FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.07
22
Category : アクシス90
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



ご存知のように多くのスクーターのオドメーターは4桁しかありません。5000を示していても15,000なのか、25,000なのか分からないということです。

各部のヤレ具合をみていると、どうやらうちのアクシス90は「相当」走ってるような気がしてきました。
たぶん、25,000キロかなぁと想像しています。あと、素人があまり手を出さない箇所に手が入れられた雰囲気があるので、少なくとも1度は中古車として販売されたような気がしています。

中途半端な修理を受けた部分もあるけれど、ヘタにいじられていないのはよいことです。特に主要部品が「純正部品」なのは助かります。





さて、うちにやってきてから2000キロ近くを走破しました。そして、毎日乗り倒しているうちに、こいつが「だんだん好き」になってきました。

一番気に入ってるのは「車体の大きさ」です。50ccと大差ない(今となっては)小さめの車体を、2スト82ccの「ほどよいエンジン」で軽快に走らせる。実に素敵なことです。

豪華絢爛も悪くないけど、「ほどほど」というのが大事だと思う私にとって、実に好ましく思えます。

今後、よほどのことがない限り、空冷の2ストの新車なんて作られることはないでしょうから、大事に乗ってやりたいと思います。
ちなみに、私にとっての大事とは「使い倒す」って意味なんですけどね(笑)




さて、プーリーの表面を整えることによって駆動系の熱ダレは相当に解消されました。

しかし、状態がよいのは15分くらいの話しで、30分を超えるとグダグダになります。

自宅のある大阪市内から30分ほど走ると、通勤ラッシュの時間帯にやたらとバイクが増えるエリアに差し掛かります。

さっきまでの元気さはどこへやら…アドレスV125や、シグナスX、はてはPCX150などに左から右から好き放題に抜かれることになります。

かなりの恐怖を味わうことになるので、なんとかしなくちゃいけません。ということで、いよいよコイツの投入です。ストレート溝を持つトルクカムです。

R0012986.jpg


かつてミニバイクレースに出ていた頃は、駆動系のパーツをそれこそ湯水のように交換していました。
(ちなみに低~ぃ、低~ぃレベルです)

特に気を使っていたのがクラッチのセンタースプリングです。

当時は、このスプリングが「すぐにへたる」ものだと認識していたせいです。
サーキットなどで、まとしやかに囁かれていたのは、センタースプリングが「熱でへたる」という説。私も「鵜呑み」にし、セッセと交換してましたねぇ~。

特に夏場などは、予選と決勝で入れ替えたりね。当時の俺、ご苦労さんでした!って感じです。


だけど、今になって よーーーっく考えてみたら、鋼製のスプリングがあの程度の温度で劇的にへたるとは考えづらいです。


それより、ゴムで覆われているベルトの方がへたりやすいんじゃないか?と思うんですね。
だからといって、ベルトをセッセと交換するばええのんか?といえばノーです。だいたい、走っているうちに熱を持つものに抗っても無駄というものです。

そういうもんだと認識し、前提付け、対処するのが合理的というものです。

さて、プーリーの表面を整えてから、より明確に分かるようになったんですが、加速が急激に鈍るときの様は、速度すら違えどいつも同じです。

冷えているときは、ウェイトローラーが動き、クラッチが早めにミートしたあと、回転の上昇にシンクロして、速度がのっていきます。
ところがヒートしてくると、クラッチが完全にミートしたあたりから、不必要な『変速の先走り』が起こっていると感じます。


変速が進む原因を考えてみましょう。変速が進むということは、ドライブ側の遠心力が、ドリブン側のセンタースプリングの反力を上回っている状況のはず。

言い換えると、ウェイトローラーによって遠心力が高まった状況で、ドライブ側の2枚のプーリーによって、ベルトは強く挟まれることになります。

通常、この状況は、プーリーとベルトがグリップし、動力の伝達と外周方向への移動がバランスよく行われているはずです。


グリップが低下するとどうか…2枚のプーリーに挟まれたベルトはグリップが落ちたことによりバランスを崩し、外側へ移動(そこに留まるグリップ力がないので、すべって外側)してしまうのではないかと想像するのです。



以上の仮説の理非については、深く検証したものではないのであまり自信はありません。


ですが、少なくともノーマルのトルクカムの形状は「変速の先走り」を助長すると考えています。

R0012989.jpg



ご覧のように動作の始まるあたりは、溝の角度が比較的立っているのが分かります。

プーリーに引っ張られることによるドリブン側の移動量が大きくなる方向です。つまり初期の変速量が大きいということです。


いよいよパワーバンドにのってきたか?!というあたりで、角度が寝ていきます。つまり変速量が小さくなります。
(センタースプリングも縮んでいくため、反力がますます高まり変速しづらくなる…)

おぃおぃ、それって逆じゃね?!と思ってしまいます。全く好みではありませ~ん。


こんなところは、まっすぐの方が分かりやすいってモンです。

調達したトルクカムは、3つの変速パターンを選択できます。


ノーマルっぽく途中で傾いているパターン。ただし、コクンと折れ曲がる位置が幾分異なります。ノーマルよりは好ましいですね。

R0012991.jpg



次にストレート溝です。

R0012992.jpg


やや傾きの少なめなストレート溝。

R0012993.jpg



参考までに溝の移動幅を測ってみると、

ノーマルが17mm。KN企画のものについては、上から17mm、25mm、19mmでした。


ひとまず、もっとも角度が寝ている変速がマイルドなところにセットしてみましょう。

熱によりベルトのグリップが低下しても、ノーマルよりも変速が遅くなる方向なので、今よりはウンとマシになるだろうと想定しています。




このパーツ、KN企画製です。

正直、あまり質はよくありません。こういうところとかね…。

R0012994.jpg


て、数年前に購入したときと同様、Oリングの寸法があってへん。あの頃連絡したときには、「処置します」っていってたんやけどねぇ~。

R0012995.jpg



ノーマルのOリングの線径と比較。ノーマルは1.3mmくらいで、付属していたものは1.8mm。付属していたものを組むと動作がメチャクチャ悪くなるのでノーマルを使った方がいいです。


ノーマルのOリングを装着し、スライドさせてみると動きが今一つです。もうちょっとスコンスコン動いてほしいんだけどな。

オイルシールが新しいからかな?それとも…。ひとまず、しばらく使ってみて様子をみますかぁ。

R0012997.jpg



前回同様、ウレア系グリスを使いましょう。なぜかって?耐水性が今一つで足回りに使わなくなって余ってるからです(笑)

R0012998.jpg


装着そもものは20分もあれば完了。試運転してみると、なかなか好印象です。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト