですから、1つは余ってしまいます。どのボディを使うのかを考えておかないといけません。
画像にあるのは、左が4番用で、右が3番用です。私は4番用を使おうと考えています。なぜかと言えば燃料供給口がちゃんと塞がっているからです。




ほらね。




一方、3番のボディにはベアリングが入っています。




4番には入っていません。まぁ、ベアリングを放り込むことくらい、造作ないでしょう…。



<8月14日修正>
ベアリングが入るような加工が4番ボディには施されておらず、ベアリングを装着することは困難であることが分かりました。よって、3番のボディを使用することとします。燃料経路を塞ぐ手立てを検討しなくては…。



話しをスロットルシャフトに戻しましょう。プーリーがピンで固定されています。





件の記事に書かれているとおに、スロットルシャフトを抜いてしまい、左右を逆さまに入れ替えます。
そのためには、ピンを抜かないといけません。3mmくらいだったので、使い古したフラップホイルの軸を使って叩きだしました。シャフトが歪んではいけませんので、木片でゲタを履かせます。





放り込んでみました。バッチリです!




使う穴は、こんな感じになります。




でも…シャフトはこんな風に飛びぬけています。カットしなきゃいけませんね。




カット量を確認するため、リンクを取り付けてみました。1番は、ほぼセンターです。




3番もOKです。欲をいえば、このような状態で使いたいなぁと思うのです。保持されている部分が、ロッドの根元であればあるほど安心感がありますからね。




2番もOKなんですけど、保持されている部分がロッドの先端なんですよね~。ちょっと思うところがないわけではありませんが、ま、あまり贅沢は言わずにおきましょうか…。




ちゃんと機能する状態で、シャフトの突出し長を計測します。





57mmです。




ボディの突端から、ベアリングの端部までの距離も計測しておきます。




4.5mmかぁ。




今さらですが、シャフトの全長を計測。




268mmです。ベアリングで保持されつつ、突端のカバーに接触しないよう、60mmカットすることに決定!




旋盤で突っ切り、面取りしました。綺麗な仕上がりです。




仮組み状態とはいえ、シャフトのセンターがでていないのが分かります。整列を取らないと、それだけ動きが渋くなるということですね。





連結ステーもカットしてしまいましょう。こんなもんかな??




コンターでアチョー。しかし…なんとナマクラな素材なのでしょう。こりゃダメだわ。もうちょっと強度のある素材で、剛性ある構造で作り直したいところです。




とりあえず仮組み。






スピゴットも取り付けておかなくっちゃね。




そうそう、燃料パイプですが…。






ボディとOリングの位置関係も、全く問題ありませんね。

今後ですが、車体にフィッティングしたのち、干渉の有無、ワイヤーの取り回しの検討にうつります。
コックが悩ましいですよね…。というのも、STDは負圧の、それもツインコック仕様なのです。

お金をかけてパーツを買えばすぐなんでしょうけど…それもままなりませんので(笑)、まだまだ実装・実動は先になります。くぅ~。がんばらないとっ。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント