FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.02
10
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回の続きです。


詳細はあえて書きませんが、元は某社の純正部品だと思うんですよね(あくまで仮説ですが)。メーカーがこのような設定で出しているのだから、何か意味があるのだろう…また、私の見立てでは、競技車両用っぽいということもあって、「無効ストロークを詰めるために、ギリギリの設定にしているのかな」くらいに考えていました。


しかし、気になるもんは気になります。

そもそも理屈に合わない(気がする)ので、できそうなことをやってみることにします。



まず確認。レバーを装着した状態ではフルードが抜けません。レバーを外すと簡単にフルードが抜けます。
(余談ですが、装着時のエア抜きは、レバーを外した状態で負圧でひいてやりました)

R0018644.jpg



ピストンが押されることでこのような状態になっているのだから、ピストンが押されないようにしましょう。

このピンを「短く」加工しました。(画像は新品のときに撮影したものです)

R0017874.jpg



といっても、丸みを帯びた先端形状ですから、加工するのは大変でした。
(加工したのは向かって右側です)

R0018647.jpg



光明丹を塗布し、レバー側とのあたりを見ながら、形状を整えました。

R0018645.jpg



最終仕上げ。つるんつるんです。

R0018646.jpg


この加工によって「ピストンを押すことはないが、ガタもない」状態になりました。

もちろん、エア抜き作業は「普通」にできるようになりましたので、「この点においては」成功でしょうか。

こういう状態ですね。

R0018664.jpg



本来は断面をカットするなり、採寸して位置関係をみたいところですが…。いずれも現実的ではありませんので、機能的な確認にならざるを得ないのが残念ではあります。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト