FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
08
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



インナーチューブが再めっきからあがってきましたので、組立てます。
洗浄後、時間が経過しているので、再点検のうえ、エアブローで清掃しておきます。

R0017595.jpg



再めっきからあがってきたインナーチューブ。文句のつけようのない仕上がりですが、研磨工程ででる研磨粉が細かい経路に入り込んでいる可能性があるため、絶対にこのまま組んではいけません。外側が綺麗に仕上がっているからといって油断してはいけないということです。

R0017596.jpg


このフォークは、シートパイプに伸び側減衰用の穴がないタイプです。

R0017598.jpg


減衰力の発生に大きく寄与するフリーバルブ周辺。オークションなどで安く売られているインナーチューブの中には、このあたりの設計に怪しげなものがあります。手を出さない方が賢明です。

R0017599.jpg




フロントフォークのOHに関する問い合わせがありましたので、ここで回答させていただきます。

質問その1。まずスライドメタルの開口部の位置です。私は相対するフォーク側に開口部を向けるようにしています。開口部にバリやエッジがあるわけでもないので、それほど気にすることはないと思います。いわゆる気休め…。
なお、インナーチューブ側は、スプリングを入れない状態で、もっともスムーズに動作する場所にセットしています。

R0017600.jpg



質問その2。スライドメタルやオイルシールを打ち込むとき、SSTが支えるのだけどどうすればよいか?

サイズのあうワッシャを間にはさめばOKだと思います。私は綺麗なものをいくつかストックしているので、それを使っています。これから装着するものを使っても問題はないと思いますが、バリがある場合は取り除いてから使う方がいいですね。あと、抜き取るときに変形してしまったものは使わない方がいいです。

R0017601.jpg


2枚もはさめば十分打ち込めると思います。

R0017603.jpg



質問その3。シートパイプ下のボルト(インナーとアウターを締結する)が緩まず、なめそうで怖いがどうすればよいか?

R0017605.jpg


機能を考えると、こんなに太いボルトはいらないんと思うんですけどね。と愚痴を言っても始まらないので…。ご覧のように低頭ボルトが使われているので、レンチ側に一工夫した方が安心です。kokenから端部のRが殆どないものがでていまして、この用途には最適なのですが、わざわざ買うのもね…。

L型のレンチをカットしたものを使う方法はいかがですか。面取りせず、フラットにするのがポイントです。サイズのあうソケットと組み合わせれば十分使えますよ。

R0017606.jpg



あと、ワークをしっかり固定することが何より重要です。フォークアウター、シートパイプの回り止めを同時にやるのがベストです。インパクトレンチがあったとしても、バイスがないとしんどいと思います。(複数の手があればハンドツールでも何とかなるかも)

サービスマニュアルにあるような両手を広げた姿では、緩めたり、締め付けたりするのはまず無理です。なお、緩める側はともかく、締め付け時にはインパクトレンチを使うのは避けた方がよいです。






スプリングの設計に慣れてくると、スプリングをみただけで大よその特性がイメージできるようになります。

R0017607.jpg


このスプリングは、巻きの密度が異なる、いわゆるダブルレートです。巻き数を数えてみると…。粗いところと、密なところの巻き数が「ほぼ同じ」です。これって、強弱のレートが「倍ほど違う」ことを意味します。

このフォーク、一時RZに流用されているのをよく見かけました。強い側のレートはRZには強すぎると思います。つくかつかないかよりも、「特性が」合うか合わないかの方がよほど大事だと思うんですけどね。



油面を調整したら、スプリング、ワッシャ、カラーをいれ、トップキャップを締め付けます。ぎゅぅぎゅぅ締め付ける必要はありません。手締めでOKです。

R0017608.jpg


完成しましたぁ~。当時モノのカッティングシートは無事に残ってくれました。残ってくれるケースの方が珍しい…。塗装が傷んでいれば、塗装がはがれることだってありますからね。いやぁー、よかったよかった。

R0017609.jpg



同時にご発注いただいたA.S.H.のFSE10W-40を同梱しておきました。インプレ楽しみにしております~。

R0017611.jpg



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト