FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.07
13

TB:0
04:08
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





直近で、900Rのマフラーを2回も交換しています。
SANSEIのマフラーに至っては相当手間暇がかかりました…。その前のヨシムラは装着→試運転しただけで、ワインディングを走らせたことすらありません。

■ZRX1100/1200用 SANSEIマフラー編
900Rに装着したSANSEIのマフラー用にステーを製作
マフラー交換に伴い900Rのリアサスのリザーブタンクステーを移設
マフラー交換により干渉するようになったGPZ900Rのタンデムステップの移設
ZRX1100用のマフラーを装着するために900Rのスタッドボルトを長めのZEP750用に交換
900RのオイルパンをZRXのものに交換
900R用に「懐かしい」ブランドのマフラーを調達
900Rに装着?!ZRX1100&ZRX1200用のオイルパンを調達

■ヨシムラ編
900Rのマフラーを交換(Babyfaceからヨシムラへ)

■Babyface編
900Rに装着するBabyface管のサイレンサーステーの製作
今度はマフラーだっ

なんで頻繁にマフラーを交換してきたかというと「アンダーカウル」を付けたかっただけに他なりません。
それ以上でもそれ以下でもない…。

主たる目的は、オイル受けの機能付与です。もちろん、見た目向上も無視できませんが( ̄ー ̄)

900Rの調達直後に装着していたBabyfaceのマフラーは4-2-1で、エンジンの両サイドに管路が振り分けられていましたので、とてもじゃないけどアンダーカウルは装着できません。

4-2-1でも構わないけど、いわゆる「集合チック」な形状のマフラーを探すことにしました。


で、ヨシムラを入手したのですが、残念なことに車体右側で集合するタイプでした…。
まさかこんな形だとは思いませんでした…。

IMG_6646i.jpg


ZRX1100のオイルパンに交換してまで、車体下で集合するマフラーを探しまくり、たどり着いた先がSANSEIのマフラーでした。
長い道のりだったし、無駄にコストを使ってしまいました。トホホです。

この手の作業をするのは初めてです。行き当たりばったりで進めましょう。

装着するのは「900R用」として売られているけど、ボルトオンではない汎用品?です。

20011459.jpg


車体にあてがってみると、あっちこっちが干渉しまくりです。「大きさと幅が900Rにあってる」だけですけど、汎用品だから多くを望んではいけません。

車体センターに装着したいのでレーザーを使います。色んなことに使えるので、一台あると便利ですよ!



20011460.jpg


当たる箇所を少しずつカットしていきます。意外とメンドクサイ(-_-)

20011461.jpg


穴開けは木工用のドリルを使います。FRPや樹脂を普通のドリルで穴あけすると綺麗に穴あけできません。
(普通のドリルで1.5mm~2.0mm程度の下穴を開けてからやると綺麗に穴あけできます)

20011462.jpg


900Rはダウンチューブがないので、どうしてもステーが長くなりがちです。
ひとまず2mmのアルミでステーを作りましたが、剛性もないし、疲労でポッキリいきそうなので、鋼製の丸棒で作り直そうと思います。

アルミなのでねじは「エビナット」で対応します。指定の下穴径は9.1mm。そんなドリルは持っていませんので、リーマーで拡大します。リーマーは1本あると便利ですね。

20011463.jpg


エビナットは、エビナット専用のカシメツールを使うよう指定されていますが、そんなものは使わなくてOKです。
ちょっとした治具を作ってやれば特別な道具は不要です。カシメ量が確保されていることを確認すれば、問題なし!です。

20011464.jpg


なんだかんだで4時間ほどかかって、装着完了です。

20011466.jpg


最低地上高はたったこれだけ…。計測すると8センチちょぃ。
車の基準ですが「最低地上高9センチ」。それ以下っちゅーのは、ちょっとなぁ~。このままだと、ガシガシ腹を打ちそうです。干渉個所を削って、あと1センチは稼ぎたいところです。

ま、カッコいいからすべてを許せちゃうんですけどね(笑)

20011468.jpg

20011470.jpg


色塗らなきゃなぁ。もうちょっと加工しなきゃいけないと思うので、塗装するのはもうちょっと先だなっ。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト