FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.07
21
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「セローのエンジン」のカテゴリーをつくりました。一連の流れの確認に、ご活用ください。
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-46.html





一般的に、いろんな意味で消耗したエンジンだからこそオーバーホールするわけです。
(レースなどの特殊な用途はのぞきます…)

消耗した部品は交換したり、修正を加えて使います。

しかし…おいそれと交換できないパーツもあります。シリンダーです。交換できなくはないけど、「高い」んですよね~。

そこで、登場するのがオーバーサイズピストンです。
メーカーによって異なりますが、標準サイズより、0.25mmとか、0.50mmほど大き目のピストンが準備されています。

…が、それは昔の話しです(; ̄ェ ̄)

0.25mmほど大きくすると、税制上であったり、免許制度の区切りを越えてしまうから…というのが主な理由なのでしょうか。
そんな些細なことのために、わざわざ「シリンダーを交換」するなんてバカみたいな話しですよね~。まったく、どこを向かって仕事をしているんだろうと思ってしまいます。


しかーし!まだ見捨てられてはいません。「社外品」という選択があるのです( ̄^ ̄)v


セローについても、オーバーサイズピストンが調達可能ですヽ( ̄▽ ̄)ノ




ピストンが大きくなると、当然シリンダーには入りませんから、「ボーリング」という加工を施します。
ボーリング加工とは、内径をピストンにあわせて少し拡大する加工で、一般的には内燃機加工業者に依頼し、加工してもらいます。

ボーリング加工の特徴は、『現品あわせ』である点です。大量生産が当たり前の時代に、現品合わせというのはいかにも効率が悪そうに思われるかもしれません。
しかーし!現品合わせには、量産品にはないメリットがあります。一品対応が故の精度の高さです。

もちろん技術力は必要とされますが、にえガレで出している内燃機屋さんは、振り返ってみると20年近くお付き合いしているところで、その技術力は間違いないものです。
さらに、意思の疎通も信頼関係もバッチリですヽ( ̄▽ ̄)ノ 安心してご用命くださいm(u u)m


さて、標準サイズの新品のピストンの標準寸法は、69.925~69.975mmとあります。

これに対し、調達した0.25mmO/Sピストンは、70.150mmくらいです。





そういや、マニュアルにオーバーサイズピストンの寸法が書いてあったっけ。




どうやら、当時設定されていた純正のオーバーサイズピストンは、0.50mm刻みだったみたいですね。

今回調達した0.25mmオーバーサイズのピストンの実測値は小さめでした。0.50mmオーバーサイズがどのような設定になっているのかは現品をみてみないと分かりませんが…。
同様に小さめである可能性もありそうですね。これまで純正の0.50mmオーバーサイズピストンを使っていたシリンダーに、社外品の0.50mmピストンを買ってきてポン♪するのは、リスクが高いと想像できます。

とにもかくにも、適切なクリアランスにするためには、実測と現物あわせがベターだということです。いや、特に社外品の、それもオーバーサイズの場合は、必須といっても過言ではありません。


これは、同一メーカーのピストンでも同様です。ロットが異なれば、(ばらつきの範疇で)寸法が異なることは珍しいことではありません。自社製造でないブランドのものなどもありますので、ますます注意が必要です。


仮に、次回のボーリング時期が来る間に、ピストンを何度か交換する可能性がある場合(レースに使うときなど)、私は、交換するであろうピストンを予め「同一ロット」で入手するようにしています。
同一ロットで入手したものでも、多少バラツキがありますから、寸法の小さいものから使います。(クリアランスがあわなければ、ホーニングで微修正することもあります)





ピストンとシリンダーのクリアランスは、サービスマニュアルによると、0.035~0.055mmと広く設定されています。

今回 私は、じっくりと慣らしをし、丁寧に使う前提で、0.035~0.040mmで指定しました。
(このあたりは、使い方などによって検討の余地がありますので、ご相談ください)


ボーリングからあがってきたシリンダー。クロスハッチが綺麗ですねぇ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ




念のため、クリアランスを計測しておきます。




指定どおりに仕上がっていますね。バッチリです!
(画像では一か所のみですが、複数個所を計測)


さて、セロー用のオーバーサイズピストンと、ボーリング加工をセットメニュー化しようと思います。
(なお、ピストンリング、ピストンピンと、サークリップも付属します)

21,500円で設定させていただきます。('13.10.28改定)

ご希望される方は、お気軽にメールいただければ、対応させていただきます。

おおまかな流れは以下のとおりです。

 ・メールにてご連絡をいただければ、ピストンの在庫照会&調達(通常、3日程度)
 ・ピストンの在庫が確認されてから、シリンダーを送付いただく
 ・ピストン(現品)にあわせて、ボーリング加工(クリアランスはご指定いただくか、ご相談ください)
 ・加工済みシリンダーとピストンを納品(代引き or 銀行振り込み)

エンジン丸ごとのオーバーホールメニューについては、子細検討中です。近日中にご紹介できると思います(^^)
先行予約も受け付けておりますので、お気軽にメールいただければ、対応させていただきます。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「RZのフロントフォークにねじ式トップキャップ&プリロードアジャスターを取り付ける加工」の予約を受付開始!
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1276.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト