FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
23
Category : R1-Z
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



前回の記事はコチラ

にえガレの作業場に運び込まれたエンジンを、分解していきます。




あれだけきっちりと回しきっている割りに、カーボンが堆積しています。A.S.H.のオイルらしく、乾いてるのはグーです。
(hさんは、無駄なアイドリングを一切しません。信号待ちでは、必ずエンジンストップ!)




ヘッドです。残念ながら、この状態では再利用不可。代わりのものを探します。




リードバルブのコンディションは良好。





当時新品にしておいた、YPVSの連結ホルダー。問題なさそうですね。余談ですが、これのワンオフ対応を検討しますかね…。




YPVS周り。ギトギト。2万キロ走行にしては、程度良好かな。




スタッドボルトは、しっとりと油分を保っています。ちゃんと組んだものは、固着も少ないんですね~。




ダメージを受けていない、右側のシリンダー。傷はないけど、クロスハッチもない(笑)。殆ど残ってないですね。あちらこちらがテカテカです。過走行ですっ!




吹き抜けこそしていますが、傷は皆無。




さて、問題の左シリンダーを外します…が、外れません!そりゃそうです。折れたリングが、ピストンとシリンダーの間にガッツリ噛んでますから…。

なんとか外し、シリンダー内部を点検です。ポートにリングがめり込んだあとが…。このシリンダーは使えません(; ̄ェ ̄)




ここに、折れたリングがクサビのように噛み込んで、エンジンを回らなくしていました。




ピストンのヘッドの排気側が、部分的に欠落。




自作のプラーでピストンピンを外します。ピストンの右にあるピンは、ノーマルのピストンピンの外周を薄く旋盤で落としています。




排気側。ポートに引っかかったリングが、ピストンを変形させているのが分かります。




コッチは、クサビがめり込んでいた部分ですね…。




クランクケース内から提出されたリングの破片。コイツがクサビの正体です。シリンダーを外すとき、掃気ポートからポロっと下に落ちました。




2ストの場合、掃気ポートから異物が下に落ちちゃいますから、1次圧縮室に異物は「落ちるもの」と考えておくくらいでいいと思います。車載状態で腰上を整備して「はいOK」…チョット怖いですね。

エンジンが何らかの原因で止まったときは、闇雲にクランキングさせるのは危険だということです。気持ちは分からないでもないですけど…。重症化させる可能性もありますので、冷静な判断が必要です。



ポートにリングが引っかかったのが、直接の原因っぽいんですけど、どうしてそうなったのか…。
ピストンをみていて気が付いたのですが、リングの回り止めのピンがなくなっています。周辺を異物で叩かれちゃってるから断定はできませんが、リングが回っちゃったのかも…。



クランクシャフトは、ピンの抜けもみられません。ちなみに、ピン溶接は施していません。




さぁて、どうしましょうかね。腰上のトラブルであることは確実ですね。腰下は分解しなくてもよさそうなものです。が、このまま腰上を組んでしまうのはNGです。

腰下(特にクランク)が大丈夫かどうかなんて、分解して点検してみないと分かりませんからね。

何より、2万キロ弱を走ったエンジンです。腰上が元気になったらどうなるか…また、普通に使うことになります。腰上が元気だと、腰下への意識は薄らぎます。でもね…クランクシャフトにだって「気持ちよく使える」期間というものがあるのです。


最低でも点検はしておきたいところです。よって、腰下まで分解します。今週中にバラしちゃいますので、週末にも作業方針を打ちあわせましょう!



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「RZのフロントフォークにねじ式トップキャップ&プリロードアジャスターを取り付ける加工」の予約を受付開始!
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1276.html


「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html



「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

パーツの製作、加工もはじめました。高強度シャフト&ボルトのワンオフもやってます。

お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト