FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.09
22
Category : RZ250(4L3)
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



NITRONを装着して以降、天候や予定があわず、少々時間があいてしまいました。ようやく初ライドです。

またがったり、押してみた感じから出荷状態で走れそうだと判断し、いつものワインディングに向かいます。


走り出して思ったのは「腰高」であること。動的な高さを感じます。ストローク量が明らかに少ないです。
スプリングレートはOHLINSとさほど違いはありませんし、イニシャルもそれほどかかっていません。にも関わらずそのように感じるのはダンパーの違いによるものだと思います。


「!!!!」

九十九折れのタイトコーナー区間に入ると、歴然とした違いに驚きを隠せませんでした。もぅ、まるで別のバイクです。リヤだけでなく、フロントの安定感も際立っています。初期旋回の舵角の付き方からして全然違いますし、グングン向きを変えます。


市街地を抜け、次のワインディングに到着。1速と2速を多用するような場所です。
先が見えないので、出口が見えてからアクセルをあけるんですけど、開けても全然膨らまないのに驚きました。寝かしたままで開けるとググんと曲がりこむのです。もぅ気持ち言ったらありゃしません。今までより1段低いギヤでアケアケで走ってしまいました…。


途中で、アクセルを開けたときに感じる「力」の向きが違うことに気が付きました。アクセルを開けると、前にグッと車体を押し出すように力が働いている気がします。さらに、力の働き方が非常にダイレクトなのです。

リヤサスがググッと沈む「ため」がない…。今まではリヤサスの「ばね」が動く感覚があったのですが、このサスはちょっと違います。とても大きく弾力のあるゴムでググゥっと押し付けている感じがします。

路面が荒れているところで開けるとリヤタイヤが跳ねるんですが、横っ飛びしている感じがない(押し出す方向に飛んでいる?!)ので、まったく怖さがありません。直線を走っていても同様で、加速効率があがりました。

あと、フロントフォークの伸びも抑えられている感じがします。立ち上がりでフロントがフワつくこともありません。これも旋回力の向上に寄与していると思います。


誤解を恐れずにいえば、バイクはアクセルをあけている時が、もっとも安定する乗り物です。
アクセルを開けることによって生じるネガな部分が少なくなれば、開けて走ることにためらうこともありません。結果的に安定し、気持ちいい…。





和束のローソンプラス前を通ると、班長さんのZR-7Sがとまっていました。別に約束なんてしてないのに、すごいですねぇ(^^)

うだうだしたあと、和束~柳生~月ヶ瀬をご一緒したのですが、班長さんがミラーの視界から消えてしまうのです。

お互いに無理を強いない間柄ですし、自分のペースを崩されない方でもあります。つまりは、私のペースがあがっているということですね…。ミラーを眺めていると「にえさん、無茶したらあかん」という声が届いてきます。

「いや、これはいつもとちょっと違いますねん」と、頭の中で言い訳しつつ、アクセルをあける手が止まりません…。


月ヶ瀬に到着。後ろからみていた班長さんの印象は「動きが全然違う」というものでした。

感覚的には「いつもの半分くらいしか動いてない」「いつもならウニウニしているところでも安定していた」そうです。



荒れる兆候さえ見られなかったコンチネンタルのクラシックアタックの表情が、少し変化しているのが分かります。

R0017454.jpg





こんな風に書いちゃうとガッチガチな印象をもたれるかも知れませんが、走っていても固さは感じないんです。
突き上げたり、コツコツすることもありませんし、疲労の蓄積も感じません。

やはり設計が新しいというのは、圧倒的なアドバンテージです。

そもそもRZ用のOHLINSは、同社のラインナップの中では廉価版に位置づけされる製品です。さらに設計も古い…。
悪いサスペンションではありませんが、これとNITRONの最上に近いグレードと比べちゃかわいそうだよなってことです。



今までならブレーキをかけていたコーナーに、すぱーっとノーブレーキで進入しても何事もなかったように曲がりますからね…。
ゆっくり走っても悪くないし、パフォーマンスの向上は疑いようもないわけで、今まで何をやってきたのだろうと思ってしまいました。



限られた時間ではあったものの、あまりの楽しさに夢中で走ってしまったわけですが、私なりの課題がないわけではありません。


実は、一度も「セッティングを変更しようとは思わなかった」んです。

これって、今の車体の状態が、分からんことの表れなんですね。

『なんや分からんけど、安定していて、考えられないようなハイペースで走れちゃう』のは、どうも不安ですし、「これ以上やめとき」が分からないのは、私にとっては大きな問題です。怖さを感じないのが、何より怖い…。


動きが制御されていることは疑いようもありません。制御を緩め、どういう振る舞いをするのか確認したいと思います。せっかくの調整機能です。思う存分遊んでやりましょう!



ということで、改めて「慣らし」から始めます(。あまりの楽しさに忘れていましたが…一旦、全抜きにしてみるとしますか~。




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト