FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.03
29

TB:0
04:01
Category : イチニーゴ

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





YAMAHA純正の中古部品のストックをあさってTZR125に使えそうなものを引っ張り出しました。

キーシリンダーが2つ。これはぶっ壊れても簡単に復旧できるから、捨ててもいいかな。

20010709.jpg


絶対に捨てられへんのがコレ。各種スロットルパイプです。
手持ちのものと比較すると、TZR125のそれはハイスロよりであることが分かりました。

20010711.jpg


ステムレースも出てきました。やっぱタマタマ方式がいいよね。
テーパーローラーとかあり得へん。

20010712.jpg


YAMAHAのオフ車用のクラッチレバー&ホルダーです。
80年代中盤以降のYAMAHAのロードバイクのホルダーはグリップを外さないと着脱できないので(TZR125もそうです)、こいつに交換かな。

20010713.jpg


そうこうしているとヤフオクで落としたRZ250R(3HM)のステム&フロントフォークが届きました。
落札額が1万で、送料が数千円でした。格安です。

20010714.jpg


なぜ3HMにしたのか?というと、フォーク単体で言うと径が太過ぎず、イニシャルアジャスターがついているからです。

20010715.jpg


あと3HMは17インチホイールを採用しているのも重要なポイントですね。
くわえて同径のフォークを持つFZR250(2KR)とステムのオフセットが異なるため、中古部品でオフセットを可変できるのも私には魅力的に移りました。

1万円という金額だけあって、ボロボロです。

20010716.jpg


アクスルシャフト付きはありがたい。買うと結構しますからね。というか販売終了だったかな?

20010717.jpg


インナーはアウトです。再めっき確定です。この年代あたりからめっきが悪くなった気がするのは私だけ?
初期型RZあたりだと磨いて使えるものが多いんですけどねー。

20010718.jpg


覚悟はしてたけど、相当やべーな。

20010719.jpg


クリップが錆で朽ちそうです…。これ販売終了なんです。再めっきしようと思いますが、酸洗いに耐えてくれるでしょうか。

20010720.jpg


指がアレで力を入れられないんので、インパクトでドレンを緩めます。

20010721.jpg





データを採取しながら分解していきます。

20010743.jpg


TZR125のスプリングと比較します。ねらい通りです。レートにさほどの違い無し!
データを詳しく検証しますが、スプリングを見る限り、特性は似ていると思います。

20010744.jpg


ま、かっとび小僧仕様なので、しっとりダブルレートではなく、シングルレートのスプリングをワンオフしますけど。

インナーチューブを抜きます。スライドメタルが生きていたのはラッキーポイント。

20010745.jpg


3HMのフォークってオイルシールのはめ合いが固く、アウターに残ることが多いんです。
今回は1勝1敗でした。バーナーで加温してから外します。

20010746.jpg


悪あがきしてインナーを磨いてみました。錆が深いやから、やっぱりダメですね。

20010747.jpg


3HMはセパハンでインナーチューブが長いんですよね。パイプハンにするにはちょっと詰めたいんですよね。
この辺りのパーツに細工し、ストロークを殺さない範囲で何とかなるかな。

20010749.jpg


アジャスター。程度良好で安心しました。
Oリングが固着して回らなかったので、使ってなかったようです。

20010750.jpg


ツルンツルンに磨いておきます。

20010751.jpg


別途記事にしますが、ステムと共に組付けてフロントの車高の変化をみます。

20010752.jpg


各部を計測し、

20010753.jpg


仮の突き出し量を決めます。

20010754.jpg


うーむ。姿勢を作るのは結構大変そうです。
見た目重視でクソみたいなハンドリングのバイクには乗りたくないので、脳みそを振り絞ってデータを検証していきましょう。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト