FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.12
19

TB:0
04:03
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



TCVに続いて、今度はAVDSの検証です。
私はリアル世代ではないので、分からないのですが、900Rが発表されたころ、この機構はセンセーショナルな扱いをされていたのでしょうか…。

前回の記事で紹介したとおり、AVDSは朽ち果てておりました。

17086382.jpg



この画像でみえているのはブレーキフルードにさらされる側です。

フォークオイルの経路も確認しておきます。


錆びついたサークリップを外しました。小さなプラハンでコツコツ叩いてみましたが、微動だにしませんヽ(;▽;)ノ

17086425.jpg




反対側から攻めますかー。
なるほど…調整ダイヤルはこうなってるのね。ダイヤルの先端の山の高さが違っていて、金属製の凸を押し下げするわけだ。
ちなみに、コチラ側も固着していました。

17086422.jpg




破損させない程度にコツコツ打撃を与えて続けていると、ようやく分解できました。

17086423.jpg




一番右側にみえるバルブを押し引きして、減衰を調整するようです。


うーむ。なるほど。オイルの流れは分かりました。ちなみに本体側は嵌め殺しになっていて分解できないようです。

17086427.jpg








AVDSはキャンセルするとして、どうやってやるのかを考えます。

17086430.jpg




当初、写っているふたつの穴と穴の間にフライスで溝を作って、適当な蓋を作ればいいかな?と考えていました。
ですが、分解してみると、慎重に事を運んだ方がいいかな?と感じました。

穴は、ロックピースで覆われた中というか奥まったところにあります。また穴自体も小さめです。
なので、もしかして他に経路があるんじゃないかと。

17086458.jpg

17086459.jpg




ということで、宇宙人の顔?みたいなこの部分の、オイルの流れを調べてみることに。


まずサービスマニュアルから。

組立手順のところに図がありました。が、これじゃなんのこっちゃ分かりません。

17086443.jpg



仕方がないので、ネットで漁ります。

advs_171216.jpg




なるほど。やはりロックピースの奥にあるシートパイプの穴(以降、経路A)しか通り道はないようです。
考えてみりゃ、AVDS本体が(その調整の程度はどうであれ)一定の減衰力を発揮している≒下流の経路Aでは流量が抑えられているので、穴が小さくても問題ないのでしょう。



通常、PDバルブを装着するときは、既存の圧側減衰機能を無効化します。
そうしないと、要素が複雑化し、PDバルブを活かしきれず、セッティングも難しくなるからです。

900Rに適合するPDバルブのサイズは「29mm」です。取説では、8mmの穴を6つ作れとあります。

R0015965.jpg




900Rは、穴径5mmが4つです。

17086454.jpg

17086455.jpg



うーむ。ここに8mmの穴を6つもあけるのは、どう考えても怖いし、無理がある。
現実的には、穴数は4つのまま穴径を拡大したり、面をとったり、長穴にするくらいか…。



話しを最初に戻します。

上流の経路が変わらないなら、下流の穴を拡大しても意味がありません。
また、フォークが伸縮方向に動いているとき(=圧側)のオイル排出口にあるTCVを撤去し、PDバルブに入れ替えるのだから、間に何もない方がいいと思います。


ん?ちょっと待て。

17086430.jpg



AVDSユニット云々の前に、ここの穴径も制約条件じゃないか。

この穴は約11mm。面積は95mm^2です。


シートパイプの穴は5mmが4つだから、面積は80mm^2です。
上流がやや大きく、下流がやや小さい。ってことは、シートパイプの穴をがんばって大きくしたところで、ほとんど意味がないことになります。

PDバルブの取説にある、8mm×6個の面積は300mm^2。
つまり、まったく足りませんので、ヘタにシートパイプの穴はいじらず、PDバルブをセットするのがよさそうです。


AVDSユニットを撤去すべきかどうか悩ましいところですが、とにかく、一度やってみるしかありません。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト