FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.02
03

TB:0
04:02
Category : KZ1000 エンジン
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





エアーペイントタカノ様に塗装をお願いしていたエンジンのパーツが戻ってきました。

今回は第一陣で、クランクケースとカバー類です。

IMG_6886i.jpg

IMG_6887i.jpg



びびってしまうほどの美しさです!!!


作ってもらった色見本に対し、ややチューニングをしてもらいました。

IMG_6891i.jpg



ブラッククローム(上の見本)は艶がありすぎる。けどラメ感は理想的。
なので、フラットブラックとシルバーを混ぜたもの(下の見本)をベースに少しラメ感を出して、やや黒っぽく仕上げてもらいました。

微妙な風合いでしょ?!かなり気に入っています。いいねぇ。

IMG_6892i.jpg



オイルパンもものすごく綺麗になりました。車体の下側につけるのがもったいなく感じる仕上がりです。うっとりー。

IMG_6890i.jpg






古いエンジンですから表面は腐食しています。

今回はサンドブラストで表面を一枚削り取っています。が、それでも表面にはこのようなあばたが残っています。

IMG_6888i.jpg

IMG_6889i.jpg


やはり古い車両のエンジンは塗装すべきです。

サンドブラスト仕上げのままで使っているケースが散見されますが、腐食を防止する観点からすると好ましいことではありません。
(見た目はカッコいいですけどね!)


正直、かなりのコストがかかりますが、Zという素晴らしい昭和の遺産を後世に継承するためにもブラスト&塗装してもらって正解だったと確信するところです。





今回、スタッドボルトも塗装してもらいました。

理由は2つ。

まず1つ目は、3種のスタッドボルトの表面処理がすべて異なっているため見た目が悪いこと。

もう1つは今時の表面処理の耐食性が高くないことです。

塗装することで色調を統一し、耐食性も(多少ですが)高めてやろうという目論見です。

で…タカノさんから、提案をいただきました。

20010266.jpg


「エンジンと同じ色ではなく、黒で塗りませんか?」というものです。
全てを同色にしてしまうとボテっとした印象になるので、ボルトの色だけを変えてアクセントをつけてはどうか、という内容です。

たったこれだけの違いです…。
(マスキングの見切りの素晴らしさにも着目してください!!!)

20010267.jpg


はっきりいって同じ色で塗った方が手間が省けます。言われなきゃ誰も気が付かないと思います。

得られる効果とかかる手間を考えたら、このような小さなことなど提案しない人が大半でしょう。

でもね「にえさんご自身は色が違うのを自覚されていますよね。エンジンを眺めて、ボルトの色が違うのをみてにんまりする。それだけでもいいじゃないですか」とニコニコしながら(電話ですが…絶対ニコニコしてると伝わってきます、笑)提案してくださるのです。

タカノさんは、ユーザーの立場に立って考えるだけでなく「この仕事が本当に好きで誇りを持っておられる」のだと思います。

タカノさんとお話ししていると技術者としても経営者としても多くの学びが得られます。本当にすごくて尊敬できる方です。お願いしてよかったなぁと思います。




洗浄前にすべてのねじ山にタップを通します。
(久しぶりに使ったP=1.5のタップが入らなかったので焦ったのですが…逆勝手だったのは内緒です)

20010268.jpg


普通、ブラストを行うとねじ山にメディアが残留しているものです。
しかし、ジョリっとした感触であったり、メディアの現物がでてくることは皆無でした。

IMG_6896i.jpg


徹底的に流入対策と洗浄を行っていることは想像に難しくありません。

すべてのエンジン部品で30万近いコストがかかります。この仕事内容を考えると、決して高くないと思います。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト