FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
14
Category : セローにPWK
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



今年の春ごろに作業させていただいたセローのオーナーさんから連絡をいただきました。

「PWK入れたいねんけど、手配&取り付けしてもらえまっか??」


諸々を調整の結果、届いたのがコレ。

R0013184.jpg


タンデムさんのPWKキットです。


キャブ単体を調達し、取り付けに必要な部品を探す方法はとらず、先駆者の努力に敬意を表し、対価をお支払いした上で、ありがたく使わせていただくことにしました。



ご存知のように、そもそもPWKは2ストローク用のキャブレターです。


2ストロークよりも吸入負圧の高い4ストロークに使用するとスロットルバルブが張り付くことが懸念されます。

R0013185.jpg


PWKは、スロットルバルブにめっきが施されているため、そもそも張り付きづらいんですが、リターンスプリングも入念に選定されたのでしょう。
タンデムさんによれば、このキットは「実用的に問題なし」とご判断されておられるようです。

とはいえ「全く起こらないわけではない」ことは、頭の片隅に入れておきたいものです。こういうものを使うときには、自分の責任で行いたいものです。




ところで…なんで2つあるの??

R0013188.jpg


はぃ。私もつけたかったからです(笑)

こんなものは勢いです。ついでにいっときました~ヽ( ̄▽ ̄)ノ



通常、純正のキャブはよくできているものです。ヘタにキャブを交換しても、ノーマル以上のバランスを構築するのは至難の業。
常々、そのように考えている私も、このセローのキャブはどうにもダメに思えます。不満がいくつもあります。


まず、コースティングエンリッチャの経路からの2次エア混入。対策を施してからは非常によい状態でしたが、時々Oリングを交換してやらないと再発するんですねぇ。
直近でエンジンOHのために1ヶ月ほど動かさないでおいたら、見事に再発。
(ほかにも不調の原因はあるのですが、それは改めて…)


低開度付近の安定性が低いのも好みではありません。レスポンスがダルなのは許せても、安定しないのはどうにもね…。


他にも気圧の変化の影響を受けやすい点や、冷間時の始動性の悪さなども気になります。
(後者は、エキパイを交換 してから劇的に解消したけど)

お値段は37,600円です。取り付けも含めて対応させていただきます。興味のある方は是非お問い合わせ 下さい。




新調したチョークプランジャやアクセルワイヤーに後ろ髪ひかれる思いに駆られながら、作業を進めます。
(高かったんだよな…最初っから、PWKをいっとけばよかった)


取り付け前に、分解して点検します。なぜなら「レーシングキャブレター」だから。

使用や管理は自分でやりましょう…の世界です。まぁ、大丈夫なんだろうけど、それでも見ておくんです。


負圧吸入口には盲栓が取り付けられています。ピンクのホースの素材は「耐油」ではあるけれど、耐ガソリンではありませんので、そのうちちゃんとしたものに交換したいところです。

R0013189.jpg


チョークがキャブ本体に取り付けられているのはいいですね。余計なケーブルがハンドル周りを這うのは、どうもね…。
少々操作しづらい位置になりますが、慣れで解消できるように思います。

R0013190.jpg


めっきが施されたスロットルピストン。スプリングレートも結構ハードで張り付き対策は万全です。

R0013191.jpg


クリップは2段目。番手はN80F。

R0013192.jpg


スロットルワイヤーにオイルを足します。サラッサラのオイルを使います。

R0013193.jpg


MJの取り付けは6mmのソケットで行います。

R0013194.jpg


番手は#115。

R0013195.jpg


PJの番手は#38 あ…ケーヒンはSJと表現するのかな。

R0013197.jpg


ミクニのPJにぴったりなドライバでは少々サイズが合いませんので、調達しておかないと。


ミキシングチャンバの取り付けには少々気を使います。

R0013199.jpg


Oリングの座りは問題ありません。ちゃんと接着剤で張り付いていました。出先で剥がれたら結構大変です…。

R0013200.jpg


そうそう、フロート高さは20mmでした。


次は実際の取り付けを行います。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト