FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
29
Nie's garageの作業場は、自宅3Fにある6畳一間。あとは、1Fの駐車スペースです。

1Fの駐車スペースには車が1台と、バイクは2台いれるのが限度で、自転車すら入らないくらいです。車を出さないと、まともな作業は出来ないから、作業途中で放ったかしにはできません。車を出しっぱなしだと隣近所に迷惑がかかるので、極端な話し、ウ○コもいけない(笑)。あるだけマシな作業スペースですが、決して広くはないし、条件が整っているわけでもありません。

しかし、場所なんて増えたら増えた分だけ埋まってしまうものです。10台入るスペースがあっても11台目が欲しくなる…そういうものだと思います。
なにより乗るのは私ひとり。何台もあっても乗ることができないわけで…。2台置くことができれば十分です。

広くないことが「車両の台数増加を抑制」する効果があり、不満に感じたことはありません。

大きなガレージ、広い家。んー、耳障りはいいけれど、人には身の丈にあった大きさというものがあります。

小さな私には、Lサイズ、ましてやXLサイズの服は大きすぎる。

広くはない家ですが、今の自分の身の丈にぴったりあっています。
作業場に1部屋とられているので、ゆとりはないけれど、つつましく生活をするには極めて合理的ですし、ゆっくりしている暇があったら動いていたい私にとって、全く問題のないものです。

これ以上を求めてはバチがあたる…。豊かさを欲すればこそ、持たぬ選択があるのです。

しかし、人をとりまく環境は、常に変化します。自分だけが、自分たちだけがよければいいというものではなくなってきます。

私も、そういう年齢や立場になってきたということです。





とても綺麗な夕暮れです。縁側でホケーっとしながら撮影したものです。

ここは、私の住まいから高速で30分程度。下道だと1時間あまりでしょうか。

そして、私は、週のうち数日を、この場所で過ごすと決めました。

少し歩けば野山が沢山あるし、とても水の綺麗な場所で、みずみずしい野菜がたくさん採れます。
しばらくはウォーキングシューズが相棒かな。方々を歩いて回りたいなと思います。



活動を休めるつもりはありません。むしろ、もっと活動の幅を広げていきたいと考えております。
しかし、がちゃがちゃした方向にはいかないだろうなぁ…。

この緩やかな土地や空気の中に身をおくと、物量の大きさが豊かさとは直結しないと強く感じるからです。大阪市内で生まれ育った私にとって、ここでの生活は、自分の人生に大きな変化をもたらせてくれると思うのです。

大きさと、広がりは違うよなぁ~。大きいのはいらないけど、広がりはほしい。

よぉ分からん話しはこれくらいにして、今後、どのように広がっていくのかを、私自身まったく描くことができませんが、ひとつ言えるのは、全国にいる私の友達に、気軽に来てもらえる場所ができたということです。泊まっていただく場所はタンとあります。

朝練帰りに立ち寄っていただける場所でもあります。皆さんにとっての憩いの場になればいいなと考えております。

生活の流れが大きく変化しますので、数ヶ月は落ち着かないと思いますが…来春には、めどがついていることでしょう。祝いはいらんので、遊びにきてね(笑)

さぁ、にえちゃんの”トゲ”は抜けておちるのか?!はたまた、ますますヘンクツ度が成長していくのでしょうか(笑)。

どうぞ、温かい目で見守ってくださいm(u u)m

注記)タイトルは敬愛する某作家さんの作品より引用させていただきました
スポンサーサイト