FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.11
20

TB:0
04:02
Category : GPZ900R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



今日の記事はいつも以上に長いです。

まぁ、900Rは人気車種ですから、段階を経て面倒な調べものをせずとも「適切なワード」で検索すれば、ほしい情報にアクセスできると思います。

しかし、それでは再現性がありません。情報が見つからなかった場合に、解決する術がないからです。

今回は、私の備忘録的意味合いもあって、選定にあたり得た情報を漏らさず掲載しています。

私と同じように、不人気車種を愛する人たち(笑)に「こうやって調べたら、答えにたどり着くんだな」と思っていただければ嬉しく思います。






スプロケットの選定に際し、いくつも検討事項があります。

リアホイールを変更し、タイヤサイズが変わります。私が使うタイヤサイズだと、STD比で周長が4.5%短くなります。
なので、同じスプロケットを使うと、同じ回転数での速度は4.5%低くなります。

ということで、最適な減速比を探る所からはじめました。


1.減速比
自作のExcelツールを使って、計算してみると「ドライブはSTD」前提だと45Tか46Tあたりが「近似」になりそうです。
ショートはせせこましいので、ロング目の方がよかろう…ということで45Tで仮決めしました。

念のため、スプロケットの外周をみておきます。
これも専用の計算式で求めました。

16T 89.3
17T 94.5 ★STD
18T 99.6

44T 231.5
45T 236.6
46T 241.6
49T 256.8 ★STD

ドリブン側の径が約25mmも小さくなります。

私の900Rはリアサスを伸ばして、車高の帳尻をあわせようとしています。
スイングアームの上側の干渉がきつくなる方向です。

一方、スイングアーム下方については余裕が出る。

ドライブを18tにしてドリブンを大きくする方法もありますが、どちらかといえば後者の方が問題だと思いますので、一旦は「ドライブはSTDの17T」想定のままで先に進めます。

【決めたこと】 ドライブは17T、ドリブンは45T


2.チェーンサイズ
チェーンサイズをどうするのか?を決めなければなりません。

900Rのチェーンサイズは530。ハブ側はチェーンサイズ520のZXR400です。

スプロケットメーカーの資料とにらめっこして、データを揃えます。

調べ方としては、だいたいこんな感じです。
《ドライブ》
・900RのSTDである530のラインナップ
・520にコンバートする場合のラインナップ

《ドリブン》
・ZXR400用のラインナップ(つまり520)
・ZXR400と共用可能な530を採用する車種
・530にする場合のラインナップ

2.1 ドライブ側の調査結果
・530なら選択肢は豊富(当たり前だけど)
・520は、サンスター、XAMから出ている。
 どちらも「コンバート用」の設定で、純正流用は不可。
・サンスターは16T、17Tのラインナップ(型番3B7)
・XAMは16~18Tまであり(ZEP1100用として出ている型番は「C4419R」)

⇒その他にわかったこと。
サンスターの型番3B7で検索したところ、適合車種に面白い情報がありました。
・GPZ900R用 2.9mmオフセット(520)
・GPZ900R用 520コンバート用設定

ふむふむ…。ということは、スプロケットの形状は凸型ですね。こういうことです。
・フラットな面をエンジン側にもっていくと、標準オフセット
・ひっくり返し、凸になっている側をエンジン側にもっていくと、約3mmオフセット

さらに解説。約3mmオフセットが変わるのは、520と530の幅の違いによります。
 520の内幅:2.0/8インチ=6.35mm
 530の内幅:3.0/8インチ=9.53mm
(525の内幅:2.5/8インチ=7.93mm)

9.53-6.35=3.18mm幅が狭くなるということです。まったく同値とならないのは、チェーン内幅とスプロケットのクリアランスの関係でしょうか。
現物を採寸して検証しないといけませんね。


2.2 ドリブン側の調査結果
ZRX1200のドリブンがZXR400に流用できそうなことが分かりました。

XAMの資料では、ZRX1200に適合するのはA6402でした。
今度はA6402が適合する別の車種を探します。

たくさんあるうち、丁数が近いものを抽出しました。スチールを選択したいときは、これらの車種の純正部品を手配すればOKです。
・ZXR750 90-92 45T
・ZX-12R 00- 46T
・ZX-9R 94-97 44T
(XAMだとスチールの設定がなく、サンスターだとスチールの設定がありますが(型番JK-108)”45T”はラインナップにありません)


次に520の場合です。具合のいいことにZXR400用45Tなんですよね~。とはいえ、他にもないか調査しておきます。
・ER4N/ER6N 46T
・Ninjya400R/600R 46T
・Z800(13-) 45T
・Z750(04-) 43T

なるほどね~。現行車種があるから、心配なさそうです。
面白いのは、ずいぶん排気量の大きな車種が520を採用している点。もはや大型クラスでも(SSでもない限り)520で十分ということです。



2.3 チェーンの駒数
理屈を並べると、とっても長くなります。

XAMジャパンのサイトに便利なものがありますので紹介しておきます。
(ブラウザによっては、アクセスと同時にエクセルファイルがダウンロードされます。ご注意ください)
http://xam-japan.co.jp/link.xls

ここに所定の情報を放り込めば、必要なチェーンのコマ数がでてきます。

530 17T 49T 112L

5*0 17T 45T 110L と出ました。

46Tだと110.5Lと出ましたが、調整代もありますから何とかなるレベルだと思います。


ちなみに、520も530もチェーンのピッチは同じで、内幅が異なります。以下、参考まで。
 520の内幅:2.0/8インチ=6.35mm
 530の内幅:3.0/8インチ=9.53mm
(525の内幅:2.5/8インチ=7.93mm)

9.53-6.35=3.18mm幅が狭くなります。
幅の差をmmでみると小さな差に見えますが、比率にすると34%。結構狭くなるなと感じます。



2.4 考察
530も520もそれなりに選択肢があることが分かりました。

520にメリットあり!です。
私がもっとも着目したのは、「オフセットゼロ」と、「2.9mmオフセット」が選択できる点です。

ハブの座面を追い込まないといけないのですが、追込み量次第では「2.9mmオフセット」はとても魅力的です。

SPECさんのようにショップがKIT化している=流用実績があるので、追込み可能だとは思うのですが。
追込み量なんて少ない方がいいに決まってます。ボルトの嵌合長だって大きく取れますからね。


唯一の懸念は、”コンバート用設定”である点。
”調達の永続性”は若干不安です。そこは人気車種の900Rですから、当面は問題ないと判断しましょう。


【決めたこと】チェーンサイズは520


3.何を調達するか

《ドライブ側》

サンスター製をチョイスします。

型番は「3B7」です。丁数はSTD同様の17Tとします。


※備忘メモ
オフセット量を微調整する場合のシムサイズ⇒外径40.0、内径28.5



《ドリブン側》
具合のいいことに、入手したハブに45Tのスプロケットがついていましたので、新たに買う必要はありません(笑)

17085993.jpg



ま、中古ですからそのうち交換しますけどね。
走らせてみないと、2次減速比の良し悪しがわかりませんので。

2次減速比の目処がついたら、新規に購入を考えます。

サンスターのジュラルミンを使う場合、型番はRK-110になります。
(スプロケット内径:80mm、PCD:100/104mm、取付け穴径/個数:10mm/6個)


《チェーン》
520×110リンクです。110は市販の刻みどおりなので、無駄がなくて助かります。

メーカーはD.I.D一択です。

コストを考えると、価格と性能のバランスがとてもよいVXシリーズにしたいところですが、今回は530⇒520にコンバートします。

D.I.D.のカタログをみると、900ccに対応する520は、上位グレードのZVMシリーズのみ…。

何を根拠に排気量を選定しているのかわかりませんが(笑)、VXの520は650ccまでとあります。
あえて冒険することもありませんので、ZVMシリーズにしようと思います。






今日の記事は大きく2つの要素に分類できます。

タイトルどおりなのですが、GPZ900Rの17インチ化に伴うスプロケットの選定と、520チェーンへのコンバートです。
(前者はタイヤの外径差による検討です)


興味のない方には、長ったらしかったと思います。ご了承ください。



☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト