FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.10
23
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



できあがってきたマニュアル式カムチェーンテンショナーを取り付けます。


その前に、1000キロちょっと走ったのでバルブクリアランスをチェックしておきます。

R0014063.jpg


クランキングさせ、圧縮上死点にしてからテンショナーを外します。

R0014065.jpg


取り付けそのものは簡単です。黒にして正解。なかなかカッチョいいではないかっ!

R0014069.jpg


アジャストボルトのキャブの隙間が小さく、キャブを装着したままだと手で回しづらいので、アジャストボルトを薄く削りました。
あと、本体もここまで分厚くなくてもいいですね。調整のやりやすさを考えると、量産型はもう少し薄くしたいと思います。





さて、張り具合の調整です。

ノーマルのカムチェーンテンショナーの「チェーンの張り具合」を確認しておきます。意外とパッツンパッツンです。


ほぼ同じように調整し走り出すと、当たり前ですが、ノーマルと同様に走ります。
高めのギヤ&低速で走らせるとチェーンのバタつきが軽減されることを確認しました。効いてますね。しめしめ…。



せっかく調整できるのですから、張り具合を強弱の両方に振ってみることにしました。


アジャスタボルトを手で「普通」に締め付けられるところまで締め付け、半回転(P=1.5mm)戻した状態で走らせてみました。
カムチェーンの音がジャラジャラとうるさく、回転も明らかに重い。5分ほど走らせましたが、とても使えたものではありません。

注:あくまでテストです。張りすぎはカムのジャーナルやベアリングを痛めるので厳禁です。



カムチェーンの音が小さくなるまでアジャスターを半回転ずつ緩めていきます。走っては調整を繰り返していくと、あるポイントから回転が滑らかになるのが「はっきりと体感」できました。巡航が気持ちよすぎるのでアクセルがドンドン緩みます…。


アクセルを急閉し、再びパッと当てたときのエンジンのツキも実にマイルドです。


少々意外だったのは、ノーマルと同様の張り具合よりも「緩め」だったこと。

カムチェーンの張り具合には諸説あるようですが、エンジンが喜んでいるのは疑いようもありません。


このパーツを使ってみてよく分かったこと。

 ・音が鳴っているから「緩んでいる」と安易に判断してはいけない
 ・「チェーンのバタつき」と「ジャラジャラ音が鳴る」原因は切り分けた方がよい



チェーンのバタつきは「押し戻された状態」で発生し、音は張りすぎても緩すぎても出る可能性がある…。

私の固体に関しては、「リジット構造となることで押し戻されない状態」にし、音が生じないよう「緩め」に調整することで解決できたということでしょう。


そうそう、オートカムチェーンテンショナーといっても色んなタイプがあります。
 ・スプリングで支えるタイプ
 ・ノッチがついていて、一度出たら「戻らない」タイプ
 ・スプリングで調整後、ロックナットで固定するタイプ


目的は同様でも構造の違いにより出てくる挙動は必ずしも同じにはならないはず…そんなことも考えさせられました。


蛇足ですが、伸びきったチェーンの緩みを是正するためのパーツではありません。それはまったく別の問題として対処すべきです。




調整方法をまとめます。

外から調整できますので、調整そのものは難しくありません。


・プラグを外す

・ヘッド左のカバーを外し、圧縮上死点を出す

・ノーマルのテンショナーを外す前に、チェーンの張り具合を確認しておく

・テンショナーを取り付ける(アジャストボルトは十分緩めておく)

・アジャストボルトを「手で」ねじ込んでいく

・先端がスライダーに当たった位置(a)をチェックした上で、手で締めこめる限界(b)を確認する

・(a)と(b)の中間地点(ラフで可)に調整し、ロックナットを締め付ける

・実走しながら、アジャストボルトを半回転ずつ緩めていく

・回転が滑らかになるポイントを探す


なお、回転が滑らかになるポイントから更にアジャストボルトを緩めても明確なフィールの変化はありません。
別の言い方をすれば、どこまで緩めてよいか判断ができないともいえます。

よって、滑らかになるポイントに差し掛かったら一旦は「そこでOK」と判断して差し支えないと考えます。





結論。このパーツを作ってよかったです。


乗り込んでいくと、ふとしたところでパフォーマンスの向上を感じ取っていただけると思います。

回転の滑らかさであったり、急閉からパッと当てたときのツキの柔らかさであったり…。

レデューサーを装着しているので、元々ノーマルより「かさ上げ」されている状態に、ますます磨きがかかりました。


何よりよかったのは、カムチェーンの張り具合の強弱で何がどう変わるのか「体感」できたことです。

単にパフォーマンス向上を目的とされる方はもちろん、「実験」を楽しんでいただける方に強くお勧めしたいです(^^)




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト