FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.01
01

TB:0
04:00
Category : KZ1000
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行しました。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





あけましておめでとうございます。

今年はKZ1000の年になりそうです…と、去年の元旦のブログに書いていました。

目だった進行こそありませんが、小さな下準備は進んでいます。
経験上、下準備さえ進めておけば、あるところから一気に進むものです。




表面処理に出していた部品が処理を終えて戻ってきました。

19120057i.jpg



まずはアルマイトから。

リアフェンダーです。鉄系の部品がかしめられている部品はアルマイトできませんでしたが、その他の部品は綺麗に黒く仕上がりました。

19120058i.jpg



お次はリアステップです。これは硬質黒アルマイトです。

19120059i.jpg



ステップ用の小さなカラーも処理しました。

19120062i.jpg



グラブバーです。下地処理した甲斐があって綺麗に仕上がりました。

19120060i.jpg



溶接部は多少白化していますが仕方ないですね。

19120061i.jpg



カムチェーンテンショナーとオイルプレッシャースイッチにもアルマイト処理しました。
腐食していたので仕上がりが不安でしたが、そこそこ綺麗になりました。

19120063i.jpg



こういう細かいところは仕方がないですね。

19120064i.jpg

19120065i.jpg



キャップ類も黒アルマイトです。

19120067i.jpg



セルモーターのカバーはブラッククロームめっきにしました。
いい感じです。そのうちフロントフェンダーもやってもらおう!

19120066i.jpg



KZ1000は黒基調に仕上げますので、徹底的に黒にこだわります。

ま、黒のバイクっていうのも考えどころなんですけどね。というのも、昔、赤白のRZ250Rから黒のGPX750Rに乗り換えた時に、車体は大きくなったのに、周りの車に気が付いてもらえずびっくりしたことがあります。

安全面だけでいくと、黒のバイクの視認性は今一つ…。





お次はボルト類です。

新品のボルトと中古のボルトに分けて処理してもらいました。

19120069i.jpg



ワンバッチいくらっていう考え方なので、処理費用は倍になります。

新品のボルトが手配できたものは基本的に新品を使います。
が。使わない古いボルトも予備部品としてとっておきたいので分類して処理しました。

古いバイクの部品なんて、いつ入手できなくなってもおかしくないですからね。ボルト一本でもおろそかにはできません。


中古のボルトです。

19120071i.jpg



新品のボルトです。

19120072i.jpg



どちらも黒亜鉛メッキのクロメート仕上げです。3価ではなく6価仕上げなので耐久性も抜群です。

いい感じの艶感です。

19120073i.jpg



水素脆性を不安がる方もいるようですが、強度区分10.9までなら問題ありません。
水素脆性のリスクが急激に高くなるのは、強度区分12.9からです。それでも対策としてベーキング処理は実施いただきましたが。

19120074i.jpg



5時間がかりで分別完了。処理に出す前にどこの部位の部品なのかをすべてメモしてから出しましたので、時間こそかかりましたが、きっちり分別できました。

19120075i.jpg




エンジンのマウントボルトは無電解ニッケルで仕上げました。ちょっとしたアクセントです。
対するボルトを黒亜鉛で仕上げたのは失敗ですが(-_-;

19120068i.jpg



全部ひっくるめると5万近くコストがかかりましたが、車体を綺麗に見せるためにも、部品の耐久性を考えても必要なコストです。
200万円未満でフルレストアとうたっている旧車が不可思議に思えます(やることやってたらあんな金額に収まるわけが…)




今年も「4時台に更新されるブログ」として通勤電車のお供にしていただけるようネタを提供していきたいと思います。

情報提供を惜しまぬ姿勢を継続したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(u_u)m



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト