FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.12
12
Category : セロー225
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


セローを初めとしたオフ車で気に入らないことの1つに、チェーンアジャスター=スネイルカムがあります。

こいつが、どーにも気に入らんのですねぇ。

スネイルカムとは、こんなものです。



「スネイル=snail」で、カタツムリとか、巻貝のことをいうらしいですね。

「カム」は、皆さんよくご存知の「カム」です。偏芯状の円盤…とでもいえばいいでしょうか。

オフ車の多くに採用されるこの方法、スイングアームに設けられた凸状のものと、偏芯状の円盤=スネイルカムで構成されています。
スネイルカムの外周には、アクスルシャフトの軸芯との距離の異なる凹の切込みがあります。これを、スイングアーム側の凸と組み合わせることで、チェーンの引き具合を調整する…という構造です。

適当な画像がないから、文字で書いてみましたが、現物をみれば「はーん、そういうことね」とすぐに分かっていただけると思います。

文字で書く意味ねーじゃん!と自分で突っ込みたくなるんですけど、思い立ったが吉日。やらずにおけるかぁぁぁぁぁということで、無理してがんばってみました(; ̄ェ ̄)



さて、何が気に入らないのか?

まず、スイングアームに設けられた凸と、スイングアームピポットの軸心の距離が「左右で揃っているのか」という点。どう考えても…(ごにょごにょ)。

まぁ、問題のないレベルで作られていると信じておくのが精神衛生上よろしいということですね(笑)

一方、この方法の美点としてあげられるのは整備性でしょう。ボルト方式のチェーンアジャスターのように無段階で調整できるなら拘り・徹底する余地もあるというものですが、こいつは「迷う余地がない」わけです。
ちょっとチェーンが伸びてきたなぁ~と思ったら、カチン♪と1段階、引きを強めてやればよいだけです。まぁ、とっても簡単!

そして再現性も抜群です。出先でパンクしたときなどは、実に重宝します。まぁ、採用されるなりのメリットがあるということです。



整備性や、再現性(似たような意味だけど)の高いこの方式。気楽にいじれるので悪くはない…。そう自分に言い聞かつつ、どーしても気になる点があります。

それは、1段の変更量が多すぎる点です。ものによって違いはあると思うけど、1mmくらいあるものが大半です。1mmって結構デカイです。チェーンはスプロケットの上下に走っていますので、アクスルシャフトの軸心を1mmズラせば、両側で効きますからね。

実際にやってみると分かるんですけど、1mmではラフすぎます。「間が欲しいよぉ」と思うことは少なくない。


…にえガレ ブログの読者さんは、もうお分かりですね( ̄ー ̄)b

気に入らぬなら 『作ってしまえ!』 でございますっ!!!



課題はいくつかあります。

<その1>
軸心と外周の凹との距離を変える…これは分かりきったことです。が、これをマシニングのプログラムにどう落とし込むのか?という点。
これは、製作者と相談しないといけませんね。

YAMAHA車限定で、調べてみたところ、意外と共通部品ではなかったりするようですが、プログラムへの落とし込み方法を標準化できれば、少量オーダーにも対応できるのではないかと考えています。

とりあえず、私が使うために、いくつか作ってもらうつもりです。

ちなみに該当する部品番号は、5H0-25388-00 及び 5H0-25389-00 です。5H0は、SR185H。1981年のモデルみたいです。古いですねー。
(左右で内径が違います)

<その2>
次に素材。ノーマルは鋼板をプレスで打ち抜いたものです。
ナマクラっぽい素材ですが、打ち抜いた部位は、多少なりとも強く(硬く?)なっているはずで、綺麗に切削加工したものとは、条件が違ってくるのではないかと思います。

重量軽減の観点からは、アルミ系がベター。まぁ、超々ジュラルミンしか選択肢はないでしょう。

鉄系の素材だと、何があるかなぁ。ちょっと検討してみないといけませんね。

<その3>
移動量をどう設定するか?も重要なポイントです。

1段ごとの移動量を減らすことが目的です。

これを実現すること即ち、全体の移動量というか移動幅が、減る方向になります。

ノーマルは、20mm程度の広範囲で移動できるように作られています。
構造上、まったく同じようには作ることができませんから、「割り切った設計」をすることにはなります。


問題は、どう割り切るのか?です。

チェーンの磨耗限界からアプローチしてみましょう。

バイクのドライブチェーンの磨耗限界は一般的に1%程度といわれています。
(参考資料 http://www.did-daido.co.jp/jp/toiawase/faq.html

セローのチェーンは428サイズです。1コマのピッチは12.7mmです。
120コマの場合だと、総長 120×12.7=1524mmとなり、
これの1%だから、1524×1.01=1539.2mmとなります。
新品との差を求めると、1539.2-1524=15.24mmです。

んー。こんなパーツを欲しがる人が、15mmもチェーンが伸びるまで使うとは思えないですねぇ(笑)

ということで、無視だな(; ̄ェ ̄)

そうだ。セローオーナーの多くが、スプロケットの歯数を変更(2次減速比の変更)を行ってる実態は無視できませんね。
多くのケースを想定することは難しいですが、ある程度は考慮した方がよさそうです。

意外と難しいなぁ~。ま、時間はまだまだありますので、じっくり考えてみたいと思います。



シャフトの一品製作をはじめました。

初期型RZ用のスイングアームピポットも製作可能ですよっ!詳しくはコチラの記事をご参照くださいm(u u)m
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1104.html

「興味あり!」という方は、是非ご一報ください。
 
E-MAILアドレス nie_gare@ybb.ne.jp




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロー<br />↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑<br /><br /><hr size=
「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html



「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/350にMOSキャリパーを取り付けるためのサポートキット byにえガレ」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-764.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト