FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

にえガレのブログ

「捉われずに拘る」をモットーにしております。

プロフィール

にえ

Author:にえ
「Nie's garage」略して「にえガレ」のブログへようこそ!

『捉われずに拘る』をモットーにやっております。

2ストローク色がやや強そうにみえるかも知れませんが、4ストロークも含め どのようなバイクに乗っておられる方にも見ていただけるように配慮しているつもりです。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

~Nie's garage OSAKA JAPAN~

☆お問い合わせはこちらまで☆
niesgarage@gmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.09
05
Category : TZR250
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑


1KT関連の記事は、なかなかの好評です。ありがとうございます(^^)

しかし、今日も小ねたです(笑)

YAMAHAの2ストロークといえば…。そう「YPVS」。

私の乗っていたRZRにも、YPVSがついてました。キーをONしたときの「ニーニー」と鳴く声が好きでした。YPVSのセルフクリーニングのために「イグニッションの前に、キルスイッチをOFF」する習慣がついたのもこの頃です。

YPVSというデヴァイスは、可変式バルブの中では群を抜いていると思います。何がいいって「シンプル」だからです。
某社のデヴァイスなんて、故障したらシリンダーの中にバルブが落ちちゃいますからね…俗称:ギロチンだそうです。縁起でもないヽ(;▽;)ノ

性能面では、他のデヴァイスに譲るところもあるのかなぁ…後年の電子制御式なんていいんだろうなぁ…けれど、シンプルさという意味で、YPVSの右にでるものはいないと思います。

シンプルであるが故、故障も少ない!故障が少ないこと即ち、信頼が高いということです。


だがしかぁ~しっ!信頼が高いから「放置されがち」なのも一方で事実でして、カーボンがベッタリ付着しているものが大半です。

こいつも例外ではありませんでした。

うひゃぁ~。



ひょぇ~。





ギットギトです(笑)

触っていると、意外と…ヌルヌルして気持ちよかったりするんですけどね(爆笑)


とはいえ、このままじゃ組めませんから、ちゃんと綺麗にしてやらねばなりません。


今日は、その方法を紹介します。ピストンやヘッドの洗浄にも応用できまーっす。


まず、剥離剤を使います。最近は、ガスケットリムーバーなんてものがありますから、これを使ってもいいですね。



要するにアルカリ成分の含まれたケミカルです。アルカリであれば、なんでも良いわけじゃないけどね。

剥離剤にせよ、ガスケットリムーバーにせよ、塗装を落としちゃうので要注意です。
上の画像で、右上にあるのは「右シリンダーの右側のフタ」などは、(色の違いはあれど)塗装されていますから、直接触れないように注意しましょう。


放置しすぎるとケミカルが固まってしまうので、湿り気のあるうちに真鍮ブラシなどで擦ります。

アルカリは目に入るとやばいので、保護めがねをお忘れなく!!!



これを数回繰り返すと、カッチカチの堆積物だけが残ります。こいつをスクレーパーやナイフの刃などを用いてコソゲ落とします。バルブに傷をつけないように注意!
オイルシールとの接触部分には、固いものを当てないように注意してくださいね。

ちなみに、完全にコソゲ落としてしまう必要はありません。

堆積物にクラックが入ることでケミカルが浸透しやすくなるので、もう一度ケミカルに頼ります。

でも、ここでは、ガスケットリムーバーは使いません。粘性が高くて浸透しづらいからです。

市販の「カーボン落し剤」といわれるものの方がよいでしょう。

どんなものでもそこそこ落ちますが…濃度、温度、処理時間には注意が必要だと思います。
濃度は推奨の下限付近とし、高めの温度で短時間処理します。そうしないと、いたずらにアルミをアタックしてしまいますのでご注意ください。


処理が終わったら、すぐに水洗します。その後、脱脂液や洗い油で仕上げ洗浄したら完成です。



この手の作業にコツらしきものはありません。
あるとすれば、「余計なことは考えず、黙って手を動かす」くらいでしょうか(笑)



【SR&GX フロントアクスルシャフト周りの強化キットを開発中!】
 
そもそも数がソコソコ集まらないと製作できず、企画そのものが頓挫してしまいます。
また、モチベーションをあげるためにも「興味あり!」という方は、是非ご一報ください。
 
E-MAILアドレス nie_gare@ybb.ne.jp


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングに参加しております。ご協力よろしくお願いします!↑↑↑



「高性能オイル A.S.H. 取り扱っております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-7.html




「各種オリジナルパーツ取り揃えております~」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-20.html

「初期型RZ250/350にMOSキャリパーを取り付けるためのサポートキット byにえガレ」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-764.html

「初期型RZ250/350用 ブレーキキャリパーサポートキット」(1KTキャリパー流用)
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-255.html

「初期型RZ250/RZ350用 520コンバートスプロケット by ISA」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-13.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-23.html
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-185.html


「Nie's garageのHP」
「作業依頼受け付けてます」

「ASウオタニ製品 取り扱い開始」
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-category-31.html

パーツの製作、加工もはじめました。お気軽にお問い合わせ 下さい。

twitterやってます。出没予告など、色々ぼやいています。IDは「mapleach」。
http://twitter.com/mapleach
スポンサーサイト