FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.07
06
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



サスペンション周辺をメンテナンスするには車体の保持方法から考えなければなりません。

今回は汎用のスタンドを使いました。高さをあわせてやれば、そこそこ安定していますが、だからといって過信は禁物です。
固着している可能性の高いボルトナットは先に緩めておくのがいいです。


R0019673.jpg



どうということもなく分解完了。手持ちの1KTのサスペンションと比較してみました。
あわよくばスペシャル品であって欲しかったのですが…。少なくともスプリングは、ノーマルと全く同じでした。

R0019676.jpg



この時代はF3仕様といえど、サスペンションもノーマルだったんですねぇ~。
そういえば、フロントフォークやフォークスプリングもノーマルでした。


車体についていたものが一番程度がよさそうです。

R0019678.jpg



予備品のひとつにはオイル漏れがみられます。

R0019677.jpg



オイル漏れがないものを2本選択。手前の汚れているやつもロッド周辺は綺麗だったので、ひとまずこいつを装着することにしました。
一度走らせてみてから、もう1本をオーバーホールに出すつもりです。

R0019679.jpg



今回は塗装部品がありませんので、油まみれの部品は、80度弱まで昇温したアルカリ系の洗浄液に放り込みました。
ちなみに、普段はこんなに汚い洗浄液は使いません。
再利用できることはできるのですが、何度も昇温していると濃度がかわっちゃって管理できないので、新しく作った方が確実だからです。

R0019681.jpg



さっぱりー。

R0019683.jpg



ニードルベアリングはパーツクリーナーとエアを使って、更にしつこく洗浄します。
綺麗になったようにみえても、結構でてきます。

R0019682.jpg



スフェリカルベアリングも綺麗になりました。結構ガタガタのものが多いのですが、この個体はよい状態を維持していました。

R0019684.jpg



レース仕様車だけあって、頻繁に整備されていたせいでしょう。カジリは皆無でした。

R0019688.jpg

R0019689.jpg

R0019690.jpg



スイングアームのピポットカラーがスイングアームよりも広いことを確認のうえ、軽潤滑状態でフィッティングし、ガタの有無を確認します。
入念にグリスアップした後だと、微細なガタを感じ取れないからです。

R0019685.jpg



RZのように幅広のフレームをピポットシャフトで変形させながら締め付ける車種もあります。
こういう構造だと、フレームの左右の平行が確保できず、スイングアームブッシュのサイドを綺麗に挟むことができない場合があります。

1KTの年式あたりからは、フレームとスイングアームの幅の差が小さくなりましたので、そういうケースは殆どありませんが…。

R0019687.jpg




グリスのテストのため、左右で異なるものを塗布します。次にあけるときが楽しみです(^^)

R0019691.jpg

R0019692.jpg



ちなみにグリスニップルは全く使いません。

内部を見てみるとよく分かりますが、潤滑が必要でないところばかりにグリスが充填されるだけです。
だいたい、反対側に抜ける構造になっていないのに、一方から押し込んだところで充填されるわけないですからね。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト