FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.07
30
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



我にかえるとすっかり夏になっているではありませんか。


メインの作業場を天の川ガレージに移して以降、効率よく作業を進められるよう作業環境や生活パターンの構築を進めてきました。

ようやく続けていくためのペースみたいなものが掴めてきたように思うので、これまで意識的に排除していた「朝連」や愛車いじりをパターンの中に取り込んでいこうと思います。
自分自身を高めていく努力を怠れば、あっという間に墜ちてしまいます。歩みを止めてしまうと現状維持すらままならないわけで、このままではいかんと思うのです。

だからといって、こんなに暑くなっちまった状態で「おりゃー」と走り出したり、部品の製作に没頭してしまうのは、色んな意味で危険です。
近場のお散歩くらいから「現場復帰」しましょうか。




現状把握のため、コンプレッションを計測してみました。

R0012896.jpg


まぁ、こんなモンでしょうね。

もちろん、問題ないという意味ではありません(笑)


エンジンを全バラにし、各部をリフレッシュしたいところではありますが…。まぁ、不健康なら不健康なりの酒の飲み方をするとしますか。ナンノコッチャ。



さて、こないだマグネトベースを外したついでに、小細工をしておきました。

R0012960.jpg


点火時期を調整できるように長穴に加工しておいたんですね。ありゃ。加工前の画像しかないぞ(; ̄ェ ̄)


駆動系もよいバランスになってきたことですし、そろそろ点火時期でもいじって遊んでみるとしますか。



フライホイルを外します。

R0013055.jpg

R0013056.jpg


本来なら上死点を計測し、ノーマル状態の点火時期を確認したいところです。しかし、上死点計測用のダイヤルゲージを入れるのは、結構な手間がかかります。
面倒だなぁ~。上死点位置は、何かの機会にチェックするとして、当座はノーマルの位置を基準に、どれくらい変更したのか?で管理するとしますか。

R0013057.jpg


あらかじめ計測しておいたマグネトベースの寸法にあわせてCADで角度ゲージを作っておきました。ひと目盛りが1度に相当します。印刷されたものの誤差はそれなりにありますが…。

R0013058.jpg





さて、進角とは、早めに着火する方向です。この場合だと、マグネトベースを反時計回りにズラします。

こうすることで点火のタイミングを担うピックアップコイルの位置が信号を早く拾う方向に移動します。つまり、早いタイミングで点火されるということです。




さて、話しは前後しますが、進角させる目的を、ものすごーーーく乱暴に解説すると「パワーバンドより手前でモサモサ回っているところを何とかしたい」からです。

モサモサ回る≒燃焼効率が悪い≒燃えにくい状態。燃えにくいんだったら、早めに火をつけて、きっちり燃焼させてやろうぜぃ!ということです。

あまりに適当すぎますが…まぁ、そんな感じです(笑)


ここで注意しておきたいのは、進”角”とあるように、点火時期とはクランクの角度に対するものだということ。時間の差ではないということですね。


クランクが同じ角度を回転するのにかかる時間は、回転数によって変わります。


回転数が高くなれば、それだけ早めに点火を始めてやるのがいいですし、逆に回転数が低くなると、点火を早めすぎないことが肝要だということです。


つまり、回転数に応じて最適な点火時期は異なるので、しっかり制御してやるのがいいということです。
しかし残念なことに、ノーマルの点火回路は、そのような制御を行う前提で設計されていません。乱暴に言い放ってしまうと「一本調子」。


今回のようにマグネトベースをスライドさせて点火時期を調整すると、「全体が一律に変化」してしまいますので、よくなるところもあれば、悪くなるところもでてくるはずです。

問題は、悪さの程度が「限界」を超えていないかどうかという点でしょう。



まぁ、理屈はともかく「遊び」半分で、ちょぃちょぃといじってやることにしましょう。実際のところはやってみての判断ということで。

 

まずは2度ほどズラして試してみましょう。

今後、いちいち外すのが面倒なので、フライホイルを装着した状態でも調整できるよう、低頭タイプのヘキサゴンボルトに交換しておきました。

R0013059.jpg



長穴にしている=座面の接触面積が小さく、軸力が安定しない方向です。ねじロック剤は塗布しているものの、頻繁に点検したいものです。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト