FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.10
22

TB:0
04:02
Category : XLR80R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヤフーストアの閉店に伴いにえガレのフリマに移行します。

《関連記事》
ヤフーストアの閉店に伴うにえガレの対応

A.S.H.やRZ用スライドメタルなどをお求めの方は、ぜひご利用くださいm(u_u)m





XLR80Rのシートの話しの最終回です。

 ・XLR80Rのシートを加工(その1)

 ・XLR80Rのシートを加工(その2)


IMG_6505i.jpg



最終回は、実際に走らせてみてどうだったのか?です。

まず、お尻へのフィット感が格段にあがりました。


STDのシートは、



こんな感じで、少ない面積の上に全体重がかかる形状でした。


改造後はお尻全体をふんわりと支えてくれるようになりました。

形状を変更していてわかったのですが、STDのシートは体を左右に支えることもできないんですね。
シートの上で左右に動き回るには適していると思いますが、そんなシーンで走ることは(私の場合)まずありません。


ドンっと座ってしまえばめちゃくちゃ体が安定しています。


上記の特性に寄与したオーダー内容はこのようなものです。

1.座面を広げた
 着座面積を増やすことで、応力を分散するのが目的。
 具体的にはラウンド形になっている上面を角ばった断面にすることで横方向に広げた。

2.低反発ゲルをいれた
 お尻へのフィット感をあげるために採用した。


いずれも有効でした。

ただ、やや不安があったのは2.の低反発ゲルです。
お知りにフィットしすぎてしまう&柔らかくなることで、シートからの情報量が減りやしないかと不安だったのです。

結論、XLR80Rに関しては問題ありませんでした。


ただ、よくも悪くも尻馴染みがよいので、シートの上で動くときにワンテンポ遅れます。ハングオンする人には不向きっぽいです。
ホケーっと走るには最高なんですけどね。

うちの車両でいうと、RZや900Rにいれるのは躊躇するかなぁ。KZ1000には入れてみたいですね。



あと、座面をあげたのはどうだったのか…。

具体的にはこのようなオーダー内容です。

3.座面をあげた
 XLR80Rのシートスポンジは、腰がないので(古くなってヘタっているだけかもしれません)、着座すると座面がさがります。
 動的な着座位置がやや低く感じられるので、10mm程度スポンジを盛ってもらった。


結果、動的な着座位置があがったことで、車体の動きがシビアになりました。
タンクとの位置関係も微妙にズレたので、フィット感がやや悪くなりました。
(ノーマルは本当によく考えられています!ちょっと感動)

走り出したときは「やりすぎちゃったかな」と感じたのですが、ひざの曲がりが緩やかになったので、ひざの疲れが軽減しました。
車体の動きのシビアさは30キロも走れば慣れますので、恩恵の方が大きいですね。
(900Rから乗り換えたときは、ちょっと気を付けないと)

STDのシートだとワインディングにつく頃にはお尻が痛くなり始めていました。
距離にして30キロ、時間にして1時間弱です。

それが改造後は「まったく痛くない」んです。

今までなら気がなえ始めていたところを「よっしゃ、走るぞぉ!」と気持ちが高揚するんです。この差は大きい!

初回のテストでは、140キロ走りました。
時間にして5~6時間くらいだったと思いますが、お尻は殆ど痛くなりませんでした。

STDシートで100キロ走るよりも、はるかに楽です。
STDシートの場合、数日間お尻の痛みに苦しんでいたのに、このシートだと翌日お尻が痛みを感じることがないのです。


気になる費用ですが、
 形状変更 16,000円
 低反発ゲル加工14,000円
 レザー張替え 11,000円

と、4万を超えるコストがかかっています。


正直、安くはありません。
が、他は気に入っているのに、シートの形状のせいでお尻が痛くて…というバイクって多いと思うんです。

見た目はともかく乗っている間、ずっと快適なんですよ。
私はこの投資のおかげで、XLR80Rがますます好きになりましたし、乗車頻度もあがりました(^^)

興味を持たれた方は、Nie's garageまで、ぜひご相談ください。


足回りの仕様変更をしてから、RZのシートの高さが合わないなぁと感じるんですよね。
加工しちゃおうかなぁー



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト