RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
30
Category : セロー225

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



先日、セローのキャブのねじ山にヘリサート加工を施しました。

この作業により、ちょっと期待していたことがあります。
それは、キャブの頭部にあるバキューム室の脇にある、コースティングエンリッチャ部分からの2次エア吸入が多少なりともマシになってくれるのではないか?というものです。

ワインディングや林道を走っているときのように、アクセルの開閉を繰り返しながら走らせているとほとんど気にならないのですが、50キロや60キロで流していると、”忘れたころ” に「んぼぼ」と息をつく症状がでていました。

そこそこ再現性はあるものの、問題は頻度。連続で40キロ弱走らせて、症状がでるのは数回…一番面倒くさいケースです(笑)


「こりゃ2次エアを吸っとるなぁ…」と思っていましたし、場所は「コースティングエンリッチャ部分」かなぁと想像していました。しかし、停車状態で、エアを吸ってるかを点検しても、症状に現れてくれず、確信するにはいたりませんでした。





先日ヘリサート加工した場所です。綺麗になったねじ山の横にあるのが、コースティングエンリッチャに関係する経路です。




トルクがビシっとかかるようになったことで、密閉度が少しばかりあがったのでしょう。期待した通り、症状は幾分緩和しました。
やはりここか…と、自信を高めました。問題の切り分けができれば、コッチのモンです。


まずOリングが収まる部分の深さを計測してみました。




1.20~1.25mmでした。





次にOリング。線径1.7~1.8mmくらいかなぁ。外径8mmなので、内径は4.5mmくらいでしょうか。




フタと、ボディのクリアランスをシックネスゲージで計測。0.15mm程度でした。




でも、この1.5mmのクリアランスは、フタのメイン部分とボディのクリアランスです。Oリング接触部のクリアランスは、こういう構造になってますので、さらに小さそうです。




座面が痛んでいるので、思い切って削って、面をしっかり出してみました。とにかく、荒れたり、傾斜している部分を無くすことを優先させてみます。
あ~、その前に書いておきたいのは、このフタは「単品で調達」できないんです。新品を欲するなら、キャブASSYになります(笑)

新品を単品で調達できるなら、こんなに悩むことはないんだけどねぇ(-_-;






次に、用意したのがM4のワッシャです。外径8mm、内径は4.2mmくらいです。




ワッシャを入れた上にOリングを装着。これで密着度が上がってくれないかと期待したわけです。ちなみに、ワッシャの厚みは0.5mm。




しかし、不安がないわけではありません。どういうことか…。

この図をご覧ください。




黒がワッシャを入れない状態です。Oリングの縁が、しっかりと溝の側面に当たります。
ところが、ワッシャを入れることで、Oリングは0.5mmかさ上げされると、Oリングの縁は、溝より上に位置してしまいます。

ご存じのとおり、Oリングは潰れることで、上下面だけでなく、側面のシール性を発揮します。
上下面のシール性を優先した結果、側面のシール性が損なわれては本末転倒になる可能性もあります。


でも、やってみることにしました。

結果は…大成功でした!ヽ( ̄▽ ̄)ノ


これで、ますますトコトコと低速で走るのが気持ちよくなりました。
もう少し濃くした方がフィールがよさそうです。PSの戻し量で調整できるレベルではなさそうなので、1サイズ大きなPJを発注しました。

週明けに試してみましょう。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html

「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

ただ今、R1-Z用のスイングアームピポットシャフトの注文受付中です。
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1402.html


お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト