FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.07
11
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「セローのエンジン」のカテゴリーをつくりました。一連の流れの確認に、ご活用ください。
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-46.html





ヘッドを分解していきます。

セローのヘッドは、コンパクト設計がゆえ、ちょっぴり面倒くさいところがあります。


カムシャフトを抜くとき、マニュアルにはM10のボルトを使えと書いてあります。たったそれだけです(笑)


スムーズに作業するため、手持ちのSSTを流用してみました。橋渡しした高剛性のバーを使い、プラーのようにして使います。
アルミのカラー?もろとも、スムーズに抜くことができましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




外れたカラーです。回転物であるカムシャフトを保持するにはあまりにも…。




これをベアリングに置き換えるのが、セロー弄りの定番みたいなんですが、「ホームセンターに売ってるベアリングを使った」なんて情報が散見されるのです。

おぃおぃ…それはちょっとまずいんでなぃかぃ?(; ̄ェ ̄)

ま、壊れることはないと思いますが、適切ともいえない気がします。私は、同様の使われ方をしているものに目星をつけました。もちろん、YAMAHA純正部品です。


さて、外したカムシャフト。かじりもなく良好です。
マイクロメーターで計測し、基準値と比較すると、ほんのちょっぴり磨耗しているようです。ま、実害はありませんので、このまま使います。




次にロッカーアームを外します。マニュアルには、ロッカーアームのシャフトを外すときには、SSTを使えと書いてありました。
どんなSSTかといえば、M6の長いボルトと、ウェイトです。

シャフトに切られたねじに、ボルトを突っ込み、ウェイトでガツガツやって、引抜くんですね。

うーん…そんなやり方はしたくない。不確実だし、スマートではありません。


ということで、またまた手持ちのSSTを流用しました。M6のずん切りボルトと、適当なカラーを使って、プラーのようにして使います。






おっ、スルスルと、実にスムーズに抜けてきましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




外れたロッカーアーム。スリッパー面のコンディションは良好ですね。






ところが…ロッカーアームのシャフトには、段つき磨耗がみられました。


EX側。こっちはマシですが…




IN側が酷い。




段つき磨耗は、偏っています。うぅむ、もしかしてコイツが原因では…。




ロッカーアームに取り付けられているスプリングです。磨耗の偏りは、アームが(若干)斜めに引張られることで起こっているのではないかと想像しています。EXもIN側も、そういう風に磨耗していました。ま、断定はできませんが…。

なお、このスプリングは、必要なものとは思えませんので、組みつけ時には撤去する予定です。





バルブスプリングコンプレッサーを使って、コッターを外します。




コッターは磁石で引っ付けて外すと効率がよいですね。




リテーナーのコンディションは良好でした。




なお、バルブスプリングは、自由長、傾きの何れも基準値内におさまっていました。


バルブの先端。打痕もなくいい状態です(^^)




ところがですねぇ、コッターのエッジで傷ついたのか、全てのバルブにバリがでていました。そのまま抜くと、バルブガイドを傷つけてしまいます。
オイルストンでシコシコ磨こうと思いましたが…。今回のオーバーホールでは、バルブガイドを打ち替えておきたかったので、でりゃぁーっと引っこ抜きました(笑)


ザッと汚れを落として点検はしておきましょう。IN側のバルブには、腐食によるピットがみられます。長期不動期間があったのでしょうか。




磨いても腐食によるピットは取りきることができませんでした。こりゃ交換ですね。




EX側は腐食こそしていませんが、




カーボンを噛み込んだ痕が残っています。これも交換ですね。




ヘッド側のあたり面をみると、基準値をややオーバーしていました。バルブシートカットもやっておきましょう。






部品が揃ったら、内燃機屋さんに持ち込みます。



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「RZのフロントフォークにねじ式トップキャップ&プリロードアジャスターを取り付ける加工」の予約を受付開始!
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1276.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト