FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.12
04

TB:0
04:02
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



900Rのステムベアリングは、テーパーローラーベアリングです。
そう、私の嫌いなやつです(笑)

そもそもテーパーローラーベアリングは、同じ筒に背面合わせで使うものです。
同じ筒=軸心が同じなので、有効に機能します。

バイクのステアリングヘッドパイプの上下のベアリングシェルも、見た目は同一軸心にあります。

が、ワンチャックで加工できるような形状ではありませんし、何より距離が離れています。
加えて内径側に挿入するステムシャフトの芯(≒曲がり)もゼロではないでしょうから、条件としては不利です。

ようするにテーパーローラーベアリングを用いる環境としては、あまりよくないということです。


先日、KZ1000のフレームを見てくださってる方と、こんなやりとりをさせてもらいました。
「ネック周りを溶接したときの熱で、ベアリング周辺にも熱が入りますよね?抜けてしまったら、そのままにしておいてください」
「捨てちゃうんですか?」
「はい。今ついてるのはテーパーローラーなので。使いたくないんです」
「好みじゃない??」
「はい。上と下でこれだけ離れているので、軸芯の精度がでているとは思えないところに、背面合わせ前提のベアリングは使いたくないですね」
「それに気が付いてる人は意外と少ないですよ」


フレームとしっかり向き合っている方のご意見なのでとても参考になりました。





テーパーローラーが純正採用されていないモデルには、STDのボール&レースを使うべし!というのが私の持論です。

線接触のテーパーローラーよりも、点接触(鋼球)のアンギュラの方が、調整代が広いのは事実ですが、背面合わせ前提という意味ではアンギュラコンタクトタイプも同様です。
ボール&レースをわざわざアンギュラに置き換える必要があるのかないのか…。

「カッコン」症状がでるまでの期間が、アンギュラの方がやや長い気はしますが、その差はわずかです。
少なくとも数倍の開きはありません。こまめにメンテすれば解消するわけで、現時点では明確な答えを持っていない、というのが正直なところです。



さて、肝心の900Rです。STDは上下共にテーパーローラー…。

「テーパーローラーだけは使いたくない!」

これだけははっきりと言い切れますので、流用可能なベアリングを探しました。
GPZ750Rのステムベアリングを交換した際にも探したのですが、ずいぶん時間も経っていますからね。

結果は、当時と同じで、上はあるけど、下はありませんでした。


調査結果を書いておきます。

GPZ900Rに採用されているテーパーローラーベアリングの外部寸法です。
(以降、内D×外D×高さHで表示します)

上 25×47×15 ★
下 28×52×16.5


YAMAHA XJR1300
上 93399-99931 25×47×15 ★
下 93399-99932 30×55×17

SUZUKI
上 09267-25009 25×47×15 ★
下 09267-30010 30×55×17

上 51643-40502 シール,ダスト
下 51644-12C00 シール,ステアリングロア


★で示したものが互換性あり!です。

ご覧のとおり上側のみとなります。
下側もYAMAHA(YZ125など)で近似サイズがあったんですけど、残念ながらテーパーローラーでした。






部品を調達しました。まず上側から。

SUZUKIの部品です。理由はYAMAHAより安かったから。

17086311.jpg



下側は、STDです。しゃーねーっすねぇ。

17086312.jpg



最後にコレ。上側のベアリングに装着するダストカバーです。

17086313.jpg



750Rをさわったときに、カバーの裏にラバーシールがついてあったんです。
雨水対策としては意味があるんだろうけど、可動部分にシールがあるのはね…。

しかも、ステアリングヘッドパイプって塗装してありますよね。外周が均一ではありません。
そんなところにラバーがあるのは、ちょっとなぁと。


ということで試しにとってみたんです。
まだ分解してないから使えるかどうかは不明ですが、予想どおり?ラバーシールのないシンプルな構造でした。

そのかわり、樹脂で貧弱な部品ですが(笑)
ま、見えないところだしね。


ということで、部品は揃いました。
フレームはお化粧直しもしますので、そろそろ分解しないと、ですね。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト