FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.09
12
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ヘッドに関しては不具合もなく、距離もさほど走っていませんが、せっかくバラしたので分解、洗浄しておきました。
ある特定の個体を何度も分解して組んでいると、色んなことに気が付きます。エンジンに限った話ではありませんが…。

R0013478.jpg


どうってこともなくヘッドは完成。

R0013480.jpg


あとは、シリンダーがボーリングからあがってくるのを待つばかりです。




シリンダーがボーリングからあがってきました。

R0013541.jpg


ピストンを計測します。70.408mmでした。ピストンに合わせてボーリングしているので、あまり気にする必要はないのですが、今後、どれくらい消耗したのかを判断したいのでデータとして残しておきます。

R0013542.jpg


肝心なのはシリンダーとのクリアランス。ボアゲージで計測。指定したとおり0.040mmでした。
(円周、および縦方向に数か所計測しています)

R0013545.jpg


スリーブ厚も計測しておきます。片方が丸いマイクロメータを使います。

R0013606.jpg


2.5mmくらいですね。

R0013607.jpg


リングの合口も計測しておきます。なかなか優秀です。

R0013609.jpg


組んでいきましょう。

R0013598.jpg


リングをつけておいたピストンを取り付け、シリンダーを装着します。

R0013612.jpg



サービスマニュアルでは、シリンダーを装着した段階でシリンダーをクランクケースに2本のボルトで締め付けるよう記述されています。

R0013618.jpg


でも、そのボルトは2本ともカムチェーン脇にあります。つまりエンジンの一番端っこです。

R0013617.jpg


そしてボルトと反対側にはOリングが取り付けられています(車体の右後ろの位置)

R0013614.jpg


この0リングはヘッドへのオイル経路をシールするためのものなので、ここにしか装着されません。
(スタッドボルトとシリンダーの間をオイルが通る)


件の2本のボルトを締め付けていない状態の合わせ面の状態。
分かりづらいですが、Oリングのある側の方が、やや大きく浮いています。

R0013615.jpg


ここで2本のボルトを締め付けても、反対側にあるOリングは潰れてくれません。つまり、シリンダーが左側に傾いた状態で固定されることになります。


何とも気持ちが悪いので、このボルトは後で締め付けます。

ボルトを締め付けることによって得られる軸力はバカにできません。

…M6のボルトを10N・mで締め付けると750キロくらいの軸力が発生。
…M8のボルトを20N・mで締め付けると1.3トンくらいの軸力が発生。

締め付けトルクと軸力の間には様々な要素が絡むので、あくまで「参考値」ですが、部品を容易に変形させるレベルにあることは認識しておいて損はありません。



話しを戻します。ヘッドを載せてしまいます。

R0013619.jpg


軸力を安定させるためにスレッドコンパウンドを塗布します。毎度のことだけど、長いボルトだなぁ…。

R0013620.jpg


位置決めのためにクランキングしながら、メインとなる4本のヘッドボルトを締め付けていきます。
カムチェーンには適度なテンションを与えておかないとスプロケから外れますので、チェーンを手の上で滑らしながらクランキングします。

R0013621.jpg


シリンダーとヘッドの位置が決まったら、シリンダーを固定する2本のボルトも徐々に締めこんでいきます。本締めは件のOリングが潰れ、ヘッドガスケットが潰れ始める直前あたりに行います。

R0013622.jpg


あとはパパっと本締めしてエンジン本体は完了です。




ところでPWK化するとキャブの前後長が短くなるため、ダクトの長さが足りなくなります。


キットの説明書では「ちょっと引張ってつけてね」と書かれています。今までつけていたダクトは硬く短くなっていたので、引張ってつけるのはかなり大変でした。

新品のダクトに交換します。新旧の差は明らかです。

R0013599.jpg


これだけ縮んでいました。

R0013600.jpg


とりあえずつけた状態。

R0013631.jpg


心持ち引張り、バンドを締め付けた状態。

R0013632.jpg


引張ってつけるなんて方法はあまり好きではないけれど、これくらいなら我慢できるかなぁ…。でも意識レベルの問題として、何とかしたいなぁ。


レデューサーも洗浄しておきます。

R0013633.jpg




エンジンオイルを入れます。使うのはA.S.H.のFSです。今回から10W-50を使います。

R0013635.jpg


これまで同様にプロテクションXも投入します。缶のデザインが特注対応のCDXブランドになっていますが、中身は同じです。

R0013636.jpg


無事エンジン始動。シリンダーとピストンが新しくなりましたので、しばらくは慣らし運転です(; ̄ェ ̄)

R0013637.jpg


で…さっそく慣らしをやっているのですが、1回目の給油で驚くべきデータが…。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト