FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
27
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


セローにASウオタニ SP2を装着するにあたり、久しぶりに点火のことを考えました。今までにない整理をしてみるのもありかな?と思い、今日の記事を書いてみました。




まず、イグニッションコイルの役割と動作原理を整理してみましょう。

・ イグニッションコイルは一種の変圧器である
・ 1次コイルに電流が流れ、電圧が発生すると、これが変換されて2次コイルの電圧と電流となり出力(放電)する

簡単にかくと、こんな感じでしょうか。1次側にかかる電流なり電圧をあげてやれば、2次側から放電される出力が強くなる…ということです。

2次側から放電される出力をあげるためには、複数の手段があるということです。例えば以下のやり方があります。
 (1) 1次側の電流量をアップさせる
 (2) 1次側の電圧をアップさせる

ASウオタニ製 SP2イグニッションコイルは、前者に属し、ツイントップ製 V-UP16は後者に属する…。

昔は、1次側と2次側の違いなんて、ほとんど意識していませんでした。もちろん?今は、しっかり切り分けて考えないといけないと思っています。




1次側のアースについて考えてみます。

これは…点火方式の違いによって、考えるのがよさそうに思います。というか、電源の種類で分けた方がいいのかな。

(i) DC電源 …トランジスタ点火(バッテリー点火)、DC-CDI
(ii) AC電源 …AC-CDI

まず、(i)から。1次側はバッテリーから給電するタイプ。配線の劣化によって、電圧が低下するとモロに影響がでそうです。
ツイントップさんのV-UP16を使ったお陰で、点火に対する理解を「体」で覚えることができました。私のバイクライフの中で、衝撃的なできごとのひとつです。

電圧をあげると(=V-UP16をつけると)、うっひゃーになるし、電圧がさがると(=V-UP16を外すと)ガックリ…。ほんとに変わります。
RZを一時的にDC-CDIにしたときにも同様の結果を体感しているので、1次側電圧の電圧確保は重要だよね~と強く認識することができました。

ということで、配線の劣化によって電圧が低下しないように、アースを強化してやるのは相応の意味があると思います。
でも、そんなことをしたって強化されるのはアースのみ。+側は何も手を打っていません。個人的には、どうせやるなら、リレーなどを使ってバッテリーから直に1次側に給電した方がよいと思います。

なお、電流量についての考察はしていませんので、正直よく分かっていません。というか、コイルの抵抗値である程度決まっちゃうのかな…と思っています。
(GX750で電流値を測定しながら走り回った経験です)

次に(ii)。これはどうなんだろうなぁ~。AC-CDI(=バッテリーレスでも点火するタイプ)って、マグネトで発電した電気をそのまま使ってますよね。
絶対的な電圧は高めだけど、回転数によって発電量はバラバラ…。つまり安定していません。そもそもAC…。意味あんのかなぁー。





2次側のアースについて考えてみます。

2次側の点火回路は、バイクの場合、2種類に大別されると思います。
(極端に古いものや、新しいのは知らないのであしからず(笑))

(a) 1つのコイルに1本のプラグ
(b) 1つのコイルに2本のプラグ


それぞれの代表的な回路図をみながら、アースについて考察します。

(a) 1つのコイルに1本のプラグ

DT200R(37F)


セロー(3RW)


ツインプラグでもない限り、単気筒車は基本的にコレですね。あと、うちのGX750もコレです(コイルが3つある)。
こういうタイプだと、2次側コイルと、シリンダーヘッドをアース(アーシング)してやれば、効果がでる可能性がありそうです。
ここであげたのは、AC-CDIの配線図ですが、それぞれの画像に黄色で書いたように、ヘッドと1次側のアースを結べばいいわけです。
バッテリー点火のバイクだとバッテリーのマイナス端子とヘッドをつなぐことになります。

(b) 1つのコイルに2本のプラグ

RZ250(4L3)


GPX750R


4気筒は、ほとんど(b)じゃないかなぁ。コイルが2つついていて、1つのコイルで2本のプラグを受け持つタイプですね。
回路(コイル)が1つか2つかの違いだけで、パラレルツインのRZも(b)になります。

この回路図(b)にも、アースは書かれていますが、(a)のアースとは意味が異なります。

どういうことか?というと、(b)は、「コイル⇒一方のプラグの中心電極⇒側方電極⇒シリンダーヘッド⇒もう片方のプラグの側方電極⇒中心電極⇒コイル」ってな具合に電気が流れるのです。
(流れの順序には自信がありませんが)


言い方は適切ではないかもしれませんが、アースが独立していないと言い換えてもいいかもしれません。

イグニッションコイルの点検手順にヒントがあります。






この2つの画像は、RZ250のサービスマニュアルからの抜粋です。ご覧のように、2次コイルの点検手順として、導通抵抗値を測定するよう記載があります。
どことどこの間の抵抗値を計測するかと言えば…上の画像の赤線部分にあるように「ハイテンションコード」と「ハイテンションコード」と書かれていますね。下の画像をみれば一目瞭然です。

これは2次側が1つの回路で構成されていること、アースが独立していないことを示しています。

つまり…(b)のような回路では、「2次側のアーシングを行っても、効果の出る可能性は期待されない」ということです。





まだまだ不勉強な部分が沢山あるので、正直自信はありませんし、整理のアプローチが適切でなく、また考察や説明が不十分な点もあると思います。
結果、ややもすれば、「アーシングは意味がない」みたいに受け止められるかも知れません。しかし、それが目的ではありません。

すでにアーシングをやってる方も、これからやろうと思う方も、『この配線を1本付け加えることで、何がかわるのか』を、すこーし考えてみて欲しいのです。
そういう私も、以前は何も考えずにやってたんですけどね(笑)

1次って?、2次って何?なんてことを考えるだけでも、ウンと意味があると思います。

そのようにして考えていくと、どことどこを繋ぐべきかも、分かってくると思うんですね。

例えば、2次側のアーシングであれば、ヘッドに直接配線を取り付けるべき…なんてことが分かってきます。

ひょっとして、バッテリーとシリンダーを接続していませんか??シリンダーとヘッドはどうやって結合されていますか?
もしかして、通電性のない素材のガスケットと、サビサビのボルトで接続されちゃったりして…。こういう事例を、時々、見かけます…。

どうせやるなら、より意味があることをやりたいですよねっ! ヽ( ̄▽ ̄)ノ



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「RZのフロントフォークにねじ式トップキャップ&プリロードアジャスターを取り付ける加工」の予約を受付開始!
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1276.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント