FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.01
13
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


本日3つ目の記事です(-_-)/

ちなみに、ひとつ目ふたつ目です。



先日の記事を読まれた方から、SIGNETを推す理由を教えて欲しい…という質問がきました。

私は、SIGNETをメインの工具として選択してきませんでした。たとえばレンチなどはスタビレーを愛用しています。



もし、今使っているメインの工具箱を盗まれたなら、私はスタビレーをチョイスします。スタビレーの値段は、SIGNETの5倍くらいしますが、使用頻度や、求めている仕事の精度を考えると、価格差だけの意味があると考えるからです。

でも、たまーーにしか使わないものに、5倍のコストを投じるか…。もったいない!と個人的には思います。ところで…5倍もするって、スタビレーはそんなに高いのか?!といえば、そうじゃありません。


SIGNETがベラボウに安いんです。見た目、高そうにみえるでしょ?



これがですねぇ、驚きの価格だったりするんですよっ!

ネットにおける流通価格で比較してみると、たとえば、12mmのコンビネーションレンチは、500円未満で購入できます。
KTCの通常タイプが700円ちょっとですから、かなーーーーり安いです。半値とは言わないけど、限りなく近い。

一方、ストレートの一番安いタイプが200円くらいかな。200円っちゅーのはハンパない企業努力の賜物だと思うけど、あと300円足せば、ウンとまともなものになることを考えると、SIGNETの優位性があると(私は)思うのです。



実はSIGNETって、メーカーじゃないんです。自社で製造工場を持たない経営スタイルです。

本拠地はカナダですが、世界各国の工具メーカーと提携し、生産を行っています。

先日紹介した、このモンキーもSIGNET”ブランド”です。



BAHCOとデザイン(設計)は同じ。



性能は同じでも、扱うブランドの違いで価格差を生む…よくある話しです。そして、SIGNETは、実にうまくこのあたりを運営しているということです。


”文字通り高級な工具”と見まがうばかりの仕上げとデザインで、自社のアイデンティティを表現しつつ、その中身は実績あるところで生産している…。
1990年に設立した、比較的若い会社にも関わらず、実力の高い品質を生み出す故なのでしょう。


こういう手法は、他の企業でも見られます。

たとえばKTC。メーカーである側面、他社に生産を委ねている製品も少なくありません。というか、最近は殆どそうなのかなぁ~。

コレもそう。ギアレンチです。メイン工具として”ついで買い”してしまった。とうとう、楽チン工具に手を出してしまったヽ(;▽;)ノ



高トルクに耐える「本締め可能」なタイプです。



で、トルクの話はともかく、タグの右中央をみてください。MADE IN TAIWANとあります。
これと、殆どまったく同じものが、SIGNETからでています。レンチ部分の外観、動きは全く同じ。区別がつきません。

SIGNETは、このスタイルのギアレンチの先駆者であり、ギアレンチはSIGNETの名を世に知らしめた一品でもあります。
つまりは、KTCがゴニョゴニョ…?!。それはともかく、同じ所で作っていることは想像に難しくありません。

SIGNETは用途に対して長かったので、なくなくKTCを選びましたが…ハンドル部分のデザインは、SIGNETの方が圧倒的によかったし、価格も安い!


これ、ブランドを信仰しすぎると、本質を見誤る好例だと思います。

話はそれますが、工具の世界における台湾メーカーの台頭は著しく、世界の屋台骨を支えているといっても過言ではないそうです。
「絶対にこのブランドじゃなきゃ嫌だ!」なんてことに固執し、買ってみたら、実は○○と同じだった…なんてことはザラにでてきます。

逆のケースもありまして、台湾メーカーの設計を、パクリで定評のある某国の企業が…見た目は似ていても粗悪品を掴まされることもあります。
なので、ブランドで選ぶことに、一応の意味はあると思いますが、しっかりと見定める必要があるということでしょう。




プロやヘビーユーザーならともかく、工具は、大事に使えば、ほとんど劣化しません。

だからこそ、慎重に選びたいものです。色んなことを調べながら検討するのは楽しいものだし、愛着ももてます。同じお金を出すなら、楽しまなきゃ損!


もう少し、SIGNETのことについて書いておきます。

少し使ってみての印象です。ボルトやナットへのフィット感、剛性感は、安物工具と比較するまでもない高い水準を誇ります。圧倒しているといって差し支えないでしょう。

持った感じは、ややボテっとしています。各部の厚みの関係か、全体的にやや大きめの印象です。ただ、これはSnap-On、HAZET、ベルツァー、スタビレーなどの高級工具と比較した話です。別の言い方をすれば、高級工具と比較したくなるほどの品質だということです。


アストロプロダクツで、現品を見かけたことがあります。他の有名な工具店でも、置いてるんじゃないでしょうか。

実際に手にとってみると、価格と品質のバランスの高さに驚かれると思います。

価格と品質のバランスが極めて高い…私がSIGNETを推す理由です。

以上が、実際に調べ、触り、使った上での私の印象です。別にSIGNETの回しモンでもなんでもありません(笑)。
でも、所詮は主観なので、気になる方は、可能な限り、実際に手にとってみて、ご自身の尺度で評価してくださいね。



シャフトの一品製作をはじめました。ちなみに、セロー用も開発予定です!

「興味あり!」という方は、是非ご一報ください。
 
E-MAILアドレス nie_gare@ybb.ne.jp




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/350にMOSキャリパーを取り付けるためのサポートキット byにえガレ」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-764.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト