FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
03

TB:0
04:02
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ASウオタニ製 ASウオタニ SPII ハイパワーコイルキャンペーン中です♪

詳細はコチラ!



セラミックスエアー装置 エア・グーを導入しました♪

詳細はコチラ!





前回の記事です。
スフェリカルベアリングが機能しない構造的欠陥への対処(その1:カラーの製作)


前回は、カラーを製作するところまででした。
時間がかかってしまったのは「締結用ボルト」選定に難航したためです。


締結用ボルトの要件はこのようなものでした。

・セルフロックナットと併用
・セルフロックが機能するのに必要な長さがあること
・細目であること
・鋼製 (8.8 or 10.9)であること
・整備性を考慮し、頭の形は「六角」であること

並目やSUS素材ならそれなりに選べるのですが、場所的に細目は譲れないし、SUSなんぞ論外です。

要件どおりのボルトを設計し、ワンオフで作ろうと見積りをとってみました。払えんことはないけど、さすがに高い。
長めのボルトをベースに、ダイスでねじを作ろうかと思いましたが、ダイスそのものが高いうえに、ダイスで切ったねじは不安が残ります。


ねじ業者に相談したら「キャップボルトでよければ細目があるよ」と。


RZのリアサスはフェンダー内を貫通していますので、頭が六角じゃないとアクセスできないんだよなぁ~。

そのままでは増し締めなどの点検ができません。しかし、マーカーを使えば緩みの有無は確認できます。
また、どの道、上端を外さないとボルトは抜けないわけで、他の要件よりは優先度が低い。ここは妥協のしどころだと考えました。





スタンドも塗り上がったので、チェーンブロックで吊ってステップスタンドを外しました。
整備性はセンタースタンドが一番ですっ。

17085618.jpg



サス上端を外しても、通常のソケットレンチではキャップボルトにアクセスできません。
L型レンチをカットし、SST?を作ります。

17085619.jpg




サスペンションがまっすぐ、かつスイングアームの受けに「抵抗を伴わず、かといってガタなく」入るよう、カラーの長さを調整します。

文字にすると簡単ですが、そもそもベアリングが入ってるから真っ直ぐに保持すること自体が難しいですし、アームの受けも垂直・平行がでていませんから、現合で調整するしかありません。
自分のだし、私は頻繁に着脱するのでがんばっちゃいましたけど、一般的にはシムで調整した方が利口でしょうね(; ̄ェ ̄)


ボルトで締結し、サスを動かしてみてカラーが動かなかったら「OK」です。

マークした部分に着目ください。

17085623.jpg



カラーは動いていません。成功ですっ!

17085622.jpg




STDの構造だと、どうしてもガタがあったのが、まったくガタがありません。しかも動作は滑らかですっ!
手間をかけた甲斐がありました。





同じNITRONを使っている方から、リザーブタンクの取り回しについてお問い合わせをいただきました。

ベストなやり方は他にもあると思いますが、私のやり方を紹介しておきます。

外から見える場所につけるのは「いかにも」な感じがするので、見えない場所に収めたいと考えました。
そのため、バッテリーを小型の密閉式に変更し、空いたスペースにリザーブタンクを設置しています。

そうでもしないと設置スペースがなかったからです。
(容量はほぼ同等品です)

現在は、フルトラ化に伴い、電源をより安定させるためレクチファイヤレギュレータをMOS-FETタイプに変更していますが、しばらくはSTDのレクチファイヤレギュレータで使っていました。特に問題は確認されませんでした。



さて取り回しです。

まずリヤフェンダーのトンネルからリザーブタンクを取り回します。

17085624.jpg



サス本体をトンネルに通します。下端から取りつけないとボルトやシャフトが入りませんので、まだ上端は固定しません。
サスが落っこちないように、ナイロンの紐でくくりつけておきます。
(これはNITRONに限らず有効だと思います)

17085625.jpg



下端を取り付けます。

17085626.jpg



フェンダーのトンネルから出たあたりから、こんな感じで取り回します。

17085627.jpg



バッテリーや電装を固定するBOXの裏を通します。
(画像はBOXの右上端の固定部分)

17085628.jpg




FUSE BOXの上を迂回させます。ここ以外で取り回すと、サイドカバーが浮いてしまいます。
ホースは結束バンドで固定します。リザーブタンクはバッテリーの収まっていた部分の右側に穴をあけて取り付けています。

17085655.jpg



参考になれば幸いです。




☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
 作業依頼受け付けております(^-^)/
 お気軽にお問い合わせ ください。
 ~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑
スポンサーサイト