FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.05
15

TB:0
04:07
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





私の900RはA6でAVDSという機能がフロントフォークについています。
機能は殺していますが複雑な経路は残ったままです。フォークオイルを交換する際、エアを抜くのに少々時間がかかります。

900Rのフォークオイル交換の待ち時間を使って、ガタが出始めたステムのグリスアップをやってしまいましょう。

加えて、分厚いラジエターに交換したらラジエターのメッシュステーの固定部とステムが干渉するようになった件の対策も講じておきましょう。


上側からチェーンブロック、下側にはスタンドを設置し車体を保持します。どちらか一方では不安なので!

20011135.jpg


部分的に塗装をはぎ、濡れウェスで養生したのち、溶接でストッパーに肉を盛ります。

20011114.jpg

20011116.jpg


ハンドルロックが使える限界まで肉を盛りたいので何度も確認しながら作業を進めます。

20011117.jpg


こんなもんかな。ステム側とフレーム側のストッパーが点で当たっていますが、まぁいいでしょう。

20011118.jpg


対策は講じたもののギリギリです…。
ハンドルロック部分を削ってやれば、もっと肉を盛れますが、切れ角が犠牲になります。これでヨシとしましょう。

20011119.jpg





急に作業したのでステムの鋼球は再利用します。

20011120.jpg


見た目は分かりませんが、鋼球は消耗品です。
(新品のデータと比較しているので間違いありません…)

20011121.jpg


今までのデータと比較すると消耗がはやい。そもそも5000キロでガタがで始めてる時点で異常だよなぁ。

グリースが原因かも。どうもシ〇コ〇ンのグリースは劣化がはやいような気がします。
2年ほどお試しで使ってきたけど、これまでのグリース(OMEGA)に戻そうと思います。

私が使っているのは青の57と赤の88です。今回は青でいきますか。

20011126.jpg


テーパーローラーにグリースを塗るのは結構大変です。
転動面はアンダーブラケットとフレーム側だけではありませんので、上からべたべた塗るだけでは用をなしません。

内部までしっかり押し込む必要があります。私はピックツールで示したすき間からしつこく押し込むようにしています。
真剣にやると20分くらいかかります。やっぱりテーパーローラーきらいだ…。

20011127.jpg


スロッテッドナットを締め付ける際のツールは「軍手」です。ステム整備の基本は手締めです!

20011128.jpg


手締めで締め付け可能なポイントにマークをいれます。ここから何度締め付けるか?をデータ化することで再現性を担保しています。

20011129.jpg


ステム調整は、例えばマーカーのライン1本分の違いで特性が変化するほどにシビアです。
最初からトルクのかかるツールで締め付けると管理などできるわけもないのです。

メーカーによっては締め付けトルクで管理するようマニュアルに書いているところもあります。
経験上、トルクレンチでの管理で「最適」を狙うのは「無理」です。

調整完了です。鋼球を再利用したので実走後に再調整が必要かもしれません。

20011137.jpg


最後にトップナットを自分で決めた規定値で締め付けます。ここはそこそこトルクが高いのでトルクによる管理でも再現性があります。

20011130.jpg


ステムの整備スパンは持って8000キロです。
使用しているベアリングなどによって多少前後はありますが。

グリースも劣化しますので、走行距離がさほどであっても2年から3年スパンで整備したいところです。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト