FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
07
Category : DT200R / LANZA
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



DT200Rの腰下オーバーホールをご依頼いただきました。

3ETは、私が乗っていたDT200R(37F)の後継機種にあたります。
フロントフォークの調整機能の廃止などはみられるものの、車両全体のパフォーマンスは比べるまでもなく、とても魅力あるマシンでした。「普段使い」の延長でオフロードを楽しむなら、DTシリーズの中で一番いいんじゃないかな?と思うほどです。

残念なことに程度のよい車両は殆ど見かけなくなりましたが、今でも欲しい車両の一台です。





かつては、エンデューロレースに使っておられた車両とのことです。
久しぶりに復活させてやろうと腰上を分解したところ、コンロッドの触れに気がつかれたそうです。


届いたエンジンです。しっかり汚れを落としてくださっており、大変助かりました。

R0015360.jpg


固着したマグネトを外すと…。錆びてますね。

R0015361.jpg


このエンジン、とにかく、あちこちに錆がでているのが気になりました。



冷却経路もこの状態。インペラシャフトもシールも完全にアウトです。

R0015363.jpg



クラッチディスクも錆びっ。バクテリア臭がします。ミッションが錆びてなければいいのですが…。

R0015365.jpg


クラッチハウジングに段付き磨耗がみられます。ハウジングそのものにガタはないので、交換するかどうかは微妙なところです。ハウジングは値がはりますからね…。
後から交換できるので、ひとまず洗浄して使うことにしましょう。しかし、部品が出なくなると大変なので、折をみて交換されることをお勧めいたします。

R0015366.jpg



シフトシャフトはそれほど痛んでいませんね。それほど高くない部品なので交換しておきます。
あと、シフトシャフトを交換する際には、根元のばねも交換するのがベターです。走行中に折れると厄介ですから。

R0015367.jpg



ハウジングの奥はコニカルワッシャです。張り付いているので忘れず取り除き、組みつけないといけません。
ちなみに、多くのモデルでは、もっと分厚いワッシャが使われています。珍しさを感じる部分です。

R0015368.jpg


クランク右端に取り付けられたカラーです。オイルシールとの接触で段付き磨耗しています。交換ですね。

R0015369.jpg



スタッドボルトはともかく、ダウエルピンがこの有り様では腰上を組むことができません。
ピンを外すにはスタッドボルトを抜かなきゃいけません。かなりの熟成度合いなので慎重にあたりたいと思います。

R0015362.jpg





さて、いよいよクランクケースを分割します。分割にはSSTを使います。

R0015371.jpg


SSTを過信するのは禁物です。クランクシャフトはケースの前方にあります。ケースの前方だけをグイグイ広げるのはよいことではありません。全体が均等に広がるよう、プラハンでアシストしてやります。



シフトドラムのセグメントがケースと干渉しないように位置を調整してやらないとケースを完全に分割することができません。ケース分割中は、ドラムを回しづらくなるので、あらかじめ調整しておくといいです。

R0015372.jpg



うげぇ。マウント部分に入っている部品です。

R0015373.jpg



クランクはピンが若干抜けていました。ガタの原因はこれですね。
元気にぶち回してもあっていたのでしょう。幸せなエンジンです(^^)

R0015374.jpg


心配していたミッションは、非常に綺麗でした。ほっ。

R0015375.jpg


分解しないと交換できないシフトフォーク。部品がでるうちに交換ですっ。

R0015376.jpg


シフトフォークを通すシャフトにバリがありました。こいつのおかげでミッションは右側のケースについてきました。高くない部品なので、修正せずに交換します。

R0015377.jpg





クランクのサイドベアリングはガタガタです。
消耗もさることながら、錆びもでています。不動車の多くが陥っている状況です。
キックが下りるからといって安心してはいけません。

R0015378.jpg


クランクベアリングの錆びは、バカにできません。
長期の不動期間からおこしたエンジンから「ガラガラ」異音がでたら、分解して点検すべきです。

そのまま乗っていると、ベアリングが粉砕⇒エンジンブローにいたります。甘い判断は、怪我の範囲を増やすだけです。



オイルシールが外れず苦労しました。ケースを暖めて何とか外せましたが…。
外してみると、腐食生成物でがっちり固着。シールも硬化してカピカピでした。このまま乗っていたら2次エアを吸い、焼きつく可能性が高かったでしょう。

R0015379.jpg





3ETにおいては、腰上の部品で「販売終了」が出始めています。ピストンが手に入らないのが痛いところですね…。

腰下については、ほぼ揃うようで安心しましたが、これもいつまで続くことやら…。

DTに限ったことではありませんが、長く乗りたいなら、早めにご決断されるのがよいと思います。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ ください。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト