FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
20
Category : SRX250
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



今日もダラダラした記事が続きます(笑) 前篇はコチラです。

次はプライマリです。




ミキシングチャンバ内。そんなに腐ってませんでしたー。




こんなところにOリングが入っています。チャンバの座面をシールするOリングと一体モノではないんですね。




フロートバルブホルダは、ありがちなプレート経由ではなく、大きな低頭ビスで固定されています。




平たいOリングだなぁ…。Oリングと表するのが躊躇われます。




フロートバルブです。お尻のピコピコがかなり大きいのが特徴。コンディションは良好でした。




フィルターでせき止められていた異物。錆やらゴミやらがギッシリ。タンク&コックの整備は必須ですね。




PSの戻し量。あってるのかどうかは分かりません(笑)
どうせ、実際に合わせるので、目安としておきますか。




スクリュ。これまた平たいOリングです。簡単に取り外せないなぁ…。汚れは少なく、程度は良好です。




メインジェットとメインノズル。




スロットル回り。




シャフトのコンディションはそれなりでした。それより駆動用のプーリーが脱着が面倒でした。
スプリングをかけるんですけど、非常にやりづらい…。




さてさて、しっかりしたリンクロッドが付いていました。お金かかってるねぇヽ( ̄▽ ̄)ノ
でも、分解はやりづらいです。クリップをなくすと面倒なので、触らずにおきます。




コースティングエンリッチャ。




ビンビロゲ~。




あまり悪さをするようなら、殺してしまうのもありかなぁ…。


中はこんな感じ。ボールが入っています。真鍮のパーツが圧入されています。簡単に外れそうになかったので、クリーナーとエアで洗浄するにとどめました。
このボールがダイヤフラムと接触しているんですけど、局部的に凹んでいました。スプリングの圧力も相当なものでした。無潤滑でゴリゴリやられたら、そりゃダメになりますよね。あまりよい構造とは思えません。




観察しながらとはいえ、1時間くらいかかっちゃいました。




洗浄時には保護メガネ。クリーナーが吹き返したり、飛び出てくることを想定して装着しておきます。
クリーナーはアルカリ系のものが多いので、目の保護はしっかりと!




洗浄が完了。部品点数が多いので、結構手間がかかりますね。


セカンダリから組んでいきます。

バルブの動きは今一つです。バルブの材質かなぁ…。なかスルスルした感じがないんですよね。




あ、そうそう。メインノズルとメインジェットです。
この構造だと、メインノズルにメインジェットを取り付けてから、メインノズルを本体に締め付けた方がいいですね。
外すにはコッチが容易だけど、取り付けは、ミクニの構造の方が気を使わなくていいなぁ…。




プライマリのスロットルバルブの動作が重たいので、原因を探っていると…犯人はコイツでした。

バルブが回らないよう規制している凸の部品です。ちなみに樹脂製。




対するバルブ側。大きな加工痕があります。ちょっとひどい。これが先の凸に当たって動きを悪くしています。




これらの状況により、バルブは常に「凸とは反対側に押し付けられた状態」になります。その証拠に本体側に強い当りがみられます。
ダメだな、こりゃ…。しゃーないので、凸の先端をヤスリで削って干渉しないようにしました。




もちろん、動きは劇的に改善。





プライマリとセカンダリを合体させ、同調をとります。全開で同調をとってみました。




全開で同調を取ると、開き始めが合わなくなります。プライマリが1/4ちょっと開いたころに、セカンダリが追従する状態になりました。
どちらが正解なのかは分からないけど、これは乗ってみてから調整かなぁ…。


完成です。




キャブのOHも完了したので、オイル交換だけすりゃぁ、エンジン始動できそうです。

あ、ガソリンタンクとコックを何とかしなきゃいけませんね。hさん、よろしくお願いします( ̄^ ̄)/



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト