FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
23
Category : RZ250R/350R
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



キャブレターに引き続き、腰上のコンディションをチェックしていきます。

ちなみに昨日の記事のキャブレターもこれからご紹介する内容も、バイク屋さんで作業されたものです。


さて、この車両、エンジンのあちらこちらから、オイルが漏れています。部位によってはガソリンが混ざっています。


オイルが漏れていたのはクラッチ側のケースの合わせ面などですね。オーナーさんによると、ウォーターポンプのOHもしたそうです。
つまり、クラッチ側のケースは着脱しているはず。チェックしてみると、カバーを固定するす全てのボルトがユルユルでした。そりゃ漏れて当然です…。

あと、ウォーターポンプのカバーのボルトもユルユルでした。仮組みか?と思うほどに締めつけ具合です。よくボルトが脱落しなかったものです。




で…ココからも漏れています。RZ系ではよく漏れるところですが、それにしても酷いです。また、オイルがちょっぴり乳白色になっているのが分かるでしょうか。ウォーターポンプはOHしたはずなんですけどね…。原因は把握できていますので、そのうち紹介いたします。




腰上の話しに戻します。吹き替えしでリードバルブのストッパープレートが酷く汚れていました。ちょっぴり腐敗臭もします。




ヘッドを外します。おかしなカーボンの付き具合です。燃焼状態がよくないことがうかがい知れます。




そうそう。アップするのを忘れていました。エアクリーナーのフィルターはなかなかの状態でした。洗浄しておきましょう。




YPVSのバルブです。OHのときに分解しなかったのでしょう。









車両をお預かりする際に、オーナーさんから、このようなお話しを聞いておりました。

「腰上のOHをするときにピストンとリングは新品にしています。でも、新品のシリンダーが手に入らなかったので、ずいぶん傷もあったようですが、シリンダーは再利用したようです。」


私は、
「腰上のOHをされたということですが、もう一度分解して、ちゃんとやり直す必要があると思います。」とご説明していました。


結果、ほぼ、予想していたとおりの状態でした。吹き抜けているとか、そういうレベルではありません。




ある意味、当たり前なんです。消耗したシリンダーですら(ピストンやリングを交換しても)意味が薄いのに、傷ついたシリンダーに新品のピストンやリングを組んだところで全く意味がありません。


シリンダーは、こんな状態でした。




一応、ボアゲージで、どの程度消耗しているか測定しておきます。


シリンダー内壁にある傷の膨らんだ部分にゲージが当たっているので、最も消耗したところよりも、若干小さめの数値がでます。


それでもこの数値です。




酷い場所では、この有り様です。基準値の倍近い値です。




絶対値もさることながら、真円も出ていません。こんな状態でよい燃焼状態が得られるはずはありません。


シリンダー固定部分のダウエルピン。錆びまくっていて、シリンダーを外すのに難儀しました。




ピストンを外したのち、シリンダー単体で装着してみましたが、プラハンでバシバシ叩かないと入らない…途中でやめました。

組む時に、どのような作業をしたのかは容易に想像がつきます。ここがこんな状態で、シリンダーが最適な位置に取り付けられるわけがありません。


まだまだあります。

ひび割れた状態で取り付けられていたエキゾーストガスケット。取り外す時に割れたんじゃないですよ。




こちらのシリンダのエキゾーストガスケットも割れていました。で、フランジの外にはみ出した状態で取り付けられていました。
”割れた”と表現してるのは、そう表現するのがぴったりするくらいカッチカチだったからです。




このエンジンを組む時、シリンダーを洗ったのでしょうか。たぶん、洗ってないと思います。


OHして組む時には、“最低でも”これくらいの状態にするのが当たり前だと思うんですけどね。
ちなみに、カッチカチのガスケットの下には、もう1層「ガスケットらしきもの」が残存していました。地層かよっ。




一次圧縮室からオイルまじりのガソリンが滲んでいたので、腰下の分解は必須…ということで、ケースを割りました。







オーナーさんからかけていただいた言葉が頭を離れません。

「最後の砦です」


この言葉には、いろんな意味が込められていると思うのです。単に「お願いしますよ」だけではないと私は思っております。


2ストらしさを味わっていただきながら、気持ちよーーーーっく走るエンジンに仕上げていきますね。がんばります!!




OH(オーバーホール)という表現。

各所での使われ方(の実態)をみていると、いかようにも解釈できる便利な言葉になってしまってる気がします。

調子がよくないときには、「OH済」という言葉を鵜呑みにせず、現品の状態を自分の目で確かめることが極めて重要だと再認識させられました。




驚愕の性能を誇る高性能オイルA.S.H.のお求めはコチラから!

http://www.u-u-udauda.com/p/ash/index.htm

大阪近郊の方で交換までしてほしい!と言う方や、詳しいことが聞きたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト