FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.11
24

TB:0
04:01
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回の記事です。

仕事の関係で、1.5日ほど放置しました。その間、熱帯魚用ヒーターが故障したようで、処理液がすっかり冷え切ってしまいました。
80度くらいある状態で放り込んだのがいけなかったのかもしれません。

17086205.jpg




水を抜いたり、張ったり「待ち」の多い作業ですから、塗装ブースづくりと並行で進めます。
邪魔なGX750は作業場から追いだします。

17086206.jpg



散水栓を使おうとフタを広げたら、鋼球がでてきました。
これって…そう、こないだタンクキャップを分解・撮影しているときに飛んで行ったアレです。
シャッターにあたる音がしたので周囲を探したんですけどね。まさかシャッターの外に転がっているとは思いもよらず…。そら、こんなところに入りこんでしもたら見つからんわ。

17086207.jpg



処理液を抜き、マジックリンで洗浄します。マジックリンは洗浄力もさることながら、泡が細かいので隅々まで行き届くので効率がよく重宝します。

17086208.jpg



異物を抜くには大きな泡の中性洗剤が適していますので、中性洗剤で洗浄したのち、しつこいくらいにゆすぎまして(5回くらいです)、乾燥させます。
ヒートガン&エアを使って、手早く乾かします。

17086217.jpg




なんか塗装がやられてるっぽいことに気が付きました。処理液でアタックされたのか?!
しゃーないので、コンパウンドで磨いてみましょう。使うのは愛用のコレ。

17086218.jpg



実は今回、さびとるやんを使わなかったのです。作業予定日の数日前に、複数のオーダーを頂戴しまして、在庫がはけてしまったからです。
仕方ないので、Amazonで適当なケミカルを手配したのです。

17086219.jpg




調べてみたら硫酸を使ってるのね…。そりゃ塗料をアタックするはずだわ。あちゃー。
原液が垂れたところにいたっては、デカールが浸食されています。

気が付いたらふき取るようにしていたのですが…そういえば結構強く水拭きしないと、残渣が取れなかったので、おかしいなと思っていたんです。

強烈に錆びは落ちますが、これはあかん。



さびとるやんは塗装をアタックしない※し、濃度だって意識的に濃くしていませんので、こんなことは起こりません。
改めて、さびとるやんはすげぇなと思ったのでした。
(※錆のうえに塗料がのっている場合、錆もろとも塗膜が剥がれ落ちる場合はあります)


うだうだいってても仕方ありませんので、セッセとコンパウンドで磨きます。

17086221.jpg




最後に原液を投入して、リンス処理をしろと書いてありましたので、磨きと並行してやります。
が、タンク形状の関係で放り込んだ原液が抜けきりません。

仕方がない。こういうときは、ペーパーウェスを突っ込み、吸い取ります。

燃料計の穴から指を突っ込み「そこに水が通るように」タンクを動かします。
(車種によってはタンクキャップ側で、同じことをやる場合があります)

17086220.jpg



ペーパーウェスを3枚ほど犠牲にしたら、ほぼ水分は抜けきりましたので、ふたたび乾燥です。

17086228.jpg




時間がかかるので、車体にのせ、ヒートガンをひもで吊るしました。ひもの位置を調整しながら、時折左右・上下にふります。
なお、ヒートガンは冷風モードです。じゃないと、処理液がゲル化するらしい…。


なんだかんだで一日仕事でした。前処理から数えると、述べ工数2日コースです。

タンクの錆び落とし処理は時間がかかりますな。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト