FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.09
26
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



エンジンを組んだばかりなので、慣らし運転中です。

今回、慣らし運転中の走行モードを以下のように決めました。

 ・アクセル開度は1/4以下
 ・回転数は4000rpm以下


この走行モードで500キロ走ってみることにしました。

開度1/4といえば、スローの領域です。


慣らしは退屈ですが、せっかくだしスロー領域のセッティングに勤しむことにしました。
辛い慣らし運転も、セッティング遊びと割り切ってしまえば、実に楽しいです。


さて、キャブレターセッティングにおいて、開度を強く意識することは極めて重要です。
スロットル部分に、このように印をつけておかないと、開度を正確に把握することはできません。

R0013751.jpg


1/4以下といっても、様々な走行モードがあります。
例えば、1速でクラッチをミートした瞬間の「つき」であったり、高めのギアで巡航するときであったり…。

走るルートを決めて同じ走らせ方をするのがベターです。私の場合、毎日同じルートを走っているので、ちょうどよかったりします。
しかも都合のよいことに、渋滞しているところ、周りを気にせず(好きな速度で)巡航できるところがあります。セッティングにはうってつけです。


まずPJの番手を決めるところからセッティングを開始します。

R0013750.jpg


キットに付属している#38を基準にしました。


「これが普通だよ」といわれたら多くの人が納得してしまうだろうな…。それくらい普通に走ってしまいます。

1速、2速、3速、4速…各ギアで「開度1/8~1/4」あたりの挙動を徹底的に観察していると、5速と6速で巡航したときに少しシャクル感じがあります。
もう少しガソリンを増やしてやった方がよいと感じました。

あと、油温の上昇が早いのが気になります。エキパイの色をみても排気温度が高そうです。



さっそくPJを#40にしました。#38でやったのと同じことを淡々と繰り返します。さまざまな観点から「コッチがよいな」と結論付けました。
一例をあげると、高いギアで巡航したときの しゃくりがなくなったこと、油温の上昇速度が穏やかになったこと、回転落ちが自然になったこと…などがあります。


よくなったからといって、そこでやめてはいけませ。さらに上の#42を試します。


これはエンジン始動すらままならず、即アウト!でした。

PJに関しては、実に良否が判断しやすいなぁと感じました。


ところで、いろいろ試したうえで、感じたことがあります。

PWKの場合、ASの戻し量は「おのずと決まってくる」ようですね。

どういうことか…ASの戻し量を変化させてもエンジンの回転数に変化が生じないPJが「使えるPJ」ということになります。
(結果的に使えないと判断した#36や#42では、ASを調整しても、アイドリング状態におけるエンジンの回り方に変化がなかった)


あともうひとつ感じたのは「使えるPJ」の場合、ASの戻し量は「ここがベスト」というのがアイドリング状態で診断できるという点。
VMの場合、実走して「これもありだな」みたいなのがあるんですが、PWKの場合、実にあっさりしています。




セッティングとは自ずと決定されるものではなく、積極的に行うものである…これが私の認識です。

そして私はセッティング作業には大きく2つのフェーズがあると考えています。というか認識するようにしています。


具体的には、
「使える範囲を把握する」フェーズと、
「範囲の中で、どこにするのかを選ぶ」フェーズです。


範囲を把握し、どこにするのかを選ぶ…のですから、一般的によく使われる「セッティングを出す」という表現には違和感を覚えます。
使うことができる ふたつのPJがあり、最終的にはどちらか一方を「選ぶ」のですから「出た」という表現は、相応しく思えません。


さて、これまでの状況を整理しましょう。

スロー領域におけるセッティング作業の結果、

・私のエンジンに使えるPJは#38と#40
・現時点では#40

付帯事項として、
・ASについてはアイドリング状態で診断(もっとも回転数が高くなるところ)

ということになります。




この記事を書いている時点で、500キロの慣らしを終えました。

400キロ走行あたりから、開度1/4以上を試し始めたのですが、ここでも「キットの標準指定」は薄く感じてしまいます。

ここから先は次の段階です。新たな走行モードを決め、取り掛かることにします。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト