FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.04
15
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



おおよその検証は済ませましたので、いよいよ装着に移ります。

取扱説明書どおりにピストンロッドを加工します。加工するのは下部にあけられた圧側減衰を発生する「穴径」の拡大です。

R0015965.jpg


ノーマル状態は、この穴をオイルが通る際の抵抗で減衰を発生させています。これを拡大することで機能を殺してしまうことが目的です。
PDバルブに効率よく仕事をさせるためには、無駄な抵抗は不要ですからね。



ノーマルの穴径は6mmで、穴は4つあります。説明書にあるように8mmの穴を6つに加工します。

R0015966.jpg

R0015967.jpg



フライス盤を使って穴径を拡大&2つ新設しました。硬い素材ですから、最低でもボール盤がないと厳しいと思います。

R0015973.jpg



そのままだとバリだらけで使えませんので、リューターで面取りしたのち、旋盤に咥えてポリッシュします。





前回の記事で、もともと10mmのカラーでイニシャルをあげていると書きました。
PDバルブの(イニシャルに影響を与える部位の)厚みは14mmあります。差が4mmあるということです。

4mmもあがっちゃうのはイヤなので、ピストンロッドの登頂部を薄く削りました。
リング溝上3.6mmあったのを1.6mmにしましたので、2mm稼ぐことができました。

R0015975.jpg



トップキャップも削れたらよかったんですが、厚みがなさすぎました。
他にもやりようがないわけではありませんが、ちょっと大掛かりです。一度組んで、走って、不具合があれば考えることにします。


削ったままではガサガサしているので、ポリッシュしておきましょう。スプリングが動作するとき、ここと擦れあいますので、フリクションが少ない方がいいですからね。

R0015976.jpg

R0015977.jpg



そうそう、ピストンロッド頭頂部の内径とPDバルブ下側の外径のマッチングは問題ありませんでした。
物によっては、アダプターを製作しないと装着できない場合があるので、ホッとしました。

R0015969.jpg

R0015971.jpg



エア抜きをやってからバルブを投入しないとエア抜けが悪いです。

R0015978.jpg



そのうえでバルブを静かに沈めます。エアが抜けるのはこの小さな穴と、PDバルブとフォーク内筒のすき間だけなので、エアを抜きながら沈めてやろうということです。

R0015963.jpg

R0015964.jpg


なお、フォークオイルは、従来どおりA.S.H.の#33を標準油面で投入しています。






その日のうちに試運転を行いました。

詳細なインプレは別途としますが、一言でいうと「すばらしい」。


PDバルブそのものは12,000円。この金額でこうも豹変するのですから、コストパフォーマンスは抜群といえます。



作業に要した時間は、朝の10時から初めて、14時に終わりましたので、4時間ですね。

内訳は以下の通りです。
・加工を除いた分解&組み立て … 1時間
・装着に伴う加工 … 1.5時間
・事前検証&初期設定 … 1.5時間


手間がかかるのは、事前検証と諸加工ということですね。
自分で整備している車両なので、フォークの分解&組み立てには、ほとんど手間がかかっていないのがポイントでしょうか。

無整備状態の車両だと、部品の洗浄や手直しが入るので、もう少し手間がかかると思います。


次はインプレ編です(^^)



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach







スポンサーサイト